【macOS Catalina】MacにiPhoneを接続して同期する方法

これまでのMacではiPhoneやiPadをMacに接続すると純正アプリの「iTunes」上で端末の同期が行われていました。

2019年10月に配信された「macOS Catalina」 では、この「iTunes」アプリが廃止

これまで「iTunes」上で行っていた作業は以下のように分離されました。

  • 音楽→新たな「ミュージック」アプリでの管理
  • 端末同期→「Finder」での管理

今回は「macOS Catalina」以降にアップデートしたMacにiPhoneやiPadを接続して同期・バックアップする方法を紹介します。

 

iOS端末は「iTunes」から「Finder」での管理に移行

iPhone・iPad・iPodなど、iOS端末をMac接続して管理するには、これまでiTunesアプリを必ず使っていましたが、「macOS Catalina」ではiTunesアプリが廃止されました。

これまで、音楽管理と端末管理を担っていたiTunesの役割が、「ミュージック」アプリと「Finder」に分離され、お互いのコンテンツがより管理しやすいように変更されています。

iTunesアプリは廃止されましたが、これまで通りMac上でiPhone・iPad等のiOSは管理できるので心配はありません!

 

FinderでiPhoneやiPadを同期・バックアップ・管理する手順

FinderでiOS端末を管理する方法
  1. MacとiOS端末(iPhone/iPad)を直接接続する
  2. 「Finder」サイドバーの「場所」項目にある端末名を選択
  3. 同期やバックアップをiTunesと同じように実行可能

接続時にFinderが自動起動する場合もありますが、自動起動しない場合は直接Finderのサイドバーから端末を選びましょう。

Finderに表示される同期メニューやバックアップ項目・ソフトウェアなどは、iTunes時代のものと全く同じ。

もちろんMacローカルにバックアップを取る場合も、このFinderから端末を選択し「今すぐバックアップ」でMac内にバックアップを作成可能です。