【レビュー】コンセント周りをスマート化する最薄アダプター「Anker PowerPort Atom III Slim」

USB-PD(PowerDelivery)がそこそこ浸透し始めていて、iPhone 8以降に採用されている急速充電機能も随分と身近な存在になってきたように感じます。

しかし、USB-PD機能を搭載したアダプターを使うと、どうしてもコンセント周りが頭デッカチになってしまうデメリットもありますよね。

そんな悩みを解決してくれる素晴らしいアイテムに出会いました。

今回はAnker PowerPort Atom III Slimを購入したので紹介します!

 

わずか厚み1.6cmの超コンパクトサイズかつUSB-PD対応

Anker PowerPort Atom III Slim 02

「Anker PowerPort Atom III Slim」が他のUSB-PD対応アダプターと異なる最大の特徴は、本体の薄さ

わずか1.6cmの厚さで、とてもUSB充電器のアダプターとは思えないようなサイズ感です。

 

次世代パワー半導体素材「GaN」採用で本体を高効率充電可

Anker PowerPort Atom III Slim 05

「Anker PowerPort Atom III Slim」本体にはGaN(窒化ガリウム)が使われています。

これは次世代のパワー半導体素材として注目されている素材であり、Ankerは長い年月をかけて充電器に応用したそう。

新素材GaNによって本体は発熱を抑えた高効率充電を可能にしつつ、サイズのコンパクトさを実現しています。

このコンパクトさでありながら、iPhoneの高速充電を可能にするUSB-PD(Power Delivery)機能に対応しているのは驚きです。

USB-PDは、iPhone電池残量をわずか30分で50%回復できる機能を持っています。

最新のiPhoneに搭載されている急速充電機能も、このUSB-PDの効果によるものです。

 

カードサイズよりも小さい

薄さだけでなく、本体自体の縦・横サイズもコンパクトなんですよ。

仕様では縦7.6cmの横4.5cmです。

Anker PowerPort Atom III Slim 04

カードと比べてもこのサイズ感ですよ。

今回、Suicaと比べてみましたが、一般的なカードサイズよりも明らかに小さいことがよく分かります。

本当にこのサイズ感でUSB-PD対応なのが凄すぎる!

この充電器、どんなけ優秀なんだ!

 

コンセント周りを劇的にスマート化

Anker PowerPort Atom III Slim 03

頭でっかちでコンセント周りで圧倒的な存在感を示していたあのフォルムとはもうおさらば。

「Anker PowerPort Atom III Slim」は文字通りスリムな形状で、コンセント周りの見た目をスマート化してくれます。

Anker PowerPort Atom III Slim 06

プラグは折りたたみ式なので、持ち運びも便利。

ポケットにも入れておけますね。

Anker PowerPort Atom III Slim 07

卓上のアダプターはもちろん、壁裏や家具裏の狭い場所に隠してあるコンセントでも、省スペースで差込できるので収まりが良い感じです。

 

USB-PD対応アダプターのマストアイテム

Anker PowerPort Atom III Slim 08

急速充電するためのUSB-PD対応アダプターは結構なサイズ感がある製品がほとんど。

Anker PowerPort Atom III Slim」が持つ極小なサイズ感は、コンセント周りをスマート化するだけでなく、手軽に持ち運べアイテムとしても活用できます。

USB-PD機能に対応で最大30W出力まで対応しているのもGood。

さずがにMacBook Proの充電は厳しいですが、MacBookやMacBook Airの充電なら可能です。

さらにUSB-C to Lightningケーブルを使ったiPhone・iPadの充電や、その他USB-C機器の充電にも使えます。

あらゆる機器にUSB-PDを利用した高出力充電ができるので、1台は持っておきたいアイテムとしてオススメです!

「Anker PowerPort Atom III Slim」のオススメポイント
  • 一般的なカードよりも小さいコンパクトなサイズ
  • USB-PD対応で出力は最大30W
  • iPhoneやiPadの急速充電が可能
  • MacBook・MacBook Airも充電可
  • コンセント周りをスマート化
  • ポケットにも入れられ持ち運びが便利

iPhoneを充電するなら別途USB-Cとライトニングの変換ケーブルも必要になるのでお忘れなく!

【保存版】30分で50%回復!iPhoneの急速充電方法まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください