TP-Link Archer AX3000レビュー:サイズ小!価格安い!機能良し!のコスパ抜群なWi-Fi6対応ルーター

こんにちは、ガジェットブログ『MONOTIVE』をお読みいただきありがとうございます。
運営管理人のニノ(@fatherlog)です。

自宅で固定ネット回線を利用する際に必要不可欠なWi-Fiルーターですが、性能が良いモノを選ぶとそれなりのサイズが肥大化してしまうと同時に、その導入コストも膨らんでしまいがち…ですよね。

TP-Linkから新たに発売されたWi-Fiルーター「Archer AX3000」は、

・Wi-Fi6対応/最大3.0Gbpsの通信速度性能
・スッキリかつミニマルなサイズ感
・実売価格8000円程度で手に入る低コスト性

の全て両立させたコスパ抜群のWi-Fiルーターです。

本記事では、Archer AX3000の特徴やスペック、設置後の通信速度性能やその使用感について、レビュー記事としてまとめています!

「通信性能を妥協せずに、Wi-Fiルーター導入コストも抑えたい」
「アパートやマンション用のコンパクトなWi-Fiルーターを探している」

という人にピッタリなWi-Fiルーターでオススメです!!

TP-Link Archer AX3000
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • Wi-Fi6対応、最大通信速度3.0Gbpsで高速
  • ミニマルなサイズ感で設置場所の選択肢が豊富
  • 実売価格8,000円ほどで入手可能、値段安くて経済的
  • IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)に対応
  • アンテナ内蔵でスッキリかつスタイリッシュなデザイン
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

本記事はメーカーより物品提供を受けています。
記事内容は、一切の忖度はなく筆者自身が感じたままの自由記述です。

目次

TP-Link Archer AX3000の主な特徴やスペック

Archer AX3000のパッケージ外観
Archer AX3000のパッケージ外観

TP-Linkは、個人用のWi-Fiルーターや法人向けのネットワーク機器を中心として、世界各国にグローバル展開している超大手のネットワーク機器メーカー。

12年連続で無線LAN機器世界シェアNo.1という輝かしい実績を持っていることからも分かるように、世界中の幅広いユーザーより支持を得ている超人気ブランドです。

Archer AX3000の主な特徴・スペック

Archer AX3000のパッケージ中身一式
Archer AX3000のパッケージ中身一式

今回新たに登場したWi-Fiルーター「Archer AX3000」は、以前”Wi-Fi6対応爆速ルーター”としてレビューした「Archer AX80」の姉妹機種的な存在。

Archer AX80のハイスペックな通信性能までは届かないものの、Wi-Fi 6やIPv6/IPoEに対応し最大3.0Gbpsの通信速度が利用可能です。

さらに、AX80に比べてコンパクト化された本体サイズや、安いコストで導入できることなど、家庭用Wi-Fiルーターとして必要な性能がギュッと詰め込まれ、コストパフォーマンスに優れた機器として仕上がっています。

以下、Archer AX3000の主な特徴とスペックを簡単にまとめました。

Archer AX3000の主な特徴
  • Wi-Fi6対応、最大通信速度3.0Gbps(2402Mbps+574Mbps)
  • 選べる設置方法(縦置き/壁掛け)
  • IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)に対応
  • アンテナ内蔵でスッキリとした外観デザイン
  • ミニマルなサイズ感で設置場所を選ばない
  • 実売価格8,000円ほどで入手可能、値段安くて経済的
  • 専用のアプリでネットワーク管理や設定が容易
製品名Archer AX3000
Wi-Fi速度AX3000
5GHz:2402Mbps(802.11ax, HE160)
2.4 GHz:574Mbps(802.11ax)
Wi-Fi規格Wi-Fi 6
5GHz:IEEE 802.11ax/ac/n/a
2.4GHz:IEEE 802.11ax/n/b/g
Wi-Fi通信範囲4LDK
デュアルバンド高性能アンテナ×2
ビームフォーミング対応
高性能FEM
Wi-Fi性能デュアルバンド
4ストリーム
サイズ166 × 157 × 45 mm
主な端子ギガビットWANポート×1
ギガビットLANポート×4
専用アプリ対応
HomeShield対応
IPv6 IPoE
(IPv4 over IPv6)対応
Archer AX3000の主な仕様

