東京-宮古島のLCC直行便が2019年3月末に就航!驚きの価格で宮古に行けるぞ!

毎年夏の沖縄旅行は我が家の鉄板コース。そして2018年夏は初めて沖縄本島ではなく宮古島へ行きました。

離島ビーチリゾートでの滞在は、もう格別なものでしたねぇ!!

2019年3月上旬の現在では、宮古島へ空路でアクセスしようとなると、ANAあるいはJALグループである日本トランスオーシャン航空・琉球エアコミューターを使って宮航空港を利用することになります。

羽田・大阪・名古屋からの直行便、那覇空港からの乗り継ぎなどで訪れる方が大半かと思います。

そして来る2019年3月30日より、宮古島への新たな空路として、格安航空LCCであるジェットスター航空「成田ー下地島線」が就航します!!

これまで大手航空会社を使うよりもリーズナブルに抑えた金額で宮古島へ行けるチャンスが増えそうです!

 

下地島空港RW17エンドは「タッチアンドゴー」を間近で見られる絶景スポット

宮古島旅行の人気観光スポットである下地島空港。

宮古島へ訪れたら1度は行ってみたいものです。

特に、ここは航空機写真の撮影が好きな方にはたまらない場所なんですよね。見学スポットの俗称は下地島空港RW17エンド

人気の理由は、パイロットの訓練飛行場として利用されていて、タッチアンドゴーと呼ばれる航空機の離着陸訓練が行われているから。

地図上の滑走路北側先端付近がRW17エンドとなります。

かつてはJALやANAの航空機が行っていたそうですが、その後は撤退。以降、国内航空会社や官公庁の飛行機が引き続き不定期的にタッチアンドゴーを行っているそう。

着陸する寸前の至近な場所で航空機を全身で楽しめるスポットなんですよね。

しかも、透明度の高い青く済んだ海に加え、海上に設置された赤色の進入灯が真っ直ぐと伸び、航空機撮影をする絶景スポットと言っても過言ではないです!

こんな感じで、海上に伸びている赤い進入灯のふもとまで、空港の周回道路で行けます。

宮古空港で借りたレンタカーを使って、伊良部大橋をとおり下地島空港を目指します。

距離で行くと20kmくらいだと思います。

それほど遠くなく、特に渋滞もなく、ひたすら海とともにドライブは控え目にいって最高!

下地島空港の周回道路も乗用車がすれ違うには十分な広さ。

滑走路に入る進入灯のライン上には駐停車禁止の道路標識があります。絶対に駐車はダメ。

 

歩いて進入灯の近くまで来てみました。赤い進入灯と青い海のコントラストが本当に美しい・・・!

望遠レンズ使って撮影。

 

遠くでは、小型の船で遊覧している方も。釣りでもしてんのかな。

タッチアンドゴーが見れるかと思い1時間ほど待ってみたのですが、結局航空機に出会うことは出来ず。

Twitterでは、この下地島空港のタッチアンドゴーの状況を配信してくれる神アカウントさんがあります。即フォローしました。

下地島空港にタッチアンドゴー見学に行く時にはこのアカウントさんの情報が大変参考になります。

 

2019年3月30日に旅客ターミナルが開業!ジェットスターが成田から直行便就航!

ぼくが訪れた2018年8月では、のほほんとした観光スポットであると感じました。

そして、2019年3月30日には「みやこ下地島空港」として新たに旅客ターミナルが開業。成田ー下地島のジェットスター航空直行便が就航する予定となっています。7月からは香港エクスプレスの就航も発表されるなど、定期便が増えていますね。

これまで、宮古島へのアクセスは主要航空会社でしか行けなかったので、LCCで料金を抑えて行ってみたいという人には最適な空路となりそうです。

 

早速ジェットスター便予約してみた!東京からの航空券代が驚きの価格に

実は、このジェットスター就航の情報を知らずに、2019年8月に宮古島への旅行を考えていて、すでにANAで航空券とってました。

ANA「羽田ー宮古」線の往復は、家族4人で15万円ほどという内容。まぁハイシーズンだしこんなもんですかね。

スカイチケット経由でジェットスター「成田ー下地島」線の価格をみたところ、家族4人往復で8万5千円ほど!何とANAのほぼ半額に近い価格です!!これはヤバい!!

ということで、即効でANAからジェットスターに予約のりかえしました!浮いた7万円くらいあればホテル代に回せますし。良かった良かった。

下地島空港は宮古島本島からは少し距離がありますが、下地島空港にレンタカー屋さんも開業するみたいなので特に問題はないかと。

高価な航空券代を圧縮できることに大義がありますからね。

まぁジェットスターはLCCなので、ピーチ航空のような座席ピッチ。安い分、狭いのは当然。数時間の我慢が必要ですね。

 

ターミナルに伴い周辺空港道路は一般車通行止めに・・・。17エンドへ行くには!?

下地島空港の新ターミナル開業に伴い、先ほど紹介した17エンドに行ける空港周回道路が一般車通行止めとなるようです。

先ほどのタッチアンドゴー情報配信のTwitterアカウント「下地島タッチアンドゴー1990s」さんがツイートしています。


この情報によれば3月23日午前7時より通行止めとなるようです。なお、車両は通行止めですが、歩行者はOKみたい。

まぁ色々と問題になっているようですね・・・。

個人的にはこの場所を訪れたのは1度ですが、相当な感動を覚えているので、車両通行止めは避けてもらい、観光スポットとして気軽に行けるような場所になって欲しいと願っています。

歩行者はOKとは言えども、周回道路で17エンドに向かうにはかなり遠いです。歩いたことないからわかりませんけど、1時間くらいかかるんじゃ!?

17エンドに見学へ行く際には、事前によく確認しておいた方がよいと思われます。

 

LCC就航で東京から宮古へ気軽に旅行!

これは東洋一美しいといわれる与那覇前浜のビーチ。透明度ハンパないです。美しさは言葉に表せないほど!

この写真を見返すたびに、また宮古島へ旅行へ行きたいと駆り立てられてます。

成田空港からの便とはなりますが、首都圏からLCCで宮古島へ行けるのは、ぼくみたいな庶民派旅行者にとってはかなりメリットあり!

ジェットスター航空を使って下地島空港で宮古インしてみては!?

スカイチケット経由だと、ジェットスター直営サイトで購入するより安い場合もありますよー!ぜひ!!

我が家の下地島空港体験レビューは2019年8月末頃(予定)に記事配信するのでお楽しみに!!