Apple Watch Series 2 開封レビュー!初代Apple Watchとの違いは!?

apple-watch-series-2-appearace-01

初代Apple Watchは、iPhoneの通知機能の確認や毎日のアクティビティ記録には、iPhoneと連携するスマートウィッチとして性能を発揮するものの、GPSが搭載されていないなど、物足りない部分も多かったです。

そして、初代Apple Watch発売から1年半が経過し、今回新たに「Apple Watch Series 2」として生まれ変わった新生Apple Watch。

腕時計は普段付けない派のぼくですが、懲りずにSeries 2を購入したので開封レビューします!

 

Apple Watch Series 2の主な特徴・スペック

apple-watch-series-2-appearace-08

前作と比べてApple Watch Series 2で進化したの主な特徴やスペックは以下のとおり。

  • 内蔵GPSを搭載
  • 水深50mの耐水性能
  • S2プロセッサによる処理性能向上
  • 画面輝度が2倍に
  • Apple Payに入れたSuicaの使用

中でも内蔵GPSが搭載されたことは、スマートウォッチとして大きな進化を遂げたといえます。特にフィットネス面ではこの恩恵を十分に受けられそう。

これまでのApple WatchつまりApple Watch Series 1は、iPhoneへの依存度が極めて高い機種でした。GPSを搭載していなかったので、アクティビティでの計測は精度に欠けていて、ワークアウトで使用したいといった場合はこのデメリットが顕著に現れていました。ハッキリ言ってApple Watchだけでは機能性に乏しく、結局iPhoneも一緒に持ち歩かない意味がないモノと化していたと思います。

 

GPS搭載によって、Apple Watch Series 2は単体で活用できるシーンが豊富になるのは間違いないですね。

 

Apple Watch Series1 とSeries 2の比較表

項目 Series 1 Series 2
内蔵GPS ×
耐水性能 防沫性能 水深50mの耐水性能
プロセッサ デュアルコアプロセッサ
S1P
デュアルコアプロセッサ
S2
Apple Pay
(アプリ内での購入のみ)
ディスプレイ OLED
Retinaディスプレイ
第2世代OLED
Retinaディスプレイ
(輝度2倍)
サイズ(mm) 42.5×36.4×10.5 42.5×36.4×11.4
重量(※) 30g 34.2g
センサー 心拍センサー
加速度センサー
ジャイロスコープ
環境光センサー
電源 最大18時間
通信 Wi-Fi
(802.11b/g/n 2.4GHz)

※42mm アルミニウムケースの場合

 

Apple Watch Series 2 を開封!外観レビュー

apple-watch-series-2-appearace-02

今回購入したのは、「Apple Watch Series 2の42mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド」。製品名長すぎね。

Apple Watchは文字盤の大きさ、本体カラー、本体材質、バンドの組み合わせを選択できるため、この組み合わせ全てが名前となってしまい、長ったらしい名前になってしまっているんですね。

apple-watch-series-2-appearace-03

初代Apple Watchは「42mmのステンレススチールケース」を選択していたんですが、気軽に使いたいというのとステンレススチールより廉価であるという単純な理由から、アルミニウムケースに決めました。

 

ステンレススチールケースの時は、正方形のようなボックス型でしたが、アルミニウムケースは細長い箱が特徴。かなり細長いです。

フタを開けると、ピシッと伸びたApple Watchが入っています。

apple-watch-series-2-appearace-04

 

アルミニウムというとあの独特なシルバー色を想像してしまいがちですが、スペースグレイアルミニウムケースなので、黒みがかった表面のメタル感が落ち着いた色合いでイイ感じ!!

apple-watch-series-2-appearace-05

 

右側面についているデジタルクラウンとサイドボタンなどの配置は全く一緒。ボタン部もスペースグレイ色で統一されています。

apple-watch-series-2-appearace-06

 

左側面のサイドスピーカーとマイク端子の配置、裏側の心拍センサーも一緒。

apple-watch-series-2-appearace-07

今回手に入れた「スペースグレイアルミニウムケース」は、全体的にiPhone 7の新色である「ブラック」に近い色合いだと感じました。落ち着いたマットな色合いや深みのあるブラック加減が絶妙で、クールな仕上がりとなっています。

 

スポンサーリンク

外見上の差はぼほなし!使用後の評価に注目!

apple-watch-series-2-appearace-09

こうして一通り観てみると外見自体は、初代Apple Watchとほぼ大差ないです。

外見上で大きく差がでるのは本体の厚さ。初代Apple Watchでは10.5mmであった厚さが、Series 2では、11.4mmとほぼ1mm近く厚さが増してなっています。

たかが1mmかもしれませんが、腕に装着し毎日至近距離でみる製品の1mmはやはり厚みを感じますね。

内蔵GPS、耐水性能、Apple Pay、処理性能、画面輝度といった機能面で進化した点については、今後Apple Watch Series 2を日常生活でアレコレ使ってみた上で、あらためてレビューしたいと思います!

watchOS 3でも新機能が追加されているので期待したいところです。

apple-watch-series-2-appearace-01

この記事いいね!!って思ったらシェアしてもらえると飛び上がって喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!