耐水仕様のiPhone 7 Plus、まさかの「水没」。

どうも、NINO(@fatherlog)です。

iPhone 7やiPhone 7 Plusより初めていiPhoneシリーズで搭載された耐水機能。

発表された当時は「お風呂で使える!」「水周りで使える!」なんて嬉しい声が上がっていたのを思い出します。

ぼくはお風呂に携帯は持ち込まないタイプですが、iPhone 7 Plusの耐水機能を過信していたら、事件が起きました。

 

子どもの写真・動画を撮るのにプールに入水

実は、使用しているiPhone 7 Plusをがっつり入水させたのは今回が2度目。

1度目はマレーシアのビーチリゾートにいった時に、あまりにもキレイで透き通る海に感動したあまりにiPhone入水させました。

まぁ、このときはLightningケーブルの端子が焦げたり、本体が海の砂でメチャクチャ傷付いたりするなど、多少の被害が出たものの、本体の機能性には全く問題が生じませんでした。

海水にINしたけど至って良好!(この時は。)

 

この経験で、完全に調子乗ってました・・・・。

 

んで、先日プールに行ったときの話なんですが、3歳になる我が子が水に顔をつけられるようになるやら、潜れるようになるやらで・・・。

お父さんめっちゃ嬉しくなってしまって、プールにて耐水仕様のiPhone 7 Plusで撮影に夢中になっていたんです。

撮影が終わったら、プールサイドのベンチまで上がってiPhoneを置きにいくのが面倒くさくなったんで、そのまま水着のポケットに入れていました。

合計2時間くらいはプール入水させていた状況だったかな。

iPhone 7が発表された時のスペシャルイベントでもプールに落水してしまっても大丈夫みたいなプレゼンあったし、「まぁ大丈夫っしょ!」って思ってました。

夜になっても動作良好。

結局、入水させた当日は全く問題無く、通常通り使用できました。

 

翌日、iPhone 7 Plusに異変・・・

翌朝、ホテル滞在中のぼくはカメラで写真を撮ろうとしたんです。

でも撮影した写真が白濁してほとんど何も写っていない状況。何回撮影してもね。

ちなみにその時にiPhone 7 Plusで撮影した写真がコレ。

 

 

 

 

PM2.5か何かですか?

 

 

 

 

白さやばいです。

 

くもりすぎ!!

 

 

 

カメラレンズがくもったのかなーと思いながら背面カメラをクリーニングクロス使って一生懸命掃除。

 

その結果・・・

 

 

 

カメラレンズ内側に大量結露発生!!

 

 

いやー、いくら拭いてもとれません。だって内側だもん。

 

無理!

 

ってか、どうやったら結露とれるんだよ。

ドライヤー過熱も一瞬頭をよぎりましたが、さすがにiPhone壊れそうなのでやめました。

 

さらに病状悪化

もうちょっと使っているとさらに病状が悪化します。

画像の赤丸内をよく見てください。

 

液晶画面内にも水が絶賛進行中!

 

画面がオレンジっぽくなってるのはNight Shfitの効果なんで気にしないとして、赤丸で囲った部分に明らかに水が浸入していることが分かります。

まだらに広がるようなシミができるんですね。

 

 

それ以外にも、充電ができない症状も発生。

充電したまま寝たんですが、朝起きたら電池残量7%でした。

 

さらに、ホームボタンも故障

Tapticエンジンが壊れたのか、ホームボタン押し込んでもカチッといわないんですね。だから、1つのアプリ起動するともとに戻れないんで、イチイチ電源を切って、最初からアプリ起動しなおすという強引技で耐えてました。

 

 

完全に詰んだ。

 

iPhone水没です!!

 

 

スポンサーリンク

AppleCareにてエクスプレス交換

水没したiPhone 7 Plusは結局エクスプレス交換で新品同様品に交換しました。

エクスプレス交換の修理代金で12,000円くらいかかりましたー。

AppleCareは過失による水没も保証対象に入っているので、まだ救われました。AppleCareに入っていないと、当然保証対象にならないので、4万円以上の高額修理代金となるようです。

 

耐水仕様のiPhone 7(Plus)でも水没する

耐水仕様とはいえども、完全防水ではないということに注意が必要

一時的に濡れるということに関してはウォータープルーフの威力を発揮してくれます。

しかし、ぼくのように常態的に長時間入水させるのは「論外」ってことです。

AppleのiPhone 7公式ページの下の方にも小さい字で以下のように記載されてます。

  1. iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。

 

iPhone 7 の耐水性能は、経年劣化によって低下するということです。

購入してから10ヶ月ほど経ちますが、ぼくのiPhoneもきっと耐水性能が劣化していたんだろうなー。

 

今まさに海水浴、プールシーズンだと思いますが、iPhone 7を入水させての撮影はやはり危険です。壊れます。

 

マジでiPhone入水はやめた方が良いです。

 

あくまで生活防水程度ということで、iPhone 7のお水はほどほどに!

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!