Archer AX3000の外観チェック

Archer AX3000の本体外観
Archer AX3000の本体外観

Archer AX3000の外観をチェックしていきます。

Wi-Fiルーター本体はマット系のブラックカラーに覆われています。

画像だと伝わりにくいのですが…Wi-Fiルーターとしては、こじんまりとしたサイズ感です。

Archer AX3000の本体外観(側面)
約45mmの厚み

正面にはステータス状況がわかるLEDを7つ搭載。

厚みは45mmで、例えるならマンガ本2冊強くらいの厚みって感じです。

Archer AX3000背面側
Archer AX3000背面側

背面側には、壁掛け設置できるスタンド用の穴が設けられる他、Wi-FiルーターのデフォルトのSSIDやPWといった情報が貼られています。

壁掛け用としてスタンドを取り付けてみる
壁掛け用としてスタンドを取り付けてみる

こんな感じで壁掛けスタンドを取り付け可能

実際に壁かけで設置する時は、事前に設置したい場所にこのスタンドをビス留めしておいて、後からWi-Fiルーター本体をカチャッと入れ込むことになります。

また、Archer AX3000の底面部にスタンドを設置すれば、縦置きとしても利用可能

4隅に配置された滑り止めもしっかり効いているので、安定して自立しています。

コンパクトな筐体であるせいか…AX3000は横置き非対応です。

端子部には、ギガビットWANポートに加えて、ギガビットLANポートを4口搭載。

有線LAN機器を複数台接続できるので、ちょっとしたハブとしても使えて便利です。

放熱用のスリット
放熱用のスリット

本体上部には、周長を沿うようにさりげないデザインで放熱用のスリットが設けられています。

Archer AX3000の通信性能を検証!実際に使ってみて感じたこと

Archer AX3000のWi-Fi通信速度を測定!

Archer AX3000の通信速度を測定
Archer AX3000の通信速度を測定

Wi-Fiルーターを選ぶ際に気になるのは、やはりそのWi-Fiルーター自体の通信速度性能。

Archer AX3000を利用した時の通信速度はどの程度のものかを検証すべく、以下条件で通信速度を測定してみました!

Archer AX3000の通信速度測定条件
  • Archer AX3000を自宅2階リビングに1台設置。自宅内6箇所で下り・上り通信速度をそれぞれ測定
  • 通信速度はWi-Fi接続したiPhone 14 Pro Maxを使い、Fast.comにて瞬間値を測定
  • 自宅ネット回線は、地元系ケーブルテレビの10Gbps回線
  • 家庭内及び周辺住宅の影響を受けにくいよう、早朝時間帯にて通信速度測定実施

通信速度測定する間取りと、それぞれの場所での実測した通信速度結果はこんな感じです!

AX3000の測定結果
AX3000の通信速度測定結果

一通り表にもまとめておきます。

測定場所AX3000
との距離
ダウンロード
(Mbps)
アップロード
(Mbps)

リビング
非常に近い510370

書斎
近い370330

子供部屋
少し遠い280150

寝室
遠い5024

ランドリールーム
少し遠い410340

玄関スペース
遠い34084
AX3000通信速度測定結果まとめ

Archer AX3000の最速の最速結果は、最も距離が近いリビングで、下り:510Mbps/上り:370Mbpsを記録。

これだけの通信速度があれば、一般的な家庭で使われる大概のネット利用は、快適過ぎるほど余裕で使える状態かと思います。

SNSも、音楽のストリーミング再生も、ネット動画も、ゲームのネット対戦も、大容量のOSアップデート作業も…
全て快適に問題無く使える通信性能で、全く申し分ないレベル。

ニノ

コンパクトなWi-Fiルーターながら…めちゃ爆速!!!!

今回は、「AX80」と「RE900XD」のTP-Link製機器同士で構築したようなメッシュWi-Fi環境とは異なり、Archer AX3000単体によるWi-Fi環境です。

よって、必然とWi-Fiルーター本体と壁や扉を介する「③子供部屋」や「④寝室」では、どうしても通信速度は減衰してしまう傾向に…

しかし、最も距離の遠い「④寝室」であっても、下り:50Mbpsが出ているため、ネット利用ができないという事は全くなく、むしろYouTube動画も普通に視聴できる位です。

ニノ

距離が遠い場所では電波強度こそ落ちましたが、普通にネット利用できるレベルです。

2LDKくらいまでの間取りなら1台でも十分な性能
2LDKくらいまでの間取りなら1台でも十分な性能

自宅間取りにもよりますが、アパートやマンションのワンルーム/1K/1LDK〜2LDKくらいの間取りであれば、Archer AX3000の1台だけで十分なWi-Fi環境を構築できるかと思います。

