Apple、全面ディスプレイの「iPhone X」を正式発表!11月に発売開始!イベント発表内容まとめ!

どうも、NINO(@fatherlog)です。

やっぱり噂は本当だった!!

Appleはスペシャルイベントでプレミアムモデルとなる新型「iPhone X」を発表しました!

全面ディスプレイの採用や顔認証Face IDの採用など、今までにないiPhoneに仕上がってます。

「iPhone X」の新機能や特徴など、イベントでの発表内容をまとめました!

 

正式名称は「iPhone X」(アイフォンテン)

ティムクック氏の口から「もうひとつの発表が・・・」、マジか・・・マジなのか・・・

One more thing…

待ってましたよ、そのお言葉!

 

ここで紹介ムービー。

ん??顔???

これはもしや顔認証!?

 

おおお!!!来たよ!!来たよ!!!

 

全面ディズプレイの・・・コレは・・・

 

iPhone X キタ━(・∀・)━!!!!

 

名称についてあれやこれやと、噂されていましたが、やはり正式名称は「iPhone X」(アイフォンテン)でした!!エックスじゃないよ。

 

5.8インチの有機ELディスプレイ「Super Retina ディスプレイ」

「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」を発表したフィル・シラー氏が再び登壇。

 

いやぁ、実に美しいカーブを描いています。ヤバいですね、コレ。美しすぎる・・・

 

ディズプレイはRetinaディスプレイのさらに上をいく「Super Retinaディスプレイ」

 

ディスプレイはベゼルレスの全面ディスプレイ!よってホームボタンもありませんよ。

ディスプレイは今までで最大となる5.8インチのディスプレイ。解像度は2,436×1,125の458ppi。

OLED(有機EL)のディスプレイを採用しているので、表示もキレイ。

 

HDRディスプレイで3D Touch等にももちろん対応。

 

これまでホームボタンでの操作になれてきた全てのiPhoneユーザーにとっては戸惑いがあるかもしれない操作。ホームボタンがないですからねぇ。

新しい操作ですが、ホーム画面に戻るときは、スワイプアップをして対応するUIに。

 

Siriを使うときは、「Hey Siri」で話しかけるか、サイドの物理ボタン長押しで起動。

 

 

顔認証「Face ID」でiPhoneのロックを解除

続いてロック画面解除の話。

 

ホームボタンがないということは、これまでホームボタンで行っていた指紋認証「Touch ID」も使えないですよね・・・。

 

1日に何百回も使うiPhoneのロック解除なので、簡単かつセキュリティ性の高い解除方法、それが・・・

顔認証「Face ID」発表!

 

顔を認識するためにフロント画面上部にはこれだけのカメラやセンサーを搭載。

 

画面を顔に向けると、顔を3万ドッドで解析して、顔を認証するとのこと。

顔認証となると心配なのが、写真や似ている第3者のそっくりさんによる誤認識ですが、何回もテストされ、誤認識の確率は100万回に1回あるかないかとのこと。ハリウッドのメイクアップアーティストに本物そっくりのマスクも作成してテストしたとか。すごい精度!!

ヘアスタイルを変えても、ぼうしをかぶっても、メガネをかけても、全部認識するとのことです。

 

 

顔の解析はA11バイオニックニューラルエンジンで高精度な解析を実行。例えば、双子でもしっかりと別の顔として認識します。

このニューラルエンジン凄すぎ!!

 

Apple PayでもFace ID使えます。

 

サードパーティ製のアプリで、ワンタイムパスワードなんかにもFace ID使えます。どんだけ凄いんだ!!

 

そして、Face IDの技術を応用したTrueDepthカメラで、顔のリアルな表情をそのままアニメーション絵文字にできる「アニ文字」が登場。

アニ文字をiMessageに貼り付けるなんてことも可能です。

コレ、LINEとかMessengerとかでは使えないだろうから、iMessage流行りそうだなぁ。

 

カメラも大幅に進化!自撮りでポートレート写真も撮影可能!

続いてカメラのプレゼン。

iPhone 7 Plusでは横並びだったデュアルカメラが、縦並びに変わっています。

 

背面カメラの性能は12メガピクセル。開放のf値1.8と2.4のデュアルカメラ搭載。

 

手ぶれ補正やQuad-LED True Toneフラッシュも搭載し、より美しい写真が撮影可能。こちらは撮影した写真の作例。キレイですねー。

 

フロントカメラはTrueDepthカメラを搭載して、ポートレート機能やポートレートライティング機能にも対応。

自撮りとかあんまりやらないけど、マジで楽しくなりそうです、コレ。

 

CPUは6コアの「A11 Bionicチップ」搭載

これだけの機能を処理するには高性能なチップが必要。

iPhone Xには、iPhone 8/Plusと同じくA11 Bionicチップを搭載しています。

 

このチップの性能により、iPhone 7より2時間も長い駆動時間を実現。

スポンサーリンク

ワイヤレス充電のQi規格に対応

充電も簡単になります!

コードを指さなくても、台の上に置くだけでワイヤレス無線充電できるQi規格に対応!!待ってました!!

コードが邪魔だなーって思うこと多々あったんで、コレは便利そうです。

 

と・・・ここでスニークプレビューということで・・・

iPhone X、Apple Watch、AirPodsが登場。充電するときはコード付きのものを挿してますねー。あ、Apple Watchだけマグネット式の充電ですが。

 

ん?台の上に置いて充電してるぞ。もしや全部まとめて1つの台でワイヤレス充電!?

はい、そうです!!

その名も「AirPower」

このワイヤレス充電関係はbelkinが担当しているみたいです。

AirPower便利そうだけど、この充電台の値段・・・絶対高そう・・・。個人的な予想ですが、2万円くらいしそうだなぁ。

 

会場ではiPhone Xのプロモーションビデオが放映。

いやぁ、マジでイイ感じに仕上がってます!!!

 

iPhone Xの予約開始日は10月27日、発売日は11月3日、価格は112,800円から

9月に発表されたiPhone Xなわけですが、予約開始と発売日は1ヶ月以上後になります!

遅っ!!

 

ストレージ容量は、64GBと256GBの2モデル展開。

ちなみにカラーは、シルバーとスペースグレイがラインナップ。

 

予約開始日は10月27日(金)午後4時01分から

発売日は11月3日(金)です!!

 

Apple公式サイトでは、日本版iPhone Xの価格が発表されています。

iPhone X
(シルバー・
スペースグレイ)
容量 価格(税別)
64GB 112,800円
256GB 129,800円

64GBモデルでも10万超え。

8%の消費税込みだと64GBで121,824円256GBで140,184円!!

 

高ぇぇぇぇ!!!!!

 

まぁ、値段設定としてはかなり高めですが、OLED、Face ID、カメラ性能、ガラスパネルなど考えるとこれくらいの値段が妥当なのかも。

ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアでの購入なら割引きが入りそうなのでもう少し安くなりそうです。実質価格は10万切りそうですね。

 

 

ぼくは・・・「iPhone X」買います!!

 

今までにない感じに完璧に仕上がっているiPhone X が楽しみで仕方ありません。

早く発売日こないかなぁ。

【比較】出揃った!ドコモ/au/ソフトバンク版「iPhone X」の値段

2017.10.23

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!