ディスクフォーマット後、macOS再インストールが出来なくなった話

快調だったMacの挙動がどうしてもおかしい時、MacBook・MacBook Proを工場出荷状態に初期化したい時などには、macOSがインストールされているディスクをフォーマットが有効な方法です。

機会はあまりないかもしれませんが、時としてディスクフォーマットにお世話になることも。

ところが、このディスクのフォーマットを行った後、すぐにmacOSの再インストールをしないと大変なことになります!

僕のケースですが、macOSの再インストールをしなかったために、思わぬトラブルにあった経緯をまとめました。

 

MacBook Proを買い替えも、復元がうまくいかずディスクフォーマット

MacBook Proを新調したことに伴い、Time Machineのバックアップデータから新しいMacBook Proへ復元を行っていたのですが、どうにもこうにも復元がうまくいかず。

画面上は復元が完了したという表示がでているものの、中身を見てみると、ところどころファイルやアプリが歯抜けになっていたり、Dockの位置やポインターの移動速度といった基本設定も引き継ぎされていませんでした。

新しいMacBook Proへ移行するのであれば、細かい設定を含めてやっぱり完璧に乗り替えたいと思うものです。

そこで、中途半端に復元されてしまったディスクは1度フォーマットを行うことに。

ディスクユーティリティからMacintosh HDのディスクを「消去」実行しました。

これで中途半端に復元されてしまったディスクを再び1から復元できるようになると考えていたのですが・・・。

 

macOSの再インストールをせず、一旦電源を切断。結果、トラブル発生

Macintosh HDをクリーンな状態にフォーマットした後、そのままmacOSを再インストールすれば良かったのですが、お出かけしかえればならないという時間的制約から、この時点で1度電源をきることに。

それが不覚にも問題の原因となってしまいました。

数時間後に再度macOSの再インストールをしようとしたのですが、インストーラーが起動しない。

表示されるのは地球儀のみです。これすら見たのは初めて。

これはネットワーク経由でmacOSのインストーラーをダウンロードする機能です。

メインディスクにmacOSのインストーラーがない場合、インターネット経由でインストーラーをダウンロード・実行しなければなりません。そりゃそうですね、全部消去するフォーマットをしているわけですから。

今回この再インストールを怠ってしまったがために、地球儀アイコンが表示されてしまいました。

 

問題発生:エラーコード1007f

本当だったらインターネット経由であってmaxOSの復元プログラムがダウンロードされて実行されるはず。

ところが、Wi-Fi経由で実行したところ、何回やってもこのメッセージが表示されます。

apple.com/support  -1007f

1007f 」というのはエラーコード。

Appleサポートのスペシャリストの方にも聞きましたが、本体側でなにかしらのトラブルが起きているとのこと

それが原因でWEB経由で復元プログラムが走らないのでは!?ということでした。

無線接続ではなく有線でLANをつなぐと解決することもあるとアドバイスもらいましたが、あいにくUSB-Cとイーサネット接続できるアダプターを持っていないので断念。

とにもかくにも、WEB経由でのmacOS再インストールができない以上、MacBook PROの文鎮化が決まってしまったということになります。 悲しい・・・。

 

ディスクフォーマット・macOS再インストールするなら、時間があるときに手順を確認して確実に!

ディスクフォーマットを行った場合は、その後すぐにmacOSをインストールしないと、このように大変なことになりかねません。

ディスクフォーマットとmacOSの再インストールは一体型の作業と考えおいて良いかと思います。

ぼくのように別の用事があるからといって、ディスクフォーマット後に1度電源を切ってしまうと本当に大変なことになりますよ。

ディスクをフォーマットした場合は必ず、macOSの再インストールをお忘れなく!

ABOUTこの記事をかいた人

30代2児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。