【レビュー】USB機器を4台まとめて充電!「Anker PowerPort Speed 4」

どうも、NINO(@fatherlog)です。

iPhoneiPadApple Watchという感じで毎日使うモバイル機器にはUSB充電が欠かせません。Bluetoothのヘッドホンもそうですね。

これだけのUSB機器が増えてしまうとコンセント周りがアダプタまみれ。コンセント口数が足りないなんてこともあるかもしれません。

そんな時にオススメなのがUSB機器をまとめて充電できるアダプタAnker PowerPort Speed 4

年末に行われていたAmazonサイバーマンデーセールでAnker製品が特売されていたので購入したのでレビューします!!

QC3.0にも対応した多機能充電アダプタ

Anker」製品といえば、Amazonではもはや非の打ち所がないUSB充電ブランドですね。本体の箱にも「America’s Leading USB Charging Brand」なんて書いてありますから。ぼくも複数のモバイルバッテリーをはじめとしてかなり愛用しています。

今回のAnker製品は充電アダプタ。

実は以前、4つのUSB充電端子を搭載した「Anker PowerPort 4」を購入しているのですが、今回の「Anker PowePort Speed 4」はその進化版。

自宅内の複数箇所に設置したいと思うようになり、追加購入したという経緯です。

パッケージの中身はシンプルに充電アダプタのみ。他、取扱説明書とAnker製品恒例のHappy?Unhappy?カードもお出迎え。

PowerPort Speed 4 の特徴は、USB充電端子が4つあることに加え、一番上の端子1つがQuick Charge 3.0(QC3.0)に対応しているということ。

QC3.0対応機器で充電すると最大4倍の速さで充電できるという仕様です。驚異的な早さですね。

まぁ、ぼく自身はQC3.0対応製品は1つももっていないのですが、iPhoneがQC3.0に対応する日を待ちながら、いずれ役に立つ日は来ると信じてます。

Ankerではお馴染みのPowerIQとVoltageBoostという技術により、機器ごとに最適な電流値で給電してくれるので、フルスピード充電ももちろんできますよ。

Anker製品はここが良いですよねー。一度この速度で充電したらデフォルトのアダプタにはもう戻れない!

旅行にも必須なコンパクトアイテム

コンセントプラグは折りたたみ式ですっきりと正方形に収まります。

手のひらサイズのスッキリした形状で、そのままアダプタになっているので、持ち運びもかなり便利。

アレコレと持っていく旅行でも、コレ1台で大活躍してくれるアイテムです。

早速USBケーブルを挿してみました。

USB充電端子が複数搭載したこの手の製品でたまにあるんですが、端子と端子の間隔が狭すぎてUSBケーブルの脱着がしにくいものも中にはあります。あれ困るんだよぁ。

と、そんな心配をよそ目に、Anker PowerPort Speed 4は端子の間隔が狭いというこはなく、ケーブル1本1本が脱着しやすいです。

もちろん製品の仕様には、USB端子の間隔のことなど書いていませんが、ぼく自身は地味にこだわりたいポイント。

モバイルバッテリーとともに特定の充電ケーブルだけアダプタから抜いて持ち出すこともありますからね。

PowerPort 4とPowerPort Speed 4を比較

左が今回購入したPowerPort Speed 4で、右が前から愛用しているPowerPort 4。

大きさ的には大差ないですが、若干PowerPort Speed 4の方が大きい感じです。

端子は4つで同等。左のPowerPort Speed 4のみ一番上の端子がQC3.0対応しています。

今回ぼくはAmazonのタイムセール品となっていたので購入しましたが、QC3.0対応の製品を所持していなければ、PowerPort 4で十分だと思います。

コンセント周りが驚くほどスッキリ!

やっぱりこのアダプタはマジで便利!

3口あったコンセントも1つのアダプタにスッキリ納まります。かなり余裕ができました。

iPhone・iPad・Apple Watch・Bluetoothヘッドホンというように、4つの機器を同時充電できるの嬉しいポイント。

しかもフルスピード充電できるので、普通のアダプタに挿すより2倍近い速さで充電できますからね。言うことなし!!

コンセント周りがアダプタで溢れかえって困るという人にはオススメなアイテム間違いなしっ!

Quick Charge 3.0対応製品を持っていなければコレでも十分!!