「iPhone X」のAppleCare+を解約したら1万円以上の返金!加入後2年以内なら確認すべし!

毎年iPhoneを買い換える度に、画面割れや端末故障といったトラブルに備えるため、必ず「AppleCare+ for iPhone」へ加入しています。

今年はiPhone XからiPhone XS Maxへと買い換える予定。

となると、確認しておきたいのがAppleCare+の存在です!

AppleCare+は端末保証を2年間に延長する有料オプション。

AppleStoreで契約したものであれば、期間中の解約ならば返金可能(条件を満たした場合)ですよ!

 

「iPhone X」と「Apple Watch Series 3」のAppleCare+を解約した場合の返金額の話

2018年9月のAppleスペシャルイベントで発表された「iPhone XS/XS Max」 と「Apple Watch Series 4

今年は両端末ともに買い換える予定でいます。

  • iPhone X  → iPhone XS Max
  • Apple Watch Series 3 → Apple Watch Series 4

 

端末故障が心配なのでともに保証期間を2年間に延長できる「AppleCare+」へと加入しています。

端末の買い換えとなると下取りに出すので、手元には旧端末は残りません。

一方で、AppleCare+は保証期間が2年間なので、端末が手元にあろうがなかろうが保証期間は継続。

つまり、1年単位で端末を買い換えているのであれば、必ず1年分の保証期間が余ってしまい、費用が勿体ないことになります。

 

そこで、ぼくが毎年行っているのがAppleCare+の解約・返金です。

AppleStoreで一括支払いでのAppleCare+に加入している場合、日割り計算で保証残期間分の費用を手数料10%を差し引いて返金してくれます。

実際に、iPhone XとApple Watch Series 3のAppleCare+を解約したら、以下の金額が返金されました。

端末 AppleCare+契約費用 返金額
iPhone X 22,800円 13,126円
Apple Watch Series 3 4,800円  2,333円

合計すると、1万5千円以上の金額が返金されるので、かなり大きいですよね!?

ちなみに規定では15日以内の返金と案内されましたが、実際は手続きした翌日に即効で入金されました。対応の早さは神。

この返金費用を使ってiPhone XS Max用の新たなAppleCare+を購入しようと考えています。

端末下取り後にもこの解約請求をしていなければ、これだけの費用が無駄になってしまいます。

2年以内でのAppleCare+解約なら返金があると思うので、端末買い換えの際は保証期間をよく見ておきましょう!

(端末破損・故障等によりエクスプレス交換サービスを1度でも利用しているとその分の料金が引かれるので返金はまず無理)

 

解約・返金方法の詳細

AppleCare+の解約方法を簡単にまとめるなら

  1. デバイスのシリアル番号確認(IMEI)[設定>一般>情報]
  2. AppleCare+の契約番号確認(登録書に記載)
  3. Apple サポート(0120-277-535)に電話

この流れでイケます。

詳しい解約方法や返金の仕組みについては、以下記事でたっぷり解説していますので参考にどうぞ!

iPhoneやiPad購入前に確認必須!「AppleCare+」の解約・返金方法!

2017.10.25

 

Apple Storeでの加入は一括払いなので、ぼくの例のように保証残期間に応じて返金が生じることがあります。

一方、キャリアでの契約は月払いの契約となっているので、返金が起こることはないと思います。しかし、解約し忘れると端末下取り後も月額料金のみ引かれ続けることもあるので、十分にご注意を!(過去にauのAppleCare+で痛い目にあいました・・・。)

iPhone機種変更は要注意!AppleCare+二重課金の可能性

2015.09.02

端末購入後の2年以内、特に1年スパンで新端末へ機種変更や買い換えするのであれば、AppleCare+の契約についてよく確認しておいた方が良いですよ!

ABOUTこの記事をかいた人

30代2児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。