【レビュー】iPhone X「AndMesh Base Case」で指先に心地良さを。

どうも、NINO(@fatherlog)です。

iPhoneのケース選びは多様な製品から選ぶので、真剣に選ぶと結構な時間がかかるもの。

iPhone X用のケースとして、マットな質感で肌触りが非常に滑らかで心地良い「AndMesh Basic Case」をDAQよりサンプル提供していただいたのでレビューします。

AndMeshだけどMeshじゃない

過去にiPhone 7(Plus)用の保護ケースとして紹介していますが、AndMeshといえば背面部分に独特なドット穴が無数にあいているデザインの製品。

そのドット穴が与えてくれる爽快なグリップ感が何ともいえなく良い感じの印象でした。

んで、今回のiPhone X用ケースであるAndMesh Basic Caseはというとコレ。

Meshが無くなってます。完全に穴がないです。恐らく「AndMesh」という名前だけ引き継いだのでしょう。

全6色のカラー展開がある製品ですが、今回は半透明感を楽しめる「マットクリア」をチョイス。上画像のように半分奥が透けてみえます。

ポリカーボネート製のマットな質感

本体は丈夫な素材として汎用性の高いポリカーボネートを採用。ちょっと無理して軽く曲げてますが、ケース本体は頑丈そう。セミハード的な硬さです。

表面はマットな質感が強く、指触りがスルスルと滑らかです。

Meshこそ無くなってしまったAndMeshですが、このスルスル感が寄与しグリップ感の爽快さがまた違う意味で引き継がれている感じました。手に伝わる感触が心地良くで無駄に握っていたくなります。イイ感じ。

iPhoneらしさを奪わないシンプルなデザイン

実際にこのケースをiPhone Xに装着。

まず気付くのが装着時の簡単さ。この手のセミハードタイプのケースだと、ケース内部にiPhoneをはめ込むのに、少しケース縁を広げてむぅーっと傷付かないように押すという一連の動作が必要になることが多いです。

それに対して、AndMeshはiPhone Xをケース内部にセットするとスルッと入り込みます。本当に滑らかです。

適度なポリカーボネートの弾力性とマットな質感が相乗効果を発揮して、このような装着時のたやすさを生み出しているものと思います。

デザインはシンプルそのもの。ケース本体はiPhoneの縁や背面のみをシンプルに覆い、ボタン配置部やスピーカーグリルは大きく切り欠きがとられています。

 

 

ボタンはカバー上の擬似ボタンではなく、iPhone Xのボタンを直接使用することになります。本来のボタン操作感をそのまま利用できるのも良いですね。

カメラ縁も縦型配置のデュアルカメラ部をしっかりと囲っています。ジャストサイズ。

また、ケース縁は少し浮き上がっているのでiPhone Xの画面を下にしておいても、画面が直接触れません。机の上に伏せて置いても安心です。

 

装着後のフィット感は純正ケース並みに良好です。緩むような感じではなく丁度良い状態。

今回レビューしているカラーのマットクリアなら、装着時に背面のAppleロゴやiPhoneロゴが透けて浮かびあがるので、iPhoneらしさを損ないません。背面デザインも十分楽しめます。

背面デザインは透けなくなりますが、マットクリア以外にもカラー展開が豊富で全10色から選択可能。

お好みのカラーでiPhone Xをカスタマイズ出来ますよー!

耐衝撃性を持っているわけではないですが、シンプルにiPhone Xを日常的な傷から保護したいという、とりあえずケースをはめておきたい人にオススメのケースです!

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!