SwitchBotボット レビュー:家のあらゆるスイッチ・ボタンを指ロボットでスマートホーム化!

こんにちは、ガジェットブログ『MONOTIVE』をお読みいただきありがとうございます。
運営管理人のニノ(@fatherlog)です。

壁に設置した照明スイッチや、お風呂のスイッチを遠隔操作できたら良いのに・・・
と普段の生活しているぼんやり思うことがよくあるのですが、そんな思いを叶えてくれる素晴らしいツールがありました!

家の中にある壁スイッチや機器のボタンを、指ロボットが押すことでスマートホーム化できる「SwitchBotボットです!!

この記事ではSwitchBotボットの特徴、設定方法、おすすめの使い方を紹介します。

本記事はメーカーより物品提供を受けています

目次

SwitchBot(スイッチボット)ボットの主な特徴

SwitchBotボットの主な特徴
SwitchBotボットの主な特徴

スマートホーム化できるIoTデバイスが豊富な、お馴染みSwitchBotシリーズ製品。

このSwitchBotボットは、家の中にあるさまざまなスイッチやボタンをON/OFFできる指ロボットです。

SwitchBotボットの主な特徴
  • スイッチやボタンをアプリで制御して押せる指ロボット
  • SwitchBotハブミニ(別売)と連携し外出先から遠隔操作可能
  • 工具不要、両面テープだけで簡単に設置
  • アプリでスケジュール設定も可能
  • Amazonアレクサ・Googleアシスタント、Siriショートカットなど音声コントロールに対応

実際にアプリからSwitchBotボットを動作させると、ロボットの真ん中から指ロボットが出現し、ボタンを押すという仕組みです。

指ロボットの押す動作
指ロボットの押す動作

こんな感じで指ロボットが出てきます。

SwitchBotボットを導入することで、壁に設置してある照明スイッチはもちろん、サーキュレーターや加湿器のボタン、コーヒーメーカーのボタン、お風呂のスイッチなど…
通常スマートホーム化できない機器であっても、ボタンを押すという動作自体を指ロボットでIoT化してくれるメリットがあります

SwitchBotボットのパッケージ中身一式
SwitchBotボットのパッケージ中身一式

SwitchBotボットのパッケージ中身は以下のとおり。

  • SwitchBotボット本体
  • 交換用両面テープ×1
  • ストラップ付き両面テープ×2
  • クイックスタートガイド
SwitchBotボット本体(正面)
SwitchBotボット本体(正面)

SwitchBotボット本体の大きさは横43mm×縦37mm×奥行き24mmというサイズ感。

スマホ充電で使うコンパクトタイプのUSB充電器ほどのサイズという印象です。

SwitchBotボット本体(背面)
SwitchBotボット本体(背面)

こちらが背面側。

デフォルトで3M製の強力な両面テープが付属されているので、すぐに貼り付けて使用可能です。

電池持ちは600日
電池持ちは600日

ちなみにSwitchBotボットはCR2型の乾電池駆動です。あまり見慣れないかもしれないですが、細いドライバーみたいなものを差し込むとフタが外れ、その中に電池が入っています。

公式スペックでは600日稼働する電池持ちなので、十分に活躍してくれるスタミナ!

