僕が「iPhone X」から「iPhone XS Max」へ買い換える5つの理由

Appleスペシャルイベントにて発表された「iPhone XS/XS Max/XR」 の3機種。

特に、iPhone XSシリーズは1つ前の端末となった「iPhone X」の性能をあらゆる面で上回り、毎年恒例となっている新型iPhoneの発表内容に心を躍らせているiPhoneユーザーの方も多いのではないでしょうか!?

発表された3機種の中でも僕が買い換えを検討しているのは、大画面モデルとなった「iPhone XS Max」。

ここではぼくが「iPhone XS Max」に買い換えることを決めた理由についてお話したいと思います。

記事内容は、あくまで個人的な見解と嗜好に基づくものなので参考程度に読んでいただけば幸いです。

 

6.5インチのディスプレイサイズが生み出す表示領域の大きさ

iPhone XSとiPhone XS Maxの最大の違いはディスプレイサイズ。

iPhone XSはiPhone Xと同じ5.8インチのOLEDディスプレイであるのに対して、iPhone XS Maxは6.5インチのOLEDディスプレイ

共に有機ELを搭載したSuper Retinaディスプレイであることに変わりなく、画面表示はiPhone X同様にとても鮮やかであることが期待できます。

両者の違いであるのは紛れもなくディスプレイサイズの相違による表示領域の違いです。

もともと、iPhone 6からラインナップされた5.5インチディスプレイであるPlusシリーズが登場して以降、僕はナンバリングが増えるとともにずっとPlusシリーズを愛用してきました。

単純に「大きい画面の方が見やすいから」というのが最大の理由です。

 

撮影した写真やネット動画を見る時は、大きい画面の方がよりダイナミックに楽しめます。

WEBサイトを閲覧していても大きい画面の方が見やすいです。

ゲームをプレイしていても大きな画面の方がプレイしやすいです。

さらにキーボードタイピングではフリック入力は両手を使う派なので画面が大きいほど入力しやすいです。

 

コンテンツを楽しむという点や、画面上での操作だけにフォーカスすると大きい画面の方がメリットはあるかなぁと。

iPhone XS Maxでは、Maxという名前に相応しいiPhone史上最大のディスプレイとなる6.5インチの画面なので、画面の大きさという進化にかなり期待しています!

 

「サイズ感」と「ディスプレイサイズ」という両天秤

とはいえ、iPhoneは常に手に持って操作するものであり、携帯するものでもあるので「サイズ感」は重要です。

かねてよりPlusシリーズを愛用してきた上で、画面の大きさは気に入っていますが、サイズ感は大きいと感じているのが正直な感想。

これは、iPhone Xのレビューでも書いていますが、Plusシリーズのディスプレイに良くも悪くも大きさを感じてるのが現実。

その点、5.8インチであるiPhone Xのサイズ感はかなり気に入っています。

サイズ感が手に馴染む方が、片手操作が基本となるスマホでは優位性が高いです。

と、ここで「サイズ感」と「ディスプレイサイズ」という天秤が登場。

相反するものを得たいときは、どちらかを捨てなければなりません。

「サイズ感」と「ディスプレイサイズ」はまさに反比例するものであり、どちらかを選ぶ必要があります。

大きなディスプレイサイズによる視認性よりも、サイズ感が手頃な5.8インチの方が良いという人は、当然iPhone XSを選ぶことになると思います。

ぼくは、後者の「ディスプレイサイズ」に重きを置きたいので、iPhone XS Maxという選択肢になりました!

 

ここまでがiPhone XS Max特段の理由。

ここからはXSシリーズ共通となる買い換え理由について書きます。

 

Face IDの認証がより早い処理に進化

Appleの仕様によると、iPhone XS/XS Maxでは顔認証であるFace IDがさらに速くなったとされています。

これはA12 BionicチップにあるSecure Enclaveと新しいアルゴリズムの効果によるもの。第2世代のFace IDですね。

前機種であるiPhone XのFace IDという次世代の技術には感心していましたが、実際に使って生活していると、Face IDによるロック解除に微妙なタイムラグを感じることも。

普段からロック解除はもちろん、Apple Payによるキャッシュレス決済や銀行アプリのログイン等でFace IDを多用していたので、これらタスクがより速く認証解除できるようになったことは大きな魅力と感じます。

早く実際に使ってみて、Face IDの認証プロセスの速さを実感したい!

寝起き顔での認証やマスクでの認証もできるか気になります・・・。

 

スマートHDRによる高画質な写真

新しいカメラ機能である「スマートHDR」がかなり気になります。

動いている被写体に対して、強化されたISPと高度なアルゴリズム等の最先端テクノロジーが効果を発揮し、精細なディテールを描く写真を残してくれます。

上記はAppleスペシャルイベントのデモ写真より。

風に流される髪の毛の1本1本や、水面から顔を出した時の水しぶきを上げる写真は、動いている被写体の一瞬を鮮やかに、そして精細に切り出していると感じました。ディテールが本当にキレイ。

私生活では、iPhoneを使って子どもの写真を撮影することが多いので、まさに動いている被写体を美しく撮影するための「スマートHDR」が活躍しそうです。

 

撮影後に調整できる被写界深度

これもiPhone XS/XS Maxのみ搭載される最新機能。撮影後のポートレート写真のぼけ具合を調整できる機能です。

Appleスペシャルイベントでは実際にボケ具合を調整するデモ写真が公開。

こちらがf1.4の時。しっかりと背景がボケています。

一方、下画像はf14に設定した時。さきほどまでボケていた背景がくっきりと映し出されています。

このように、iPhone XS/XS Maxで撮影したポートレート写真について、撮影後に画面上のf値を左右にスクロールすると背景のボケ具合を変化させられるとのこと。

ポートレードモードで撮影した写真は、手軽に撮影できかつiPhoneで撮影したとは思えないような美しさを感じているので、背景ぼけの調整機能で「映える写真」に仕上げられることは大きな魅力であると考えています。

 

iPhone XS Maxの「Max」な進化に期待!

発売価格こそ高いですが、iPhone XS Maxでの進化はiPhone Xと比較するとても大きなものに。

今回、Appleが、6.5インチディスプレイを採用したモデルに「Max」という名前を使ったのは、「Plusシリーズは5.5インチである」という既存のイメージと差別化したかったのかもしれない・・・と勝手に想像しています。

それほどMax端末にMaxな期待を込めています!早く使ってみたいという一心です!

【比較】 ドコモ・au・ソフトバンクのiPhone XS/XS Maxの価格まとめ!最安は!?

2018.09.14

iPhone XS/XS Maxの発売価格一覧まとめ。512GBモデルは税込で約18万!

2018.09.13

Apple、新型 「iPhone XS/XS Max/XR」の3機種を発表!イベント内容まとめ

2018.09.13

ABOUTこの記事をかいた人

30代2児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。