毎日使う充電ケーブルに更なる耐久力を。Belkin「DuraTek USB-A to ライトニングケーブル」レビュー

iPhoneやiPadを充電するライトニングケーブルは毎日の充電時に必ず使うもの。

ワイヤレス充電に対応したiPhoneの所持率も高くなっているとは思いますが、ここは好みによって充電スタイルが分かれるポイントで、ワイヤレス充電派の人もいれば、ケーブル接続派の人もいることでしょう。

ライトニングケーブルを使って毎日充電していると、時間経過とともにケーブル自体が劣化し、断線や通電不良等が原因で上手く充電できなくなることがあります。

ライトニングケーブル充電派の人は、1度はこのような経験がありせんか!?

 

そんな問題を解決するには、ケーブルの高い耐久力を実現した「Belkin DuraTek Plus USB-A to ライトニングケーブルがオススメ。

とことん耐久力にこだわった堅牢なケーブルで、毎日使うアイテムとして最適です!

 

長期使用時に問題となるケーブル耐久力の強化を実現

ケーブルの抜き差しを行うと、どうしても劣化してしまうのが、USB端子付近とLightning端子の根っこの部分

充電しながらiPhoneやiPadを操作すると、Lightning端子部分がグニャグニャ曲がります。

 

気を付けていても自然と曲がってしまうことも多く、これはどうしても防ぎようがありません。

アダプター側となるUSB端子の根っこ側も同じグニャグニャ現象が起きますよね。

 

従来ケーブルと比較して10倍以上の耐久力

DuraTek Plusライトニングケーブルは、従来のケーブルに比べて10倍以上の耐久力を持つ高スペック。

実際にApple純正のライトニングケーブルと並べてみると、その端子根元部分の構造が大きく異なることが分かります。

どうでしょうか。

上のApple純正ライトニングケーブルでは端子根元が直角形状をしているのに対して、DuraTek Plusライトニングケーブルでは、端子部分から斜め形状を経てケーブルへと続いています。

端子根元部分の大きさも断然DuraTek Plusライトニングケーブルの方が大きいですね。明らかに耐久力が高そう。

この見た目からも十分に分かる構造の違いから強靱な耐久力を実現しているのでしょう。

 

ケーブルを曲げるとわかる堅牢性

指先に同じくらいの力を加えて、ケーブルを曲げてみると、その堅牢さがよく伝わってきます。

 

こちらがApple純正のライトニングケーブル。

良い意味でとらえればフレキシブルに動きますが、ケーブルの根元にはかなりの応力がかかり負担がかかっていることは間違いありません。辛そうです・・・。

 

続いて、ベルキンのDuraTek Plusライトニングケーブル。

同じくらいの力でもほとんど曲がりません。かなり根元がしっかりとしています。

充電時に外部からケーブル根元に対して応力がかかっても、堅牢に作られた構造でケーブル自体への負担をかなり軽くできそうです。

これはかなり長持ちしそう!

 

ケーブル素材も耐久力向上に寄与

DuraTek Plus ライトニングケーブルは、アルミニウム回路基板のケーシング、アラミド繊維強化導体、柔軟な絶縁材を採用しているので、構造面だけでなく素材面でも耐久力の向上を実現しています。

実際に触ってみると、Apple純正ケーブルのビニル被覆とは異なり、ケーブル自体の太さを実感します。

さきほど掲載した写真と同じですが、上のApple純正ケーブルと下のDuraTek Plus ライトニングケーブルを比べると、ケーブルの太さも断然違うことが一目瞭然です。

 

収納に便利なストラップ

長いライトニングケーブルが煩わしくなるのを回避するため、収納時に便利なストラップを付属。

ベルキンロゴが入っていてオシャレなワンポイントにもなりますね。

 

5 年保証で長期使用も安心!

このDuraTek Plusライトニングケーブルの製品保証期間は5年

これだけの長い期間を保証期間とするということは、よほどの耐久力を持っている証拠なのでしょう。

ぼくも使い初めてまだ1ヶ月くらいですが、へたれる様子もなく、毎日の充電ワークは快調です!

 

日々使うものだからこそ、ケーブル自体の劣化は避けられません。

そのためにも耐久性の高いケーブルを毎日のルーティンで使用することは、後々に大きなメリットを受けられると思います!

ライトニングケーブルは消耗品なので、買い替えや追加用として探しているならば、ぜひベルキン DuraTek Plus USB-A to ライトニングケーブルをお試しあれ!