【レビュー】Anker製ワイヤレス充電器「PowerPort Qi」でiPhone 8 Plusを充電!1,000円台で入手できる安さは魅力!

どうも、NINO(@fatherlog)です。

「iPhone 8/ 8 Plus/X」の3機種から初めてiPhoneシリーズで採用されたQi規格のワイヤレス充電機能。

Lightningケーブルを都度iPhoneにささなくても置くだけでできるワイヤレス充電は、iPhoneユーザーが毎日行う「充電」タスクをよりスムーズに手軽なものにしてくれます。

今回は、Anker製ワイヤレス充電器「PowerPort Qi」をレビューします!

 

Anker製ワイヤレス充電器はiPhoneに対応している!?

充電器のレビューの前に、前提として、Anker製ワイヤレス充電器はiPhone対応しているのかどうか・・・という問題があるんですね。

以下の記事でも書いているんですが、日本のAnker公式サイトやAnkerのAmazonストアの情報からは、Android端末は対応機種として記載があり。

しかし、iPhone 8/8 Plus/Xについては対応機種としての記載が一切無いんですよね。

一応Qi規格のワイヤレス充電なので大丈夫だとは思います。

ただ、対応端末としてiPhone記載がないのは不安要素。何だコレ、MFi認証の関係なのかな!?

iPhoneをワイヤレス充電できるかどうか保証は無い状態ですが、1,000円台でワイヤレス充電パッドが手に入る手軽さと、安定のAnker製品の魅力にはどうしても惹かれるものがあり購入!

 

PowerPort Qiは手軽すぎるワイヤレス充電パッド

では、購入したPowerPort Qiのレビュー入ります!

こちらはパッケージ。

ワイヤレス充電器を体感したことがない僕にとっては、ごついモノをイメージしていたんですけど、ここまで薄いパッケージで何入ってんだ?ってぐらいコンパクト。

 

中を開けるとワイヤレス充電器本体とMicroUSBケーブルが登場。

MicroUSBケーブルの長さは約1m。ちょっとした取り回しだったらこの長さでも十分足りると思います。

 

こちらはワイヤレス充電器本体。

例えるなら、円形の大きさは缶コーヒーの底くらいとほぼ同等。マジでコンパクトです!

 

側面部分の背面にはMicroUSBケーブルの挿入口があります。

ケーブルを挿すとLEDインジケータが赤色点灯。これで待機状態です。

MicroUSBケーブルを差し込んだら、いつでも置くだけ充電マットに変身。

なんて手軽なんだぁ。

「Anker PowerPort Qi」でiPhone 8 Plusを充電してみた!結果は!?

記事冒頭、少し不安要素なことを書きましたが、対応機種としてiPhoneの記載が無い以上はやはり不安なものは不安なもの。

では、iPhone 8 Plus充電やってみます。

充電マットの上にiPhone 8 Plusの背面をくっつけるように置いてみると・・・

 

LEDが青に点灯・・・ということは・・・

 

 

ワイヤレス充電キタ━(・∀・)━!!!!

 

Anker PowerPort Qiの対応機種に iPhone記載はありませんでしたが、iPhone 8 Plusでは無事に充電できました!!イエェ〜〜〜イ!!!

しかも、Apple純正の保護ケースつけたままですが、ばっちり充電できました!

3mmくらい浮かせてみても充電できるんで、まぁ一般的なケースなら装着したままでも、そのまま充電イケると思います。

コチラは5W対応なのでiPhone標準付属のアダプタと同じ5Wの充電出力です。

高速充電というわけではありません。

充電時の電圧、電流値を測定すると、5.06V/0.89A。

というわけで、ほぼ定格性能の出力が担保されています。

 

番外編:Apple WatchをPowerPort Qiで充電してみる

Apple WatchをPowerPort Qiで充電してみました。Apple Watch自体が充電マグネットみたいなもので無接点充電しますからね。

充電できそうだけど・・・

 

全く反応なし!

赤色点灯(待機状態)です。

 

Apple Watch自体はワイヤレス充電機能をすでに使っていますが、今後watchOSのアップデートによってQi規格のワイヤレス充電にも対応するものと思います。

イベント発表であった一度にiPhone/Apple Watch/AirPodsを載せて充電できる「AirPower」に対応するわけですからね。今後に期待ということで!

 

1,000円台で手に入る手軽さは最大の魅力

ワイヤレス充電って置くだけでそのまま充電開始してくれるんで、個人的にはかなり気に入っている機能。

ただし、Apple公式ストアで販売されているmophieやBelkinのワイヤレス充電器はデザイン性も高く機能性も良さそうなモノですが、値段が高いというデメリットもあります。(税抜きで6,980円・・・)

部屋のデスク上とベッド廻りにそれぞれLightningケーブルを配置しているぼくは、やはり活動エリア事にワイヤレス充電器を置きたいんです。

個数が必要となると、1,000円台で手に入るという安さ・手軽さは非常に強い魅力となります!

しかもAnker製品という安心感!

とりあえず「最初のワイヤレス充電器として」って感じでも十分使えます。初めての1台にもオススメです!

1ヶ月間使用して感じた「iPhone 8 Plus」の評価やメリット・デメリットを以下記事でまとめていますので、合わせてどうぞ!

【レビュー】1ヶ月使用して分かった「iPhone 8 Plus」の12の魅力や気付いたこと

2017.10.22

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!