【レビュー】貼りやすさ抜群!iPhone 8 PlusにSpigen製ガラスフィルムを装着!滑らかな指触りもクセになる良さ!

どうも、NINO(@fatherlog)です。

iPhone 8 Plusを購入後これからの毎日の相棒になってもらうべく、ディスプレイの傷や汚れといった部分についてはしっかりと保護しておきたいところ。

特に購入直後ということもあり、毎日目にするディスプレイ面に関しては大きく心配ですよね。

今回は、 ディスプレイ保護用のガラスフィルムとして、Spigen製「GLAS.tR SLIM」を購入し装着したのでレビューします!

 

Spigen「GALS.tR SLIM」はiPhone 8 PlusやiPhone 7 Plus兼用可能

今回発売されたiPhone 8 Plusは、見た目自体はiPhone 7 Plusとほぼ同等。

デュアルカメラの位置やサイズ大きさまでもがほぼ変わらない大きさ。もちろんフロント面もホームボタン・ディスプレイサイズ、フロントカメラ位置も一緒です。

というわけで、Spigenのガラスフィルム「GLAS.tR SLIM」はiPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus兼用のモデル仕様になっています。

 

同梱物は、以下のとおり。

  • ガラスフィルム本体
  • クリーニングクロス
  • 液晶クリーナー
  • ほこり取りシール
  • 取扱説明書

 

装着してみる

では、早速取り付け作業開始!

説明書も日本語でちゃんと書いてあるので安心。

 

まずは、付属の液晶クリーナーを使って画面をキレイに優しく磨きます。ZEISS製のクリーナーかぁ。イイ感じにふけます。

 

続いて、クリーニングクロスを使って拭き上げます。

 

ほこりとりシールがあるんで、微細なほこりは取り除いておきましょう。

ぼくはシール使うのが厄介なんで、ブロワーで一気にやっつけました。

ブロワーて拭いてもホコリが舞ってまた落ちてきたらイヤなので、次の手順にGO!

スポンサーリンク

ガラスフィルムの装着が驚く程簡単!キレイ!

背面側の保護フィルムをとります。これもつまみが出ているので剥がしやすいです。

 

剥がした側をiPhone 8 Plusのディスプレイにそっと載せます。そぉーーっとです。

このフィルムをディスプレイ上に載せるときなんですが、マジで載せやすいです!!

上画像みていただくとわかるんですが、両側につまみがついていて、これを両手で持ちながホームボタンの位置、フロントカメラの位置等をしっかりとみながら場所を狙えるんですよね。

片側しかないと結構失敗する確率高くなるんですけど、両側つまみによって位置の狙いやすさは抜群です!!

 

フィルムってはりつけた時の気泡って気になりますよね。まぁフィルムの付きものです。

説明書をみると真ん中をトンと軽く押せば自然に貼りつくということで、トンと押しました。

すると・・・

 

じわーっと張り付いていき10秒ほどすると完全に張り付きます。

その様子はまるでフィルムが生きているかの様な光景です!圧巻!

 

ガラスフィルムがくっつきました。

この状態、先ほどの軽く置いてから真ん中を軽くおしただけの状態。後は触れていません。

 

置いて軽く押すだけでここまでキレイに張り付きます。

残った気泡は中心から外に押し出してあげるとキレイに抜けていきます。

フィルム表面は撥油コーティングが施されているので、指触りが滑らか!

フィルム貼っていない状態の裸のディズプレイのほとんど変わらなく、扱いやすいです。

ディスプレイって毎日何十回も何百回も触るもんなので、指触りって結構大事。

このフィルム最高ですわ!!

 

貼りやすさは抜群。指触りも滑らかで抜群。

フィルム貼るときに、「貼り方が難しいと悩んでいる人」や「気泡が気になってしょうがない人」にはぜひともオススメっす!!

5.5インチのiPhone 8 Plus/7 Plus兼用モデルと、4.7インチのiPhone 8/7兼用モデルもあります。

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!