【レビュー】太陽光で充電できるアウトドアで便利なモバイルバッテリー「Chargi-Q mini」

普段の生活でモバイルバッテリーは必要不可欠なもの。

iPhoneの充電はもちろん、Bluetoothオーディオ機器やiPadなど、電子デバイスには充電は欠かせない存在です。。

現在、日常的に愛用している1軍のモバイルバッテリーは「Anker PowerCore Speed 20000 PD

USB-C – Lightningケーブル接続によりiPhoneを急速充電できる性能と、本体自体のコンパクトさがお気に入りのポイントです。

そんな便利なモバイルバッテリーも唯一使えなくなってしまう場面があります。それは、モバイルバッテリー自体の本体充電が切れてしまった時。

「モバイルバッテリー自体を充電し忘れてしまった」
「停電災害により電力が確保できない」

こんな場面に出くわしてしまう可能性も十分にあります。いかなる状況でも電力を確保できるモバイルバッテリーがあれば強い味方となりますよね。

今回は、LiberFlyer Japanより、ソーラー充電機能や手回し発電機能を搭載したモバイルバッテリー「Chargi-Q mini(チャージック ミニ)を提供していたいだたのでレビューします!

  

アウトドアや災害用途に特化したモバイルバッテリー

スマホユーザーの中でも、大多数の人が1つや2つモバイルバッテリーを持っていることかと思います。

モバイルバッテリーは、電気を充電した状態でスマホやUSB機器を複数回満タン充電できる優れ物。

特にスマホの充電が切れるとインフラ的に厳しくなるので、予備用電力としてモバイルバッテリーは定番のアイテムですよね。

とまぁ、ここまでが通常のモバイルバッテリー。

今回レビューする「Chargi-Q mini」はそれ以外に大きな特徴があります。

  

ソーラー充電(太陽光充電)が可能

Chargi-Q mini(チャージックミニ)最大の特徴は、本体の一番大きな側面にソーラーパネルを採用していること。

これによりモバイルバッテリー自体をコンセント接続せずに、太陽光を使って本体を充電できます。

仕様では約10時間で100%満タン充電となり、8000mAhのバッテリー容量になるとのこと。

ホテルに宿泊している時はコンセントが必ず兼ね備えられているので問題ないかもしれませんが、キャンプや海、BBQなどアウトドアといったシーンではコンセントが近くにはないことほとんど。電源を取ることは難しいですよね。

ソーラーパネルであれば、晴天にさえ恵まれればアウトドアでも何ら問題無く充電できます

災害時に停電が起き電源が確保できないような場面でも、こういった再生エネルギーの力は大きく活躍するでしょう。

  

ソーラーパネル用の最高な充電環境を見つけた!

「ソーラーパネル採用で太陽光下に10時間置いておくだけで勝手にフル充電」というと聞こえが良いかもしれませんが、実際には10時間も日が当たる所に放置しておくってのも何だか難しい話。

自宅の南側にある窓際に置くのもアリ。

そして、ぼくが活用している方法がコレ!

車のダッシュボード上に固定して放置!

何もしないでも勝手に充電されます。まさに車を使った旅行時には超便利。

長距離ドライブ中も、グングンと太陽光から充電してくれるので、ドライブ旅行ではこのモバイルバッテリーが重宝しています。

運転中ずれると危ないので、動かないようにうまくはさみ込んでおく必要があることにはご注意を。

あと、使わないときにずっと放置しておくのも良くないので、あくまで車に乗っているときだけ固定放置するようにしましょう。

手回しでの充電も可。ただし使用条件は限定的

チャージックミニのもう一つの特徴は、手回しハンドルで充電ができるということ。

折りたたんである回転ハンドルを取り出して回すだけ。

実際に回してみると、そこまで重いようなハンドルでもなく比較的スムーズに回る。1分間回し続けて5分間の充電量となる仕様です。

ただ、何でも無いときにハンドルを回して充電しようか、とは実際にはならないかな。

1分回して5分の充電量というのは、ソーラー充電やUSB充電と比べるともの足りない。そして回す労力を伴います。

手回し発電機能は、災害による停電で晴天にも恵まれず、それでもどうしても電源を確保したいという時には絶対に役に立つであろう機能。

  

USBポートは2基、LEDライトも搭載

肝心のUSBポートは2基。もちろん2ポート同時使用できるので、スマホとタブレットというように2つの機器を同時充電できます。

あと、LEDライトが付属。暗闇で捜し物をしたいときとかには便利かも。

この辺は、他のモバイルバッテリー同様の仕様ってところですね。

日常的に持ち歩くには少々サイズが気になる

モバイルバッテリーは電源のない外出先で電源として携帯できるアクセサリー。

充電性能はもちろんですが、携帯性も重要なポイント。

チャージックミニは、ご覧のとおり、ソーラーパネルや手回し発電搭載のせいか、厚みがかなりあることが分かります。

重さは320gであり、缶ジュース1缶分くらいの重量ですが、このバッテリー容量にしてはやはりサイズが気になってしまうところ。

かばんの中にしまっておくにしてはちょっと大きいかな。

車で移動するような時には車に1台積んでおくといったような、ある程度収納スペースが大きいような移動時には特に気にならないと感じました。

  

あると便利なモバイルバッテリー

どんなモノでも、場面に応じた最適なモノがあります。

今回のチャージックミニに特徴を最大限に活かせるのは、アウトドアシーンや災害時。個人的には車でのドライブ旅行にもオススメ!

あると便利な製品って、いざその場面に出くわさないとその必要性を感じられないんですよね。そこがはがゆいところ。

しかし、備えあれば憂いなし。準備しておくことはやっぱり安心が大きい。

アウトドアや災害用として特化したモバイルバッテリーも1台も持って置いて損はないと思いますよ!

ABOUTこの記事をかいた人

30代2児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。