建設業界は激務すぎ!? 辞めてこそ分かる「家族との時間の大切さ」

どうも、NINO(@fatherlog)です。

ぼくは以前、東京のとある建設業界の上場企業でサラリーマンをしていました。いわゆる大企業ってやつ。

プロフィールにも書いてありますが、この企業を5年ほど勤めて退職しました。

会社を辞めるかどうかずーっと悩んでたんですが、思いや考えを積み重ねていく中で「辞めて転職した方が幸せになれる」「家族のための時間を持ちたい」という決意を固めて退職しました。

なぜ安定的な大企業のサラリーマンという地位を捨て退職という結論に至ったのか?

それは建設業特有の激務な環境が原因です。

建設サラリーマン特有の問題かもしれませんが、毎日働いていると「これおかしいでしょ!」って思っていたことが山ほどあります。

今回は、そんなことの一部をお話しようと思います。

建設業のそういった実態を知らない人にも、ぜひ知ってもらいたいです。

 

知ってた?建設業界って土曜祝日休みなんて無いんだよ!

quit-construction-company-2

会社に入る時に必ず採用情報って見ると思うんですが、そこの休日・休暇欄によく書いてある「完全週休2日制」という釣りワード。これにだまされてはいけない!

もちろん以前勤めてた会社も堂々とこの形式ばったワードが書いてましたね。

建設現場では現場監督の仕事をしていました。でもね、建設現場ってなんでかわからないんですが土曜って休みじゃないんですね。バリバリ工事現場は稼働していますよ。

そして土曜どころか祝日も平日と変わらず動いています。ハッピーマンデーとか夢の世界。

休みなのは日曜日だけっていうトコがほとんど。中には、工事が遅れているっていう理由で日曜日も工事するなんてことザラです。

土曜も祝日も休みがないから連休なんてありません。1週間で基本的に休みは1日のみ。ちょっとした旅行ですらできやしない。

 

「あれ!? 完全週休2日制じゃなかったの?」

 

「だったら、最初から完全週休1日制って書けばええやん!」ってなりません?

年に数回、土曜や祝日といった日に休日出勤となるんであれば、まだ理解の余地はあるかもしれません。

常態的に土曜祝日も出勤となっているんで、もはや完全週休2日制とか書いてるのおかしいですよ!どう考えたって。

これ立派な詐欺だと思いますよ。しかもコレ、日本のどこの会社でも見られるコトっていうのがまた恐ろしいですねー。みんなで書けば怖くない的な。

どうかしてますよ、絶対。

 

残業は当たり前!終電帰りや徹夜もザラ

quit-construction-company-3

建設業界ってほんと忙しい。やってもやっても仕事が終わらない。どんな1日か紹介しましょう。

朝は8時から朝礼があるので、大体現場には7時過ぎには出社。昼間は建設現場にほぼ出っぱなし。自分の机に座ってデスクワークができるのは現場の工事が終わった18時頃から。

 

「もうこの時点で1日の労働時間8時間なんて余裕で超えてますけどね。」

 

というわけで、日が暮れて現場の作業員さんが帰ったところからようやく自分の図面書いたり、書類作ったりといったデスクワーク仕事が始まるわけです。

そして20時頃から会議開始!

 

えっ!?

 

「20時って、よい子は寝る時間ですけど、何か!?」

 

時差が10時間ある海外と会議するんじゃあるまいし、こんな時間に会議なんて開始すんなよって毎日思ってました。もう眠たいし疲れてるし会議のことなんか全然頭に入ってこないんですね。そして、そんな不毛な会議に出席することにより自分のやらなければならない仕事も中断せざるを得ません。

会議が終わってようやく続きの仕事を始めますが、もう22時くらい。疲れが限界が来る人は大体この辺で帰宅の途につきます。

でも帰宅してしまうと翌日の現場作業が火の車。段取りをしておかなければ進まないので、仕方なくデスクワークを継続。

終電とか泊まりとかしょっちゅうありました。

 

