iOS9.2新機能MailDropの使い方!最大5GBまでメール添付可能に!

iOS-9.2-Mail-Drop-1

どうも、NINO(@fatherlog)です。

iOS9.2の新機能として「Mail Drop(メールドロップ)」が登場!

最大5GBまでのファイルを添付することが可能になりました。

通常メールに添付できるファイルサイズは、「最大2MB」「最大10MB」というようにキャリアやメーラーサービスによっても異なります。

これを超えるような大容量のサイズは対応していません。よって動画ファイルやプレゼンテーションファイルなど大きいファイルサイズの添付ファイルを送ることはできませんでした。

今回登場したMail Drop(メールドロップ)によって最大5GBまでiCloudを通じて送信することができるようになったのは画期的ですね。

早速Mail Drop(メールドロップ)で大容量ファイルを添付して送信する方法を紹介します。

 

Mail Drop(メールドロップ)で大きいサイズのファイルを添付して送信する方法

iOSデフォルトのメールアプリを開き、通常と同じように新規メール作成画面を開きます。

本文入力欄で長押しをしてサブメニュー呼び出します。

一番右にある「▶」をタップして次のサブメニューを表示させます。

iOS-9.2-Mail-Drop-2

 

添付したいファイルを選択

添付したいファイルによって次のどちらかを選びます。

  • 使用している端末に保存されている写真またはビデオを添付
    →「写真またはビデオを挿入
  • iCloud DriveやDropboxなどのストレージから添付する場合
    →「添付ファイルを追加

 

iOS-9.2-Mail-Drop-3

今回は「添付ファイルを追加」でiCloud Driveから添付する例を紹介します。

 

ファイル選択後、動きが重くなる場面も・・・

iCloud Driveから添付したいファイルを選択します。(テスト用の約85MBのファイルを選択しました)

なお、100MBを超える場合はWi-Fi-環境下でないと添付できないので注意してください。

iOS-9.2-Mail-Drop-4

ファイルを選択したあと本文に添付完了されるまで、ファイルサイズによっては一時動きが重たくなります。これは、通信環境や機種によっても変わるものと思います。

「あれ!?大丈夫かな!?」と、少し不安になるかもしれませんが、気長に待ちましょう。

ぼくの場合iPhone 6s PlusでiCloud Driveから約85MBのファイルを選択しましたが、約1分くらいフリーズしたように動かなくなりましたが、その後無事に添付されました。

 

添付完了後にMail Dropで送信

添付されたことを確認し、宛先、件名、本文など完成したら右上の「送信」をタップします。

iOS-9.2-Mail-Drop-5

 

すると、添付ファイルサイズが大きいため、以下のようなポップが表示されます。

iOS-9.2-Mail-Drop-6

ここで、今回の新機能Mail Dropを使用をタップします。

 

その後メールボックス一覧画面に戻ります。ステータス表示が「送信中」となっていれば完了です。

iOS-9.2-Mail-Drop-7

スポンサーリンク

Mail Dropにより受信したメールの添付ファイルを開く方法

今度は送り側でなく受信側に移ります。

Mail Dropで送信した添付ファイルを受信側で開いたり保存したりする方法です。

iOS-9.2-Mail-Drop-8

受信側でのメールは、上の例のように添付ファイルがダウンロードされていない状態できます。

添付ファイル部分をタップして、ダウンロードします。

iOS-9.2-Mail-Drop-9

 

ダウンロードが完了すると、「添付ファイルダウンロード済み」と表示が変わり、添付ファイル部分をタップすると開いたり保存したりすることができます。

iOS-9.2-Mail-Drop-10

 

Mail Drop使用時の注意点など

Mail Dropを何パターンかテストしていて気付いたことや注意点、特徴などまとめてみました。

  •  iOS標準のメールソフトでiCloudメールを通じてMail Dropを使用可能。
    (iOS標準メールソフト上のGmailアカウントで送信とかはダメ)
  • ファイル添付するときに若干フリーズ(大容量になればなるほど、動作が重い)
  • 100MBを超えるようだとWi-Fi環境が必須。
  • 添付ファイル制限は5GBまで
  • 添付ファイルはiCloudストレージを使用しない
  • うまく添付できない時もある
  • 保存期間は送信後30日間まで
  • 800MBくらいのファイル送信は何回やってもできない(メールが届かない)

 

気になったのは、800MBのファイルをテストで送信してみた時のこと。

こればっかしは何回やっても相手先に届きませんでした。

具体的には、添付後送信をタップし送信中表示に切り替わります。一見完了したようですが、いつまでたってもメールが届かない状態です。

iCloudから自信のiCloud、Gmail、このブログの問い合わせメール宛に送ってみましたが、どれも届きません。

5GBまでとはいうものの、大容量ファイルはまだ動作が不安定なのでしょうか!?

いずれにせよ改善の余地はありそうな状況。今後のアップデートに期待したいところです。

 

個人的にMail Dropに向いているファイルサイズは、「中サイズ」と呼べばいいのかわかりませんが、100MB前後のファイルくらい適していると思います。

iOS-9.2-Mail-Drop-1

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!