Tapo L920-5レビュー:スマホで簡単!オシャレな照明演出できるLEDテープライト

居室に間接照明を設置すると、ライティングによってオシャレな雰囲気を演出できます。

近年では、スタンドと電球がセットになった従来の間接照明ではなく、どこでも工事不要でフレキシブルに設置できるLEDテープライトが注目されています。

今回は、そんな数あるLEDテープライトの中から、Wi-Fi経由で簡単にスマホでコントロールができ、1600万色ものマルチカラーから自由に照明設定できるLEDテープライト「Tapo L920-5」をレビューします!

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

本記事はTP-Link社より物品提供を受けています。
※MONOTIVEでは、物品提供時であっても、ありのままの使用感を忖度なくレビューしています!!

目次

スマートLEDテープライト「Tapo L920-5」について

Tapo L920-5の主な特徴やスペック

Tapo L920-5のパッケージ外観
Tapo L920-5のパッケージ外観

Tapo L920-5は、Wi-Fi環境とスマホアプリを活用したスマートLEDテープライトです。

ところで、このTapoというブランド…実はネットワーク通信機器の人気メーカーTP-Linkが展開しているもの。

Tapoからは、ネットワークカメラ・スマートLEDライト・スマートプラグといった、スマートホーム用のIoTデバイスが展開されています。

PUコーディングされ柔らかいテープ式
PUコーディングされ柔らかいテープ式

そして、今回レビューするTapo L920-5は、PUコーディングされた柔らなかテープ式を採用していて、間接照明として場所を選ばない自由度の高い設置ができる他、1600万色のマルチカラー対応・50パターンのカラーゾーン設定が可能、といった大きな特徴があります。

以下、Tapo L920-5の主な特徴とスペックを載せておきます。

Tapo L920-5の主な特徴
  • 1600万色のマルチカラーやエフェクト発光に対応
  • 50パターンのカラーゾーン設定が可能
  • Wi-Fi経由でスマート化、スマホアプリで簡単にコントロール
  • 柔らかなPUコーディングのテープ式。設置自由度が高い
  • 付属の両面テープで簡単に貼り付け。長さ調節も可能
  • スケジュールやタイマー設定にも対応
  • GoogleアシスタントやAmazon Alexaに対応
サイズ5000×10×3.0 mm
重量200±10g
消費電力18W
Wi-FiプロトコルIEEE 802.11 b/g/n
Wi-Fi周波数2.4GHz
Tapo L920-5の主なスペック

Tapo「L920-5」「L930-5」「L900-5」との違いを比較

Tapo「L920-5」と「L930-5」「L900-5」の違い

Tapoから出ている5m長のスマートLEDテープライトは「L930-5」「L920-5」「L900-5」の3種類があります。

それぞれの違いを簡単にまとめました。

型番L930-5L920-5
(今回レビュー製品)
L900-5
カラーゾーン対応
(1本中で複数色発光)
×
カラー変更は可能
発光時は1色のみ
サイズ5000×10×3.0 mm5000×10×3.0 mm5000×10×1.6 mm
消費電力13W18W13.5W
PUコーティング×
白色光
(1000ルーメン)
××
参考価格
Amazon
※記事執筆時のもの
6,400円5,400円3,600円
「L930-5」「L920-5」「L900-5」の主な違い

3製品の大きな違いは、白色光、LEDテープライトのPUコーディング、グラデーション発光への対応有無です。

今回レビューする「L920-5」は、グラデーション発光やPUコーディングには対応。

一方で、最上位モデルの「L930-5」は白色発光にも対応していますが、今回レビューの「L920-5」は非対応です。

また、エントリーモデル的な「L900-5」では、「L930-5 」や「L920-5」のような、PUコーディングの保護層が無いかわりにテープライトが薄く仕上がっています。グラデーション発光は非対応です。

「L920-5」Tapo L920-5の外観

Tapo L920-5のパッケージ中身一式
Tapo L920-5のパッケージ中身一式

Tapo L920-5のパッケージを開封すると、中にはリールで巻かれた5m長のLEDテープライト本体、コントローラー、電源コード、説明書が同梱されています。

リールで巻かれたLEDテープライト
リールで巻かれたLEDテープライト

欲しい長さ分だけ最適に使えるよう、LEDライトがリールに巻かれているので、コード長くなっても複雑に絡まることもなく、スッキリまとまっています。

5mって長い!!
5mって長い!!

せっかくキレイに巻いてあったLEDテープライトですが…
5mという長さをより一層体感するために、全部出して伸ばしてみました!

頭の中で想像するより、実物をみると5mって結構長いです!!

テレビ台の裏やデスク裏など、ある程度タテヨコに長さが必要になる場所でも、5mあれば十分に取り回しできるかと思います!

Tapo L920-5をデスク環境の間接照明として設置してみた!

強力な両面テープ貼り付けで設置作業が超簡単!

デスク壁の背面側に間接照明として設置
デスク壁の背面側に間接照明として設置

早速、僕の自宅ワークスペースにTapo L920-5を設置してみることに。

DIYで作った足場板古材製のワークスペース壁面、これのさらに裏側へTapo L920-5を仕込んでいきます。

3Mの両面テープで簡単貼り付け設置
3Mの両面テープで簡単貼り付け設置

Tapo L920-5のテープ裏面には3M製の両面テープが貼られています。

設置するときは、この保護シートを剥がしてそのまま設置したい場所にTapo L920-5を貼り付けるだけでOK。必要な工具はゼロ。

コード敷設作業めちゃくちゃ簡単です!!

貼り付け時のポイントとして、LEDテープライトの貼り付け面にホコリやゴミが付いていると粘着が悪くなるので、事前にLEDテープライトの貼り付け面の乾拭き等、簡易清掃しておくことをオススメします。

途中でカットしてコード長の調節も可能

テープ長の調整も可能
テープ長の調整も可能

ちなみにTapo L920-5は定格で5m長あるLEDテープライトですので、長さが余ってしまう場合は、LEDテープライト途中にあるハサミマークが付いた部分でカットして調整することも可能です。

僕はもったいないので…
余りそうなLEDテープライトも多少強引に 2往復して貼り付けるなどして、5m全て使いきりました!!

LEDテープライトとコントローラーの接続向きに注意

LEDテープライトとコントローラーのアダプター接続向きに注意
LEDテープライトとコントローラーのアダプター接続向きに注意

LEDテープライト末端のアダプター部分と電源コード側のアダプターを接続する際、接続向きに注意してください。

テープライト側に黒矢印、コントローラー側に白矢印があるので、両者の矢印を合わせるように接続するのが正しい方法です。

余談ですが、僕が設置した際は、よりによって間違った方向同士を接続してしまい、ライトが点灯しないというトラブルが発生しました…。焦りは禁物ですね。

接続完了したら、TapoアプリiOS/Android)をインストールして、アプリの画面指示に従いながらWi-Fi経由で設定後、準備完了です。

アプリでの登録作業は、画面指示に全て従うだけでOK!難しいことは全くありませんでした!

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

好みのカラーで自分空間を光で演出!スマホアプリで簡単に調光!

発光させたTapo L920-5
発光させたTapo L920-5

Tapo L920-5の設置が終わり、ナイトタイムを迎えたので早速点灯してみました!

その前に、点灯前の日中のデスク環境を紹介しておくとこんな感じ。

日中のデスク環境
日中のデスク環境

自然光がふんわり入ってくる環境で、アウトドア感とナチュラル感を混ぜたような雰囲気にしています。

さて、先ほど仕込んだTapo L920-5を点灯してみると…

ゲーミングな雰囲気に…
ゲーミングな雰囲気に…

一気にデスク環境の印象がガラッと変わります!!

