【レビュー】軍事規格の耐衝撃性を誇るiPhone6s/7兼用ケース「SENTINEL」装着で、万が一の時も安心

どうも、NINO(@fatherlog)です。

日常的にiPhoneを使用していると、端末自体を不意に落下させてしまったりして、ハッとする場面ありますよね。

そんな万が一の衝撃による破損に対処するには、やはりケース装着は有効な手段です。

今回は、米国軍事規格のテストを合格し、抜群の耐衝撃性を持ったPATCHWORKSブランドのiPhoneケース「SENTINEL」を、株式会社KODAWARIより提供していただいたので紹介します!

 

ケース外観

では、ケース外観からいってみましょう。こちらがパッケージ。

PATCHWORKSブランドのケースってこの透明感触れるパッケージデザインが素敵だよなー、思いつつ開封。

 

ケース背面。カメラ部分は大きく空いています。

一応このケース、iPhone 6s/7シリーズ兼用ってことになってるので、どちらも装着可能。両機種のカメラ部分は大きさが違うことから、このような大きな穴が設けられています。

上の写真のバックにブラック色のiPhoneが移っている部分をよーくみるとわかるんですが、ケース背面側全体には細かなドットのようなものが打たれています。

これが実はこのケースの特徴なところで、「マイクロテクスチャ処理」が施されています。

このマイクロテクスチャ処理のおかげで、iPhoneを装着したとしても、クリアケース独特のベチャっとしたにじみが出ないので、美しい見た目を楽しめる!ってわけです。

まぁ、よくみるとこのマイクロテクスチャの存在に気付きますが、光りのあたり具合によってはそこまで気になることもないです。

個人的には、全く気にならないかなぁ。

 

こちらは側面。

側面は、全体がポリカーボネート製の黒いバンパーに囲われています。

NINO
こりゃ、強そうだ!イイ感じ!!

 

続いて、ケース底部。

スピーカーのグリル部分とLightningケーブルの端子部分が大きく開口されています。

また、iPhone 6s/7 兼用ということで、iPhone 7で廃止されたイヤホンジャック部分の開口もあります。

 

そして、このケース一番の特徴は「耐衝撃性」にとっても優れているというところ。

何でも米国軍事規格のテストもパスしてるそう。

どれくらいすごい規格のテストなのかは、ちょっとわからないってのが正直なところですけど・・・

米国軍事規格なんていうくらいですから、耐衝撃性はかなりスゴそうです!

 

本体はTPU素材のクリアケースとポリカーボネートのバンパーの組み合わせで構成されています。

そこまでがっちがちのハードケースというわけではなく、ある程度柔らかいので、本体装着時もなめらかそう。

このとおり、ちょっとだけグニョングニョンできます。

やわらかい素材なので、手触りも滑らか。ケースは装着しながら毎日握るものなので、手触り感はやっぱり大事!

スポンサーリンク

「SENTINEL」をiPhone 7に装着!

というわけで、iPhone 7を装着してみます。

 

カチャッと、簡単に装着完了!

 

 

「マイクロテクスチャ処理」、めっちゃ効いてます!

さきほど紹介した細かなドットが入るマイクロテクスチャ処理、イイ感じです。クリアケースって装着するとほんとにベチャってなるんですよー。

このとおり、Appleロゴも大胆にキレイだぁー!!

むしろ裸で使っていた時代の傷がちょっと目立つくらい。それくらい本体ケースがクリアってこと。

 

 

こちらはケース左側面。

サイレントスイッチ部分はくりぬかれているんですが、音量ボタンはケース上にボタンが配備されているので、ボタンがマジで押しやすいです。

カチッと押しやすい!!

ケース装着するとボタンが押しにくくなるってこと、あるあるなんですけど、いやぁーこの押し心地、最高っすわ

 

右側面の電源ボタン部分も同じ構造です。

大きくくりぬかれたカメラ部分ですが、iPhone 7特有のカメラ部分の出っ張り以上に深さがあるので、背面を机の上に置いたりしても、カメラレンズ部分が直接触れずに傷付かないです。いいねぇ!いいねぇ!

 

ケース底部のスピーカーグリル部分もしっかりと開放されているので、音を塞ぐようなこともなく、もとの音質を損ないません。

 

1つ気になった点は、サイレントスイッチの切り替えがやりにくいということ。

強度を持たせるためのバンパーにより、スイッチ部分の溝がなかなか深いので、ぼくみたいな大きい指だと切り替えにくいっす。

指できりかえるっていうよりは、爪先でカチッと切り替える感じ。爪が少し伸びてないとできないかなぁ。

まぁ、でもそんな頻繁に切り替えするスイッチでもないと思うので、耐衝撃性を持たせるためにはしょうがないですね。

 

「SENTINEL」はこんな人にオススメ!

今回装着した「SENTINEL」のオススメポイントをまとめました!

  • 米国軍事規格に合格した抜群の耐衝撃性で頑丈
  • マイクロテクスチャ処理でケース装着時もクリアでキレイ
  • ケース装着してもボタンが押しやすい

 

ぼくは裸族時代にiPhone落としてAppleCare+にお世話になったこともあるので、こういう頑丈なケースは万が一の時に嬉しいっすわ。しかもクリアで見た目も素敵!

んで、このケース、何と言っても安いです!!

これだけの機能もっていながら、記事作成時点での価格は1,890円!と2,000円切ってますからね。

しかも大きさがより大きいPlusシリーズでも、この価格で据え置きです。

なるべく価格を抑えたいって人にもオススメのiPhoneケースです!!

 

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!