【レビュー】USB-CとLightning接続のiPhone充電に断然オススメ!Anker「PowerLine Ⅱ USB-C & ライトニングケーブル」

MacBook Pro、iPad Pro、モバイルバッテリーなど、新規格であるUSB-Cポートを採用している製品が増えてきています。

USB-Cを使うと従来のUSB接続に比べて、より大きな電力を送れるので、充電時に使うと効果的です。

iPhoneはLightning端子なのでUSB-C端子と接続するには「USB-C – Lightningケーブル」が必要。

これまではAppleの純正品しかありませんでしたが、今ではバッテリーアクセサリーのトップランカーとも言うべき「Anker」よりPowerLine Ⅱ USB-C & ライトニングケーブルが発売されています。

純正品を買うのもよいですが、安心あるAnker製ケーブルの方がコストパフォーマンスが良いのでオススメかと!

iPhoneの急速充電には欠かせないUSB-C – Lightning接続

iPhoneに標準で付属しているUSB(typeA)のライトニングケーブルは、iPhoneユーザーのほとんどが使っているかと思います。

モバイルバッテリーによっては2A出力対応のものもあり、このままのケーブルでも少し早い充電はできます。

Power Delivery対応のUSB-C機器なら、さらに早い急速充電が可能なのです!

iPhone急速充電の検証記事では、28分の充電時間で50%もの電池残量回復ができることを確認しています。

30分で50%回復!iPhoneを急速(高速)充電する方法まとめ【保存版】

この際に必要になるのが、iPhoneのライトニング端子とアダプタやモバイルバッテリーなど機器のUSB-C端子を接続するケーブルです。

Ankerの「PowerLine Ⅱ USB-C & ライトニングケーブル」がこの仕事にピッタリなケーブルです。

 

純正ケーブルよりも安く耐久性も高いAnker製ケーブル

Anker「PowerLine Ⅱ USB-C & ライトニングケーブル」はMfi認証の製品。

Ankerというブランド名だけでも信頼あるのに、Apple公認のアクセサリーであるという更なる安心感はユーザーにとって嬉しいもの。

12000回以上の折り曲げテストもパスするほどの耐久性があり、日常的に使うケーブルとして強い味方となります。

ケーブルを長く使うとコードの被覆が剥がれてきてしまうような経験をしたことがある人も多いはず。PowerLineⅡの耐久力でこんな悲しい経験とはしばらくお別れできそうです。

 

そして、何よりもこのケーブルが良いところは、純正品ケーブルよりも安いということ!

ケーブルは消耗品でもあるので、安く購入できればお財布にも優しいことは間違いなし。

絡まりやすいコードに使える収納用バンドが付いているのものAnker製品ならではの魅力。マジックテープ式で持ち運ぶの時には綺麗にまとめられるので重宝しています。

こういう細かい製品への気遣いって良いですよねぇ。

さらに、Anker製品ではお馴染みの18ヶ月保証も健在です。

USB-Cポートを使ったライトニング接続をするならこのケーブルは本当に使い勝手が良いです。たまらない。

ちなみに、ぼくの環境では、以下のような接続で使用しています。

  • Power Delivery対応のUSB-Cアダプタを使ったiPhone充電
  • Power Delivery対応のUSB-Cモバイルバッテリーを使ったiPhone充電
  • MacBook ProとiPhoneの有線接続
  • MacBook ProとMagicKeyboardなどのLightningアクセサリーとの有線接続
  • iPad Pro(11インチ)とiPhoneの有線接続

1本のケーブルでこれだけの使い道があるので毎日大活躍!使わない日はありません。

USB-CでLightning接続するのであれば1本持っておいて損はないと思います!!