画面大型化の「Apple Watch Seires 4」は既存バンドと互換性あり!大小サイズでそれぞれ対応

Apple Watch Series 4では画面サイズが従来製品よりも30%以上大型化。

発売されるケーシングサイズも、これまで「38mm」と「42mm」であったものが、「40mm」と「44mm」という2モデル展開になっています。

すでにApple Watch Series 3やそれ以前のモデルのApple Watchを使用している人の中には、ファッショナブルに装着するため、Apple Watchの交換用バンドを複数持っているという人もいるのでは!?

特に、純正のApple Watch交換バンドって高価な製品が多いので、Apple Watch Seires 4に機種変更しても使い続けたいですよね。

となると、ケーシングサイズが大きくなったApple Watch Series 4での既存バンドとの互換性が気になります。

 

Apple Watch Series 4ケースは既存バンドにも対応

Apple Watch Series 4では、既存の交換用バンドサイズに全て対応しています。

また、その反対もOK。

Apple Watch Series 4の発売で発表された新たな交換用バンドについても、既存のApple Watchに対応

Apple公式サイトのバンド販売ページには、互換性があることがしっかり書かれています。

  • 38mmのバンドは40mmケースに対応
  • 40mmのバンドは38mmケースに対応
  • 42mmのバンドは44mmケースに対応
  • 44mmのバンドは42mmケースに対応

文字で書くと分かりづらいので、一応表にもまとめました。

対応表 ケース
38mm 40mm 42mm 44mm
バンド 38mm × ×
40mm × ×
42mm × ×
44mm × ×

 

記事作成現在、Apple公式サイトのバンド販売ページでは、Apple Watch Series 4のバンドとして40mm用と44mm用のものが発売されています。

いずれも

Apple Watchの交換用バンドは種類が豊富なので、Apple Watchにファッション性を加えてくれる重要な要素。

新たなデザインや新カラーも登場しているので、気になる方はチェックしてみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

30代2児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。