4インチ廉価版の新型iPhoneが2016年上半期に発売か!?

photo credit: Invisible Shield on my 5s via photopin (license)

どうも、NINO(@fatherlog)です。

iPhone 6sとiPhone 6s Plusが発売されてまだ2ヶ月しかたっていないが、早くも新しいiPhoneの噂が。

KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏によれば2016年上半期にA9チップを搭載した4インチiPhoneが発売されるとの予測をしています。

photo credit: Invisible Shield on my 5s via photopin (license)

新モデルはiPhone5sに似た形状!?

昨年発売されたiPhone6/Plusと今年発売のiPhone6s/Plusは4.7インチと5.5インチとディスプレイが大型化。

画面は見やすくなったものの、片手での操作性に課題が残る形となっています。

Kuo氏によれば、新しいiPhoneは4インチ型でiPhone5sに似た形状になると予想。

というのも4インチ型のiPhoneは未だに需要があり、アップル社はiPhone5sを進化させるのでは!?と考えているようです。

スポンサーリンク

3Dタッチは非対応!?

3Dタッチは現在発売されているiPhone6s/Plusより搭載され、Apple社が次世代のマルチタッチと位置づけている目玉機能。

しかし新型の4インチiPhoneは、iPhone6sやiPhone 6s Plusと差別化を図るため「3Dタッチは非搭載」とのこと。

iPhone5cのような廉価版iPhoneとしての位置付けになりそうです。

出荷予想台数は、2016年中に2,000〜3,000万台。

待望の4インチ新型となるか!?

iPhone大型化による影響は良い点も悪い点もありますね。

ぼくの場合iPhone6 Plus→iPhone6s Plusと歩んできています。そもそもiPhoneを片手で操作することがあまりなく、基本的には両手で操作。よって大画面であればあるほどブラウジングや動画視聴など好都合なわけです。これ以上大きくなると逆に困るけど・・・。

しかし、周囲の意見を聞いていると「iPhone5sのサイズ感がちょうど良かった!」といった感想が多いです。

通勤や通学時につり革片手に、もう片方の手でiPhone操作といったトコロでしょうか。

iPhone6s/Plusの4.7インチや5.5インチでは、フリック入力やSafariの戻るボタンを押すのに片手だと届かない範囲が多いですからね。

4インチの新型発売が楽しみです。

( via Mac Rumors

photo credit: Invisible Shield on my 5s via photopin (license)

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!