これまで色の少なかった夜のデスク環境。

たった1本のLEDテープライトだけで、これだけの差を感じるほど雰囲気を盛り上げてくれる効果、凄まじすぎます!!

自分で毎日使っているデスクですけど、同じデスクとは思えないほどビックリ…。光の演出効果ってすごい!!

水色に設定したら、とってもゲーミングな感じに仕上がったので、今度は対照的に赤色に転調。

赤く点灯…
赤く点灯…

これは好みの雰囲気とはかなりミスマッチになる極端な例ですが、こんな感じで必要に応じて大胆なカラー変更も一瞬で可能です。

さきほど登録したスマホのアプリで、Tapo L920-5のON/OFF、カラー変更、スケジュール設定等の操作ができます。

アプリでのコントロール画面
アプリでのコントロール画面

カラー変更は、直感的にパレットをタップしてカラー選択することが可能です。

アプリで簡単にカラー変更
アプリで簡単にカラー変更

明るさ(輝度)調節も左右にスライドすることで、簡単にコントロールできます。

Tapoアプリで白色系のカラーへ調節してみました。

白色発光に近づけてみる
白色光に近づけてみる(1)
白色光に近づけてみる2
白色光に近づけてみる(2)

白っぽい色に変えたかったのですが、L920-5は白色光非対応なので、これが白に近づけた限界点くらいです。

肉眼でみている状態と若干違うのですが、ほんの少し赤みかかっているような感じなのかもしれません。

続いて、「落ち着きある大人のゲーミング空間」をテーマに、Tapo L920-5のLEDテープライトとデスク既存の照明類と合わせ、即席でライティング演出してみました。雰囲気出てますかね!?

このライティングされた状態でチェアに腰掛けると、いつものワークスペースとは違った落ち着きを感じられました。なんか深い大人の秘密の隠れ家的な…心地良いです。

目に入ってくる間接照明としては、これくらいのカラーと照度であると視界に優しさを感じるので、個人的にも好み!!

エフェクトでグラデーション発光
エフェクトでグラデーション発光

アプリにプリセットされたエフェクトを選択すると、ゾーン別に発光するマルチカラーなLEDテープライトが、グラデーション発光し、さらに雰囲気を盛り上げてくれます。

例えば、「昼光」エフェクトだとこんな感じです。

「昼光」のエフェクト

1本のLEDライトから動きのある柔らかな光が各所さまざまに広がるので、単色発光とはまた全然違った雰囲気を作りあげてくれます

個人的には「昼光」や「オーロラ」のエフェクトが好みと感じました!

まとめ:誰でも簡単にオシャレな空間演出可能なLEDテープライト

スマホアプリで簡単に調光可能なスマートLEDテープライト
スマホアプリで簡単に調光可能なスマートLEDテープライト

これまで、LEDテープライトを何度かデスクの間接照明用として採用してきたのですが、今回レビューした「Tapo L920-5」は、これまで使ってきたLEDテープライトの中でも、一番クオリティが高いと感じました!

Tapo L920-5をオススメしたいポイントをまとめておきます。

Tapo L920-5を使ってみて良いと感じたこと
  • LEDテープライトはPUコーディングされ柔らかでありながらもつくりがしっかり
  • 両面テープで簡単に設置可
  • アプリ操作での好みにカラーに一瞬で調光
  • Wi-Fi接続でLEDテープライトを簡単にスマート化
  • 単色発光だけでなくグラデーション発光にも対応
  • 誰でも簡単にオシャレな照明演出ができる

お気に入りの空間を演出するのに「ライティング」はとっても大事な要素になると思います。

ぜひ、自宅空間の間接照明として、使い勝手が良く機能的なメリットの多いTapo L920-5を採用してみてはいかがでしょうか!?

気になる方はぜひチェックしてみてください!!

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

▼MONOTIVE記事をSNSでシェアする▼

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次