終わらないんですけど・・・なんて相談したら、

「終わるまでやれよ。」って上司から言われる。

そして、上司はとっとと先に帰る。

惨状を訴えて口開いたと思えば、

「俺たちも若い頃はそうだった。」

だとか。

 

「若い頃そうだったんであれば、自分が上の立場になった今、そのような惨状を改善しようとか思わないんですか!?」

って言いたくなりますわ。

 

そして眠いまま、翌日もまた同じような1日がスタート。もうね、限界もいいとこですよ、ほんとに。

こんな感じで平日(というか日曜日以外の平日・土曜・祝日)は家に帰って寝るだけの生活でしたね。

 

残業代は36協定の範囲内で宜しくね!

quit-construction-company-4

「36協定(さぶろくきょうてい)」ってご存知ですか?

時間外・休日労働に対する協定届のことを一般的には差すんですが、労働基準監督署にあらかじめ「●●時間くらい時間外・休日労働が発生するからその範囲は時間外労働として認めてね」って届け出る書類みたいなもの。

つまり36協定で届け出してある時間内であれば、監督署の公認な労働時間となるワケですから、この届け出ている時間までは残業代がでます。届け出ている時間まではね。

でもさっき書いたように土曜も祝日もそして毎日の残業祭りで、監督署に届け出てる時間なんかあっという間にオーバーします。超過分の残業代は会社としてもよろしくないわけですから、当然、勤務簿を管理する上司から「この時間までで抑えて申請してね」みたいな圧力がかかります。

まぁこれって「サービス残業」以外の何者でもないですね!

何時間とは言いませんが、ぼくの場合残業していた労働時間の半分も出ませんでした。

業界自体が古い体質

quit-construction-company-5

マンションの杭打ち偽装問題がありましたね。つい最近まで話題になってました。

ぼくからすれば、建設業ってこんな業界なんであのような問題が起きてもおかしくないと思っています。それほど現場担当者って追い詰められてるんですよ。

冷静な人ならすればそんなのあり得ないって判断できるかもしれませんが、その状況になればそんな判断もゆらぐと思います。極限まで追い詰められますよ、ホントに。。。

「休日も働いて当たり前」「残業することも当たり前」なんていうこの業界の古い体質や、短工期が建設することによる担当者への重い負担がかかっている現状を変えなければ一生解決しないと思います。

そんな問題に立ち向かえるのは、政治家くらいでしょうか。旧態依然とした業界の慣例を規制する法律を作りでもしないと絶対に変わらないですね。個人レベルじゃ時間と労力がいくらあっても足りませんよ。

だから退職を決意したんです。

「この業界にいても自分の未来はない」

これがぼくの結論となりました。

 

辞めてから分かった子どもや家族を触れあう時間の大切さ

quit-construction-company-6

何のために働くのかってことを常に自問自答してきましたが、ぼくは、

「愛する家族のために働くもの」

と思っています。くさいセリフかもしれませんが、それに尽きます。

愛する家族を幸せにしたいがために、働き過ぎて家族に会える時間すら無かったら本末転倒

建設業をやめてからは時間をとても有効に使えるようになり、家族と過ごす時間の大切さを身にしみてわかるようになりました。

子どもや家族と触れあう時間というのは何よりも幸せなもの、かけがえのないものです。

そういった時間を生きがいに、バランス良くこれかも仕事に励んでいきたいと思っています。

 

次はこの記事をどうぞ!

→そんなに仕事してどうすんの?ワークライフバランスをもっと考えるべき!

[kanren target=”_blank” id=”4224″]

FatherLog中の人:NINO(ニノ)

Mac、iPhoneを始めとしたApple製品をこよなく愛する30代。大のディズニー好きでブログではディズニー成分が濃くなることも。2児の父親。

詳しいプロフィールはこちら