Tapo L930-10レビュー:間接照明におすすめな簡単設置できるスマートLEDテープライト!

こんにちは、ガジェットブログ『MONOTIVE』をお読みいただきありがとうございます。
運営管理人のニノ(@fatherlog)です。

自宅のちょっとした隙間に簡単設置できる間接照明として、今回は「Tapo L930-10」をレビューします。

Tapo L930-10は、両面テープで簡単に設置できるスマートLEDテープライト

従来の間接照明でありがちな設置スペースを気にすることなく、フレキシブルかつお手軽設置できる間接照明として便利。

さらに、スマホアプリを使い白色光を含む1600万色の多彩な調光やパターン発光ができ、設置場所の雰囲気に合わせやすく機能性抜群なスマートLEDテープライトです!!

Tapo L930-10 スマートLEDテープライト
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 1600万色のマルチカラーやエフェクト発光に対応
  • 合計2000ルーメンの白色光対応
  • Wi-Fi経由でスマート化、スマホアプリで簡単にコントロール
  • 50パターンのカラーゾーン設定
  • Apple Homekit/Googleアシスタント/Amazonアレクサ対応
デメリット
  • LEDテープライトとしては価格帯が高め

本記事はメーカーより物品提供を受けています

目次

スマートLEDテープライト「Tapo L930-10」について

L930-10のパッケージ外観
L930-10のパッケージ外観

Tapoは、Wi-Fiルーターを主力とするネットワーク機器超大手のTP-Linkが展開する、スマートデバイスやIoTデバイスを中心に扱うブランド。

中でもL930-10」は、Wi-Fiネットワークを利用して制御できるスマートLEDテープライトで、1600万色の多彩な調光、グラデーション発光、白色光、Googleアシスタント/Amazon Alexa/Apple Homekit対応など、豊富な機能性を有しています。

以下、Tapo L930-10の主な特徴やスペックは以下のとおり。

Tapo L930-10の主な特徴・スペック

Tapo L930-10の主な特徴・スペック
Tapo L930-10の主な特徴・スペック
Tapo L930-10の主な特徴
  • 1600万色のマルチカラーやエフェクト/グラデーション発光に対応
  • 白色光に対応
  • 長さ5mのLEDテープライトが2本同梱、コントローラーは1つまとめ
  • 50パターンのカラーゾーン設定が可能
  • Wi-Fi環境下で専用アプリを介して管理・操作できるスマートデバイス
  • 柔らかなPUコーティング製LEDテープライトで設置場所を選ばない
  • 両面テープ貼り付けでき、取り付け工具は不要
  • スケジュール/タイマー機能搭載
  • Googleアシスタント/Amazonアレクサに加え、Apple Homekitにも対応
サイズ5000×10×3.0 mm ×2本
重量815g ±10g
消費電力24W
Wi-FiプロトコルIEEE 802.11 b/g/n
Wi-Fi周波数2.4GHz
Tapo L930-10の主なスペック

Tapo LEDテープライトシリーズ「L930-10/L930-5」「L920-5」「L900-5」の違い

「L900」「L920」「L930」の違い
「L900」「L920」「L930」の違い

Tapoが展開しているスマートLEDテープライトには、今回レビューしている「L930-10」以外に、「L930-5」「L920-5」「L900-5」がラインナップされています。

主に以下のような機能面の違いがあります。

スクロールできます
型番L930-10
(今回レビュー製品)
L930-5L920-5L900-5
カラーゾーン対応
(1本中で複数色発光)
×
カラー変更は可能
発光時は1色のみ
サイズ5000×10×3.0 mm
×2本入り
5000×10×3.0 mm5000×10×3.0 mm5000×10×1.6 mm
消費電力24W13W18W13.5W
PUコーティング×
白色光
合計2000ルーメン

1000ルーメン
××
Apple Homekit対応××
L930-10/L930-5/L920-5/L900-5の主な違い

L930-10」は5mのLEDテープライトが2本付属し、PUコーティング・白色光・Apple Homekitに対応するなど、ラインナップ製品の中では最上位モデルの位置付け。

同じく機能的には最上位モデルとなる「L930-5」については、5mのLEDテープライトが1本の扱いです。

また、L920ー5は白色光やApple Homekitは非対応となりますが、間接照明としては十分に使えるスマートLEDテープライトかと思います。

L900-5はシンプルな機能に絞り込むことで価格を抑えた、エントリーモデル的な特徴です。

Tapo L930-10の外観

Tapo L930-10の中身一式
Tapo L930-10の中身一式

L930-10には、5mのLEDテープライトが2セット同梱されています。

ただし、コントローラーと電源コードは1セットのみで、コントローラー先の二股に分岐された端子に2本のLEDテープライトを接続して使います。

コントローラーの先は二股に分岐
コントローラーの先は二股に分岐

こんな感じで、コントローラーの接続端子が二股分岐されているので、LEDテープライト2本ともこちらへまとめて接続します。

テープ表面はPUコーティング
テープ表面はPUコーティング

LEDテープライトの表面は、肌触り滑らかなPUコーティング仕様

柔らかな光の演出や、汚れ防止といった効果があります。

L930-10は5m×2本のテープライトが付属
L930-10は5m×2本のテープライトが付属

5mのLEDテープライト×2本分なので、合計10m。

ただし、この10mという数値はコントローラーからの二股分岐した合計の長さなので、実際はコントローラーから左右に分岐してそれぞれ5m、という点には注意が必要。

とはいえ、結構な尺があるので、大型家具周りやデスク周囲全部など幅広い範囲をカバーできるかと思います。

安心の3M両面テープ
安心の3M両面テープ

設置するときも超簡単。

LEDテープライト裏面すべてに3M両面テープが元から付いているので、貼り付けるだけでOK

任意の長さに調整可能
任意の長さに調整可能

一定の長さ(体感で約20cmくらい)ごとに、切断して長さ調整出来る仕様。

長すぎる場合はハサミでセルフカットできて便利です。

ただし、1度切ってしまうと元に戻せない点には注意。

Tapo L930-10をデスク環境の間接照明として使ってみた!

