ドコモで「iPhone XS Max」に機種変更したら3万円以上の違約金請求が来た話

「iPhone XS Max」へ機種変更して早くも1ヶ月が経過。今回は2年間に亘って割り引きが適用されるドコモ版の「iPhone XS Max」を購入しています。

購入月だった9月のドコモ料金が確定し今月になって請求がきたのですが、その金額を見て驚き!

請求額は5万円を超えていました!!!

内訳をよくみると違約金として33,300円請求されていました。

結果として契約内容をよく確認していなかった自分自身のミスなのですが、ドコモユーザーの方は注意をしておいてもらいたい話です。

 

型落ちの端末を格安で購入できる「端末購入サポート」

新型のiPhoneが登場すると、ついつい最新機種ばかりに目が行きがち。

その裏で型落ちとなった端末は価格が当然下がります。

そして、ドコモでは「端末購入サポート」というサービスを実施しています。

最新機種ではなく、型落ちの端末を格安で購入できるという、ユーザーにとってかなりメリットが大きそうな内容です。

これが割安のようで中々のクセモノなので注意が必要なんです。

実は、僕が今回請求された違約金はこの端末購入サポートの解除料。

金額は33,300円と膨大な費用です。

 

「型落ち端末を無料でもらえます」

元々ドコモを契約したのは約1年前の2017年秋。

当時はLINEモバイルを契約していましたが、iPhone Xの発売と同時期にドコモへ乗り換えようとしていました。

iPhone Xの端末自体はSIMフリー版をApple Storeで購入。

ドコモではSIMカードのみ契約したいというスタンスでした。

ドコモショップにいくと「iPhone 6s Plusが今なら0円でもらえます!!」と激推し。

端末購入サポートによって、毎月の端末代金はドコモが全て肩代わりするので、実質負担額が無料になるというもの。これは大きなメリットです。

しかし、契約書をよくよく見ると1年間の最低利用期間が設定され、この間に機種変更を行うと高額な解除料が発生する旨記載がありました。

 

ドコモ版iPhone XS Maxを購入=端末購入サポート解除料発生

僕のケースを下図にまとめてみました。

ドコモを契約したのは2017年9月25日。

実際はSIMフリーのiPhone XにドコモのSIMカードを挿して使っていますが、契約上はドコモショップに”タダ”でもらったiPhone 6s Plusを使用している扱いに。

iPhone XS Maxは発売日翌日の2018年9月22日に入手。よってこの日が機種変更日となります。

端末購入サポートは、契約した月を0ヶ月目とカウントするので、12ヶ月終了するには2018年9月末日まで利用しなければなりません。2018年10月1日からは13ヶ月目となるので、違約金発生はなし。

つまり、ぼくの場合は、残り1週間強使用していれば、この3万円以上の違約金が発生しなかったのですが、あえなく解除料の対象となるケースに該当してしまったのです。

あと1週間待っていれば・・・。

契約内容をよく確認していなかった僕のミスですね・・・。

 

「端末購入サポート」の解除料はしっかり確認しておきましょ!

もちろん、ドコモショップで「端末購入サポート」を利用した購入をする際にはこの説明がしっかりあるかと思います。

1年も経つと忘れてしまうかもしれません。

特に僕のようなケースでは、実質使っているのは他から仕入れ来たiPhoneなので、ドコモショップで”タダ”でもらったiPhoneのことなどすっかり忘れていました。

まぁ珍しいパターンかもしれませんが、「端末購入サポート」の12ヶ月以内機種変更で発生する解除料には十分注意してください!

ABOUTこの記事をかいた人

30代2児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。