PayPayの20%or全額還元は尋常じゃない!100億円還元キャンペーンには冷静に乗っかっておこう。

ソフトバンクとヤフーの合弁会社であるPayPay株式会社のキャッシュレス決済サービス「PayPay(ペイペイ)」が、12月4日、遂に開始となりました!

キャッシュレス決済サービスは、楽天PayやLINE Payなどあらゆるサービスがガラパゴス状態となっている中、後乗りとも言う形で登場した「PayPay」ですが、サービス開始直後のキャンペーン内容が凄まじいものになっています。これを使わないと絶対に大損するってレベル!!

しかし、PayPay祭りの雰囲気に流されてはいけない気も・・・。

 

決済時の20%相当をポイント還元!さらに最高で10人に1人の確率で全額タダ!!(上限10万円)

2018年12月4日(火)、各対応店舗にて「PayPay」でのキャッシュレス決済サービスが開始されています。

サービス開始直後から2019年3月31日までは、利用額の20%をもれなくポイント還元するという内容。

例えば1万円の買い物をしたとしたら、2000円分のPayPayボーナスを翌月10日にゲットできるというもの。

 

さらに、ソフトバンク・Y!mobile契約やYahoo!プレミアムの利用ステータスによって、40〜10分の1の確率で上限10万円分まで全額ポイント還元されるという前代未聞レベルのキャンペーンも展開されています。

通常のユーザーは40回に1回の確率で全額還元(上限は10万円)。確率にすると2.5%

 

Yahoo!プレミアム会員なら20回に1回で全額還元(上限は10万円)。確率では5%

 

そして、ソフトバンクやY!mobile契約ユーザーなら、当選確率が最大となる10回に1回で全額還元。これは10%という高当選確率です。

 

完全に後出しとなった「PayPay」ですが、キャッシュレス決済のシェアを一気に奪還するという本気の姿勢が伺えます。

 

使える店舗が結構幅広い!特にファミマ・ビックカメラは本命

じゃあ、どこの店で使えるの?って話になるんですが、PayPay対応店舗もなかなかのラインナップ。

飲食店で見てみると・・・

ほぼ、モンテローザ系列店舗!!!全く行かないなぁ。。。

まぁ、会社の忘年会なんかで使う時には幹事の方がボロもうけになりそうな感じ。

 

んで、本命な店舗はこの辺かも。

ビックカメラやソフマップ、ヤマダ電機といった家電量販店が対応店舗に!!ぼくのような地方在住者にも嬉しいJoshinも入っていますねぇ。

家電量販店での買い物は高額になることが多いので、PayPay決済による恩恵は十分に受けられそう。運がよければタダになりますし。

あと毎日の生活には欠かせないコンビニではファミマが入っている!!これは利用率がかなり高くなるんじゃないでしょうか。

普段はセブン派ですが、このキャンペーン中は極力ファミマに入ろうと思います。

 

もれなくもらえる500円チャージはもらっておきましょ

とりあえず登録したら500円分チャージは必ずもらえる!!

というわけで、どう考えてもお得にしか見えないPayPayを早速導入しました。

スマホのアプリにPayPayをインストールします。

PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ
PayPay-QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

携帯電話番号とパスワードを登録してログインすると、500円分チャージされました。

これはもれなくもらえるみたいなので絶対に登録しておいた方が良いですよ!

早速、ファミマで使ってみたい!と思いましたが、最寄りのファミマまで3kmくらいあるので、とりあえず断念。

 

PayPay祭りの流れにも毅然として立ち向かう

すでにみなさんの各SNSタイムラインに全額還元当選の報告がボコボコと投稿されているかもしれません。

このような投稿を見ていると、羨ましい気持ちしか生まれない。

そして、本当にお得な決済サービスにしか見えなくなってきてしまいます。PayPay最強!!って感じで。

 

たしかにお得な内容、ものすごい内容かもしれない・・・。

でも、お祭りムードから一歩引いて、ぼくは冷静に思いました。

コレなんです。コレ。

還元されるから・・・・全額バック当選するかも・・・という流れで、衝動買いするのはあまりにもリスク過ぎる!!!

しばらく、何を買おうか悩んでしまい時間もありました。

というわけで、無理に買おうとはせず、普段通りの買うべきタイミングで買おうという判断になればPayPay対応店舗で買い物するというのが理想の活用方法かと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

30代2児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。