【レビュー】MagSafe充電器を使い「iPhone 12 Pro」をワイヤレス充電してみた!

「iPhone 12」シリーズより対応した新たなワイヤレス充電規格「MagSafe」。

約5,000円程の別売となるMagSafe充電器を購入する必要がありますが、Apple Watchでお馴染みのカチッと磁石で引っ付くスマートなワイヤレス充電がiPhoneで可能になる他、最大15Wの高出力で急速充電できるメリットもあります。

家族が購入した「iPhone 12 Pro」を使い、充電が切れた0%の状態からMagSafe充電器を使ってワイヤレス充電を実行し、MagSafe充電器がどれくらいの性能があるのか検証してみました!

MagSafe充電器、使い勝手は良さそう

AppleのイベントでMagSafe機能が公開された時、磁石で引っ付く充電器の引き寄せ具合がどの程度のものか!?
個人的にコレが結構気になっていました。

というのもApple Watchで使うワイヤレス充電器はピタッとくっつきはするものの、充電器自体が外れやすく、しばらく放置した後充電ができていないという現象にも良く遭遇していました。

そして、今回のこのMagSafeは・・・というと、「iPhone 12 Pro」の背面にかなり強力にピタリとくっつきます。

こんな感じでケーブルから持ち上げてみると、「iPhone 12 Pro」ごと釣れます。

しっかりと強力に引っ付いている証拠、すごい吸着力です。

MagSafe充電器の発売前に、「iPhone 12」シリーズより前の型落ちモデルにてMagSafe充電器が使えるか先行検証しましたが、明らかにその際よりも強力かつ確実に背面に吸着しています。

ケーブルをLightning端子に挿すのか、背面にMagSafeをくっつけるかの違いで、どちらにせよコンセントからiPhoneへ充電ケーブルは必要になります。

そういう意味では、比較的大きさのあるこの充電器を背面にくっつける充電スタイルは、”ワイヤレス充電している感”はあまりないのかも・・・。

とはいえ、充電器をケーブル横側面に挿すのに加え、MagSafe対応で背面にくっつけるスタイルが登場したことで、充電しながらiPhoneを利用するスタイルの多様化や、サードパーティー製アクセサリー類の豊富な発展にも繋がることでしょう。

MagSafe充電器を使って「iPhone 12 Pro」の充電検証、どれくらの出力がでるのか!?

MagSafe充電器のもう1つのメリットは、最大15W出力の高速充電ができること。

既にUSB-PDに対応したUSB-C – Lightningケーブルを使用した急速充電では、最大18W出力で超高速なバッテリー回復が可能。筆者も日々の充電で必ず使用している充電スタイルです。

これには及ばないものの、それに近い最大15W出力で高速充電、しかもワイヤレスで可能になるのがMagSafe充電器の魅力です。

MagSafe充電器の推奨は20WUSB-Cアダプター

MagSafeを使ったiPhoneの高速充電には、最小電力出力として20W以上のアダプターが推奨されています。

Apple純正の20Wアダプターでも良かったのですが、GaN採用でさらにサイズが小さいAnkerの「PowerPort III Nano 20W」を新たに導入。

この超コンパクトなアダプターを使ってUSB-CからMagSafeへワイヤレス充電を行います。

MagSafe充電器を使ったワイヤレス充電の結果まとめ

充電を空にした状態からMagSafe充電器を使って「iPhone 12 Pro」を充電。

20%、50%、80%まで充電回復する時間を計測しました。

結果は以下のとおり、

バッテリー残量かかった時間
20%26分
50%90分
(1時間30分)
80%124分
(2時間4分)

最大18WのiPhone急速充電方法では、約30分強で充電を50%回復できるのに対し、MagSafe充電器のワイヤレス充電では、20%充電で26分、50%では90分もの時間を要しました。

高速なワイヤレス充電というイメージが先行してしまったせいか、個人的には少しもの足りない結果に。

ちょっと時間がかかりすぎかもしれないって具合です。

MagSafe充電器を使ったワイヤレス充電の安定性は今後の課題かも

最大15W出力と聞いていたので、もう少し速く充電できそうですが、実際には少し乖離した結果です。。

ということで、本当にこの最大15W出力が出ているのかどうか、電流計を使って計測することに

すると、出力にかなりのバラツキがあることが分かりました。

0〜20%くらいにかけての出力測定では、およそ7.9Wほど。しばらくこの前後の値が続きます。

標準出力の5Wよりはやや大きい値と言えますが、これまでのワイヤレス充電最大出力と同じ7.5W程度の出力であるとも言えます。

これでは急速充電は厳しいです。

時間をあけて、電流計を確認したところ、出力は約11.9W。さきほどよりもかなり大きくなっていました。

定格の最大15Wにも近い値が実測できています。

しかし、この出力が長続きするこもなく、再び7.5W程の出力に下がってしまうことも。

電流計での出力をしばらく観察した結果、瞬間的なワイヤレス充電出力にかなりのバラツキがあることが散見されました。

ハードウェア側の問題というよりもソフトウェアで何とかなりそうな気もするので、今後iOSアップデートなどでMagSafe充電器のワイヤレス充電の安定性が解決することを望みたいと思います。

まとめ

MagSafe充電器は最速な充電方法ではないものの、最大15W出力の高速ワイヤレス充電が可能な規格で、iPhone充電の新スタイルを切り開いてくれるもの。

しかし、安定性の問題も個人的には感じました。

とはいえ、Lightning充電に変わるワイヤレス充電の新しいカタチとして、このMagSafe充電器を使った新たな充電スタイルは、好奇心を大きく満たしてくれるもの。

毎日の生活で今後どの程度、この新充電スタイルの恩恵を受けられるのか、これから「iPhone 12」シリーズ生活を続けながら、引き続き検証していきたいと思います!

FatherLog中の人:NINO(ニノ)

Mac、iPhoneを始めとしたApple製品をこよなく愛する30代。大のディズニー好きでブログではディズニー成分が濃くなることも。2児の父親。

詳しいプロフィールはこちら