シンプルを極めたデザイン、最高のグリップ感。iPhone Xケース「MYNUS」レビュー

美しいガラスパネルで覆われたiPhone Xは、その美しさを保つためにもケースを装着するという選択肢を選ぶ人は多いはず。

iPhoneを使う日常生活には、落下による破損や指や外部から付着する汚れといった美しいiPhoneと対峙してしまう事象が存在します。

今回紹介するiPhone X用ケースMINUS」(マイナス)はとことんシンプルさを追求したケース。

この「MINUS」ケース、随分と前になりますが、AppBankの村田さん(@happy_murata)にお会いした際にいただいたモノです。

早速レビューします!

 

エラストマー素材が奏でる控えめに言って「最高」な質感

ケースをつけたり、裸で使ったりを繰り返していますが、ここまでシンプルさにこだわったケースに出会ったのは恐らく初めて。

MYNUSシリーズは良質感・極薄が特徴のiPhoneケースです。

ケース素材には新開発エラストマー素材が使用されていて、手で触っても指紋が付着しにくく、傷も入りにくい。

そもそもMYNUSというケースブランドの名前は「徹底的に余計な要素をそぎ落とす「引き算の美学」ということに由来しているんだそう。

カラーはマットホワイト。

ケース色もマットですが、質感もマットそのもの。

さっそくケース装着してグリップしてみると確かに指先から伝わってくる質感が、ほかのケースと全然違うことにすぐに気付きます。

控えめに言っても最高。

汗ばむ夏の陽気であっても手触りはサラッと爽快です。

iPhoneに用事がなくても、思わずまた手に取ってみたくなるような・・・。クセになるグリップ感が最高に心地良い。

 

背面はフェルト素材でiPhoneのガラスパネルをしっかり保護

MYNUSケースの背面にはフェルト素材が使われています。

繊細なiPhoneと相性も良いですね。

ケース装着すると全面が覆われてしまうので、光りを集めては放つ美しいガラスパネルや、iPhoneの象徴ともいうべきAppleロゴは残念ながら隠れてしまいますが、フェルト素材に包まれていると思うとそれはそれで納得。

 

随所に散りばめられたシンプルさを極めたデザイン

装着前はそれほど実感できないかったものの、iPhone XにMYNUSケースの袖を通すと、改めて「引き算の美学」が活かされいるデザインに気付く。

上画像では、カメラ付近の側面に丸いポッチがあることがわかると思います。

最初コレを見た時、エラストマー素材を型から抜くときにどうしても発生してしまう製造工程上の爪跡かと思ったら、そうではありません。

実はコレ、iPhone Xのサイドボタンの中心部分を示す印。

シンプルさを極めているMINUSケースではすべてがフラットなデザイン。ボタンの形が浮き出るような側面デザインを採用していません

そのため、このような平坦な形状であっても、ボタンの位置だけはしっかり判別できるようにこのような印が付いているのですね。

手でグリップすると指先にポッチがあるのがわかり、それによりサイドボタン位置の把握が可能。

iPhone Xの反対側の側面には、大・小の音量ボタンが2個搭載されています。

MYNUSケースはこれらの両ボタンもフラットに覆っているため、こちらも両ボタンの中心部に印があり、これを境にボタン位置の把握ができます。

エッジ部分のR形状も柔らかなカーブを描いています。iPhone本体の四隅と同じくらい精度が高く作られた丸みが美しい。

断面的に見ると、ケース全体のふんわりと柔らかな丸みを存分に感じることができます。

これに加え、ケース表面のサラッとした質感が、最高のグリップ感を生み出していることがよく分かりました。

 

衝撃を覚えるほどの使用感を味わえるMYNUSケース

これまで数あるケース装着を試してきましたが、これほどの衝撃を覚えたことはかつてありません。

ぼく自身、純正のレザーケースは常連。

ところが、両者を比較すると、MYNUSケースのグリップ感自体の評価がかなり高く、レザー独特の質感やレザー表面の浮き上がるAppleロゴを考慮しても、純正レザーケースよりこちらのMINUSケースの方に軍配を上げたくなります。

iPhoneは毎日使うモノ。日常的なツールであるからこそ、グリップ時の質感や見た目のシンプルさは重要な要素になると思います。

しばらく病みつきになりそうな最高のケース「MYNUS」、ぜひとも1度使ってみてはいかがでしょうか!?

AppBank StoreでMYNUSをチェック!

ABOUTこの記事をかいた人

30代2児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。