反対に、2階建ての戸建て住宅のような広範囲を均一にカバーするのであれば、1台ではなく2台体制でメッシュWi-Fi環境とした方が無難かもしれません。

コンパクトなサイズ感で設置場所を選ばない

コンパクトなサイズ感で設置場所を選ばない
コンパクトなサイズ感で設置場所を選ばない

Archer AX3000は、Wi-Fi6対応で最大3.0Gbpsの通信速度に対応したWi-Fiルーター。

その優秀な速度性能を持ちながら、一般的なWi-Fiルーターと大きさを比較すると、わりとコンパクトなサイズ感に仕上がっています。

サイズ感を視覚的に分かりやすくするため、同じくTP-Link製のArcher AX80とArcher AX3000を並べてみます。

左:AX80  右:AX3000
左:AX80  右:AX3000

こんな感じで両者を並べると、Archer AX3000(画像右)の筐体はArcher AX80(画像左)と比べて一回り小さいサイズ感であることがわかります。

もう少し身近なモノとサイズ比較するため、iPhone 14 Pro Maxと並べてみることに…

AX3000とiPhone 14 Pro Maxをサイズ比較
AX3000とiPhone 14 Pro Maxをサイズ比較

Archer AX3000とiPhone 14 Pro Maxのサイズ比較をすると、より分かりやすくなりましたね!?

高さ・幅ともにiPhone 14 Pro Maxの長手方向と同じくらいのサイズなので、Wi-Fiルーターとしてかなりミニマルなサイズ感であることが分かるかと思います。

このようにArcher AX3000は、本体サイズがコンパクトであることから、高さに制限がある棚などの狭いスペースに縦置き設置しやすい特徴があり、Wi-Fiルーター設置場所の選択肢が大きく広がるでしょう。

性能良きWi-Fiルーターを安い価格で入手可能

実売8000円前後で入手可能
実売8000円前後で入手可能

Archer AX3000は、これだけの十分な通信性能を発揮し、設置場所にも困らないミニマルなWi-Fiルーターですが、その導入コストにも注目したいところ。

Archer AX3000の市場販売価格を記事執筆時点のAmazonにてチェックしてみると、9500円の本体価格に対して1800円の割引きクーポン適用が可能なため、実質7700円で購入可能な状態。

このスペックを持ちながら実売8000円以下で手に入る状況であり、かなり安い価格で高性能なWi-Fiルーターを入手可能です。

ニノ

価格が抑えられていて、導入ハードルも低めのオススメWi-Fiルーターです!!

IPV6 IPoE(IPv4 over IPv6)に対応

IPV6 IPoE(IPv4 over IPv6)に対応
IPV6 IPoE(IPv4 over IPv6)に対応

近年の国内の光回線を見てみると、回線混雑が慢性化してきている状況であり、この渋滞を回避して光回線速度を向上させるため、従来のIPv4という方式に変わり、混雑しにくくスムーズとされるIPV6やIPoE(IPv4 over IPv6)という方式を提供するプロバイダーが随分と増えて来ています。

しかし、IPV6 やIPoE(IPv4 over IPv6)に対応しているルーターは軒並み1万円を超える製品が多いのが現状です…

そんな中、Archer AX3000は本体価格が1万円を余裕で切りながら、IPV6 IPoE(IPv4 over IPv6)にも対応しているため、他社Wi-Fiルーターと比較してもかなり大きなメリットになるでしょう。

対応しているプロバイダーであれば、よりネット回線を高速化することが可能です。

Archer AX3000は「v6プラス」「OCNバーチャルコネクト」「DS-Lite」に対応しています

Archer AX3000レビューまとめ:手軽かつ低価格で高性能なWi-Fiルーターを導入したい人にオススメ!

手軽かつ低価格で高性能なWi-Fiルーターを導入したい人にオススメ!
手軽かつ低価格で高性能なWi-Fiルーターを導入したい人にオススメ!

TP-LinkのWi-Fiルーター「Archer AX3000」についてレビューをまとめました。

マンションやアパートの賃貸住宅では、簡単に壁に穴を開けられないため、縦置きしているというユーザーも多いかと思います。

Archer AX3000はミニマルなサイズなので、占有する縦置きスペースも最小限に抑えることが可能

加えてWi-Fi6に対応し、最大3.0Gbpsの通信速度性能も持っているため、自宅用のWi-Fiルーターとしてはそれなりに良い性能であり、むしろArcher AX3000の1台があれば十分なのでは、と言っても過言でないくらいのスペックです。

Archer AX3000は、性能的にもコスト的にもバランスの取れたWi-Fiルーターであるため、

「なるべくWi-Fiルーターの導入コストを安く抑えたい」
「費用を抑えつつもそれなりに良いWi-Fiルーターを使いたい」
「1人住まいや2人住まい程度の家庭に設置したい」

という感じで、手軽かつ低価格なWi-Fiルーター導入を検討している人にはピッタリかと思います!
気になる方はぜひチェックしてみてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

▼MONOTIVE記事をSNSでシェアする▼

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次