Apple、恒例のスペシャルイベントを12日(日本時間13日午前2時)に開催!新型iPhoneやApple Watchに期待!

8月もあっという間に終わってしまい、9月に入りましたね。

そう、9月は毎年恒例のAppleスペシャルイベントが開催される特別な月!

昨年は、ホームボタンが廃止され顔認証Face IDが搭載されたiPhone Xが発表され、eSIMを搭載し単独通信が可能となったApple Watch Series 3が発表されるなど、個人的にかなり熱い新製品ラッシュな印象でした。

今年のスペシャルイベントで特に注目したいのが新型iPhoneと新型Apple Watch(発表されるかはわからないけど・・・)。

既にこれらのアップデート機種が発表されることは至るところで噂されていますね。

果たしてどのような発表があるのでしょうか!?

 

新型名称は「iPhone XS」 、画面サイズは3機種らしい

まぁここ数年必ず9月のスペシャルイベントで新型iPhoneが発表されているので、これに関してはまず間違いなく新型機がお出ましすると思います。

詳細の噂については、gori.meさんがかなり細かくまとめているので、これを参照すれば現時点での噂が一発でわかるようになっています。

今年の新型iPhoneは、3機種がラインナップされ、5.8インチと6.5インチモデルが有機ELディスプレイを搭載した上位機種6.1インチの液晶ディスプレイを搭載したモデルが下位機種となる模様。

そして、3機種とも昨年のiPhone 8以降姿を消したホームボタンは搭載せず、Face IDを搭載したベゼルレス筐体になるとされています。

iPhone Xで展開されていたシルバーとスペースグレイの2色に加えて、新たにゴールドも登場するとか。ゴールドカラーの落ち着いた輝かしさは何とも言えず美しいを感じますね。絶対人気ありそう。新色だし。

 

大は小を兼ねる6.5インチにしようかと思う

複数モデル展開されてきた今までは「Plus」シリーズとして大画面モデルが展開されてきました。

今年は「Plus」という名称自体がなくなるかもということですが、Plusという名前がなくなっても大画面であるという事実には変わりなし。

今使っているiPhone Xは5.8インチでフリック入力するには丁度よいグリップ感なんですけど、もう少し画面が大きいと良いのにと思うことが多々あります。

カメラを撮るとき、動画を見るとき、WEBを見るとき。画面が大きいモデルの方が見やすさは軍配が上がるのも当然。

ぼくはiPhone取扱い時に見やすさを一番重点においているので、そういう意味で6.5インチモデルを購入したいなぁと現時点では考えています。

 

充電アダプタがUSB-C端子に!?

んで、個人的に興味あるのは、新型iPhoneに搭載される充電アダプタがこれまでのUSB Type-Aではなく、USB Type-Cになるのではというもの。

USB-Cは、通常のUSBケーブルよりも高出力が可能となる規格で、iPhoneを急速充電するにはピッタリ。

皆さんもそうだと思いますが、外出先でたびたび充電状況が悪くなり電池切れやそれに近い状態に悩んでいる人も多いはず。モバイルバッテリーはスマホスタンダードの今では欠かせないアイテムとなりつつあります。

そんな中、USB-Cで急速充電できるものならば、バッテリー切れ体験の多い人でも短時間で効率よく充電ができるようになります。

新型MacBookにUSB-Cが搭載された時は、新規格すぎて他端末での普及があまりないことから互換性の面で少し不便に感じることもありました。

その後MacBook Proにも搭載され、今ではNintendo Switchにも採用されている規格に進化。USB-Cがかなりスタンダードになってきた印象を受けます。

こういう現状を考慮すると、新型iPhoneのアダプタでUSB-Cが採用されても全くおかしくないですね。

iPhone側の端子は依然としてLightning、アダプタ側は新たにUSB-C採用となるか。どうなるのか楽しみですね!

 

Apple WatchはSeries4が発表されるのか

初代Apple Watch、Series 2、Series 3と来るなら、今年に新型Apple Watchが出るならSeries 4となるのが順当。

gori.meによると、今年のApple Watch Series 4は現行モデルより15%ディスプレイが拡大する模様。

現行のベゼルを極小化し、そのスペースをディスプレイが占めることにより画面サイズの拡大化を図ると。

それに伴い、画面に表示する情報量が多くなり、あらゆるステータスをApple Watchの画面で視認できるようになる見通し。

9To5Macがリークした画像を見ても、ゴチャゴチャしているという印象はあまりなく、むしろこれだけの情報量をこのUIの中に収めたというデザインセンスが流石であると感心。感覚的な話になってしまいますが、この待ち受け結構好き。

特に、ぼくのような子育て世代のApple Watchユーザーならわかると思うんですが、手が塞がっていることからiPhoneを取り出して確認するということが困難な場面が多く、Apple Watchでの確認は非常に便利。

1度の目視で確認できる情報量が増えるのであれば、なおさら利便性が向上すると思います。

さらに、勝手に梅干しクラウンと読んでいるちょっといただけない赤ポッチもデザインが変更され、赤リング上に変化している模様。

梅干しは好きですが、梅干しクラウンはあまり好きではないデザインだったので、見た目もスッキリして良い感じ。

 

 

さぁ、どうなんでしょうかねー。iPhoneとApple Watch。

みなさんは何か購入検討されていますか??

発表まであと1週間ちょっと!日本時間の13日午前2時より開始です。

ワクワクして待ちましょう!

(Image via 9To5Mac

ABOUTこの記事をかいた人

30代2児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。