両面テープで工具要らずの超簡単設置

両面テープで簡単に設置
両面テープで簡単に設置

モニター壁面裏にL930-10デスク空間の間接照明として仕込むことに。

実は、すでにL920-5を間接照明として設置していますが、今回L930-10への入れ替えることで、LEDテープライトの長さを延長し、白色光対応にアップデート。

端子差し込みは勝手方向があるので注意
端子差し込みは勝手方向があるので注意

LEDテープライトをコントローラー端子に接続する際には、勝手方向がある点に注意が必要。

端子の矢印とLEDテープライト上の矢印が向かい合うように差し込みます。

勝手方向を間違えたままでも違和感なく差し込めますが、ライト発光はしません!!

Apple Homekitに対応
Apple Homekitに対応

L930-10は、Appleのスマートホームアプリ「Homekit」に対応しています。

スマートLEDテープライトはGoogleアシスタントやAmazonアレクサに対応している製品は多いものの、Homekit対応製品はそこまで多くない印象なので、これは嬉しい機能。

発光パターンが豊富。気分に合わせてエモくてオシャレな空間を演出!

白色光で演出
白色光で演出

L930-10の特徴である白色光に点灯するとこんな感じ。

ニノ

シンプルながらとても爽やかなカラーで良き!!

奥行き感を演出する間接照明
奥行き感を演出できる間接照明

L930-10のスマートLEDテープライトが、デスク壁面裏から柔らかく発光するので、デスク環境全体に奥行き感を出せます。

ニノ

PUコーティングの効果で、白色光がさらに柔らかな光として映えます

ゾーン別の発光も可能
ゾーン別の発光も可能

単色の発光だけでなく、ゾーン別の発光パターンにも対応。

さらに、多彩なエフェクトでマルチカラー発光してくれます。

デスク夜景
デスク夜景(白色光)

白色光のデスク夜景です。

壁面の間接照明を付けるだけで、夜のデスク作業も集中できるような空間に一気に変えてくれます。

ニノ

めちゃテンション上がります!!

落ち着いた雰囲気に…
落ち着いた雰囲気に…

青系のカラーに変えれば、ディープで落ち着いた雰囲気に。

軽くお酒飲みながら、まったり写真編集って感じに良いかも。

アプリのUIも使い勝手良き

アプリ操作画面
アプリ操作画面
白色光の設定
白色光の設定

TapoアプリでのL930-10操作画面はこんな感じ。

見やすい、かつ操作しやすいUIで使い勝手はかなり良き!!

1600万色のカラーに設定可能
1600万色のカラーに設定可能
プリセットされたエフェクト発光
プリセットされたエフェクト発光

1600万色の中から好みのカラーに変更したり明るさの調整も可能。

プリセットされているエフェクト発光を使うと、雰囲気に合わせた動きある間接照明を楽しめます。

背景に合わせて大胆な雰囲気に!
背景に合わせて大胆な雰囲気に!

デスク作業をするときは、その日その時間帯、取り組む作業など、色々な要素によって気分や心の状態は細かく異なるもの。

自分好みの雰囲気に合わせたライティングを、スマホアプリ1つで手軽にコントロールできるのは大きなメリットかと思います!

まとめ:空間をオシャレに演出できる多機能なスマートLEDテープライト

手軽な間接照明として最適
手軽な間接照明として最適

スマートLEDテープライトは、安価でシンプルな製品から、L930-10のように多機能な製品まで、結構ピンキリな市場です。

今回、L930-10をデスク空間の間接照明として導入した総括としては「最高」の一言に尽きます。めちゃ良いですコレ。

デスク空間を間接照明的にオシャレに演出できることはもちろん、気分が上がるのでデスク作業自体の効率向上に繋がりました!

スマートLEDテープライト「L930-10」がオススメな人
  • スマホアプリで間接照明を遠隔操作したい人
  • 白色光により爽やかな感じを演出したい人
  • 気分や空間の雰囲気に合わせて多彩なカラーやエフェクト発光させたい人
  • 工具不要で手軽に間接照明を設置したい人
  • Apple Homekit経由でスマートLEDテープライトを管理したい人
オシャレな演出により作業効率も向上!!
オシャレな演出により作業効率も向上!!

デスクだけでなく、リビング、寝室、クローゼットなど、柔軟なLEDテープライトで超簡単設置できるため設置場所も選びません。

L930-10は間接照明として多機能かつ使い勝手も最高なので、自宅の間接照明設置を検討する際は、ぜひその選択肢に入れてみてください!!

最後までお読みいただきありがとうございます。それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

▼MONOTIVE記事をSNSでシェアする▼

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次