マレーシア航空A380の2階エコノミー座席が快適すぎた!子連れ家族にオススメ!

2階部分がある大型航空機といえば、かつての日本政府専用機や現在のアメリカの大統領専用機エアフォースワンであるボーイング社のB747という機材が真っ先に思い浮かぶ昭和世代の僕です。

コスト面の問題などから、近年はこのB747を見る機会が少なくなってしまいましたが、変わりによく見るようになったのが、超大型航空機であるエアバス社の総2階建て機材「A380」です。

最近では、ANAで成田-ホノルル線で「空飛ぶウミガメ」という愛称で導入されたのも何かと話題ですよね!?

憧れのANAハワイ線ではありませんが、マレーシア航空が就航する成田ークアラルンプール線で、超大型航空機A380の2階席に搭乗しました。

GW10連休にもかかわらず、格安航空券比較サイトのエクスペディアで検索したら、かなり安い航空券を直前に発券できたんです!

その2階席のエコノミークラスシートがあまりにも快適すぎたので、紹介しておきます!

 

世界最大の超大型航空機「A380」はエンジン4基搭載の総2階建て機材

成田空港ークアラルンプール国際空港(KLIA)線に就航しているマレーシア航空の機材には超大型旅客機であるA380が使われています。

B747のような前方部のみ2階席仕様ではなく、総2階建て仕様のマンモス機体です。

こちらはルフトハンザ航空で使われているB747。

 

続いてシンガポール航空のA380(赤矢印)。

手前の航空機と比べても一際大きな機体が目立ちます。

画像では一番奥にあるのに、その尾翼は一番大きく写っています。加えて、総2階建てのとても大きな機体がかなり目立ちますね。相当デカい。

余談ですが、今回登場した成田でのマレーシア航空機材は機体全景が撮影できなかったので、関空で撮影した上の画像で代用しています・・・。

 

マレーシア航空の事前座席指定で2階席のエコノミークラスシートを選択

A380を使用している航空会社はいくつもありますが、1階・2階の席の使い方は航空会社それぞれ。

マレーシア航空では1階席部分全てと2階席後方部分がエコノミークラス。2階席中ほどから前方にかけてはビジネスクラスやファーストクラスが設定されています。

2階席のエコノミークラスは追加料金

マレーシア航空の公式サイトより事前の座席指定ができます。

A380の1階席は3-4-3という配列。

もっとも、この配列は他の航空会社機材でも中長距離路線では同じかと。

2階席の選択を見てみるとシートは2-4-2という配列に。

2019年の10連休となったGW中頃で追加指定料金は1席あたり5,830円

そう安くない価格ですが、乗ってみた感想からすると全然アリな価格設定かと思います。

普段の時期であればもう少し安くなるかもしれませんし。

 

WEB事前申し込みがエラーなら直接電話でも座席指定可能

ちなみに、膝上乗せの乳幼児が1人同行していたことが関係しているせいか、WEBからの申し込みでは何度もエラーが発生。

「選択されたサービスのうち、少なくとも1つがシステムにより拒否されました。(15239)」というエラーです。

にっちもさっちもいかないので、マレーシア航空の予約センターに直接電話して予約したところ、スムーズに予約完了!日本語も対応しているので安心ですよ。

マレーシア航空の電話問い合わせ先

MABグローバルコンタクトセンター
03-4477-4938
日本語(月ー金 9:00〜17:00)
英語(年中無休24時間対応)

 

2階席のエコノミークラスなら窓際が断然オススメ!

機体内部の2階エコノミークラスのシートです。

足下にもかなり余裕があり、エコノミークラスとは思えないような広さ。

クアラルンプールまでは7時間30分くらいの飛行時間ですが、この広さは本当に快適。グイーんと足伸ばせます。

モニターも大きく映画や音楽といったエンターテイメントコンテンツもじっくり楽しめますよ。

 

そして、ココからが2階席をオススメしたい最大のポイント!

この我が子がいる奥側の窓下らへんを見てもらいたいんですが、コンソールボックスのようなフタ付きの収納スペースがあるんです!

何と言っても、この収納ボックスの中が結構広いこと広いこと!!

子連れ家族が機内で退屈しないための対策アイテムで紹介していますが、機内で長時間過ごすには、本当に色々なモノが必要になるんですよね。特に子連れだとなおさら。

タブレット、絵本、シールブック、子ども用のおかし・飲み物、ノイズキャンセリングヘッドホン等々、いろいろなアイテムを詰め込める収納スペースです。

さらに、フタ付きのポケットなので、不要ときにはすっきりしまえて、必要な時にすぐに取り出せるのも手間無く便利。

通常のエコノミークラスのシートは、前方座席裏に設置されている狭いポケットしかないため、それを大きくカバーしてくれる収納スペースです!

子どもが寝てしまった後も、この収納ボックス部分のスペースをうまくつかって子どもを寝かせれば、抱っこしながら搭乗でも結構イケます。

追加料金が1席あたり6,000円弱かかっていますが・・・それ以上の価値を十分に感じられるシートでした!

子連れに方には特にオススメ!!絶対に2階席の方が良いです!!

格安航空券がいつでも買える比較サイトのエクスペディアで探すと、GWやお盆・年末年始といった繁忙期シーズンでも、かなり安いチケットが見つかります!

我が家ではGW10連休中のチケットでありながら、相場の5分の1くらいの価格(1人片道3万ちょっとくらい)のチケットを偶然発見したので即購入しました。

とにかく安い航空券を探している方はぜひどうぞ!

ABOUTこの記事をかいた人

30代2児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。