電池切れの心配はそこまでしなくても良いかと思います。

SwitchBot(スイッチボット)ボットの設定方法

初期使用時は電池保護フィルムを抜く
初期使用時は電池保護フィルムを抜く

SwitchBotボットの設置方法や初期設置方法は、とても簡単です。

連携したいスマホのSwitchBotアプリ上で登録し、SwitchBotボット本体は壁スイッチに両面テープで貼り付けるだけ。工具は必要無し。

SwitchBotアプリで機器追加を選択後、保護フィルムを抜くとボットが表示されるので選択。あとは画面の指示に従って進めていきます。

SwitchBotボットのアプリ登録設定
SwitchBotボットのアプリ登録設定①

SwitchBotボットには「押す」モードと、「スイッチ」モードの2種類の動作があり、設置したい場所に応じてどちらのモードかを選びます。

動作を確認
動作を確認

モード選択後は、「テスト」を押して指ロボットが動作するか、狙い通りの動作をしているか確認します。

SwitchBotボットのアプリ登録設定②
SwitchBotボットのアプリ登録設定②

次に、設置ガイドに従い、スイッチパネル部分にSwitchBotボットを貼り付けます。

両面テープ保護シールを剥がし貼付
両面テープ保護シールを剥がし貼付

僕の設置状況では問題なかったのですが、SwitchBotはスイッチカバーの縁に設置するものなので、設置が安定しない場合は、貼り付け面積を増やせるよう固めの段ボールや100均グッズのシリコンゴム等で土台を作ると良いでしょう。

SwitchBotボット設置完了!
SwitchBotボット設置完了!

これでSwitchBotボットの設置は完了!

あとは好きなタイミングでアプリを操作すると、指ロボットがスイッチを押してくれます。

SwitchBot(スイッチボット)ボットのおすすめの使い方やアイデア

定番は照明スイッチ
定番は照明スイッチ

ここからはオススメのSwitchBotボットの設置場所や使い方を簡単にいくつか紹介します。

まず定番は、やはり壁の照明スイッチ

都度照明スイッチを押すことなく、アプリや音声操作を使って指ロボットが照明ON/OFFしてくれます。

お風呂の湯沸かしスイッチに設置
お風呂の湯沸かしスイッチに設置

こんな感じで、お風呂の湯沸かしスイッチに設置することも出来ます。

帰宅したら温かいお風呂にすぐ入りたい!という贅沢な願いを叶えてくれます。

ニノ

ただし、お風呂の栓をすること、お出かけ前にお忘れなく!!

公式でも紹介されているコーヒーメーカーのボタンへの設置
公式でも紹介されているコーヒーメーカーのボタンへの設置

SwitchBot公式サイトでも紹介されているコーヒーメーカーのボタンに設置する活用方法。

コーヒーメーカーで入れるコーヒーを飲もうとしても、コーヒーが出来るまで機械の前で待つ時間多いので、SwitchBotボットで操作することで、待機時間のロスなく、デスクからワンタップで簡単に淹れたてコーヒーが作れます。

ニノ

淹れたてコーヒーをアプリ操作でタイミング良く作れる!!

換気用のサーキュレーター電源に
換気用のサーキュレーター電源に

換気用のサーキュレーターを導入している人も多いかと思いますが、この電源ON/OFF用としてSwitchBotボットを使うのもありかと思います。

定期的な換気を行う際にスケジュール運転でサーキュレーターを回す、なんていう使い方もできますよ!!

設置スペースには注意・・・
設置スペースには注意・・・

1点だけ注意しておきたいことがあり、SwitchBotボット本体の設置スペースがあるかどうか、事前に確認しておきましょう。

上のようにスイッチ枠の外にドア枠のような障害物があると、物理上SwitchBotボットを設置できません。

ニノ

物理的にSwitchBotボットを設置できないスイッチもあります・・・

遠隔操作する場合は別途SwitchBotハブミニが必要!

SwitchBotボットは基本的に連携しているスマホとBluetoothによって遠隔操作できる指ロボットです。

Wi-Fi経由でネットから遠隔操作するためには、別途SwitchBotハブミニと呼ばれるSwitchBot製品をネット接続するデバイスが必要になります。

SwitchBotハブミニを導入すると、色々なSwitchBot製品を遠隔監視・操作できることに加え、リモコン対応の家電製品の遠隔操作も可能になるので、スマートホーム化がますます加速し、日々の生活が快適になると思います!

SwitchBotボットは、スイッチやボタンといった本来IoT化できないコントロールを、指ロボットで簡単にスマートホーム化できる便利なツールです。

照明ボタンや機器スイッチをアプリで遠隔コントロールし、日々の生活を効率よく過ごせることに繋がると思うので、ぜひ導入してみてください!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

▼MONOTIVE記事をSNSでシェアする▼

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次