【レビュー】iPad Pro 9.7インチ用の一体型ケースならコレが最強!ロジクール製「CREATE」は本体保護、キーボード搭載、使い心地も良い万能ケース![PR]

どうやら最強のiPadカバーに出会ってしまったかもしれない・・・

どうも、NINO(@fatherlog)です。

「iPad Pro」シリーズは、通常のiPadと比較すると性能が一回りも二回りも違います。

Apple Pencilによるペン入力、Smart Keyboardでの文字入力、より高速な処理能力を備えたCPUチップ、12メガピクセルのカメラ、4基搭載されたスピーカーなど、さまざまな項目で高性能を誇る仕様、それが「iPad Pro」です。

仕事で使う人も、プライベートで使う人も、フルクオリティでタブレットを使いこなすことができるんですね。

 

ぼくは、いつでも持ち運びできる手頃なサイズ感を重視して、12.9インチではなく、iPad Pro 9.7インチを愛用。

ただ、裸の純正製品のままでは、足りない要素があるんです。

 

それは、「本体保護」「キーボード入力」です。

 

今回、dripより提供していただいたロジクール製「CREATE for iPad Pro(9.7インチ)」は、これら2つの機能を完全に、そして完璧に補完してくれます。そして、それだけにとどまりません!

早速レビュー紹介します。

Let’s バリスタ!


drip

 

保護カバーと外部キーボードの一体型で一石二鳥

ロジクール(logicool)製の「CREATE for iPad Pro(9.7インチ)」は、保護カバーと外部キーボードの両方の役割をこなしてくれる超すぐれもの。12.9インチ用の「CREATE for iPad Pro(12.9インチ)」とはサイズ違いの製品です。

早速開けてみましょう。

一体型ケースを取り出して、手に持ってみるとそこまでの重量感は感じません。その重さは426g。

例えるなら、普段よく口にする500mlのペットボトル飲料よりも少し軽いくらいっていったらいいでしょうか。

iPad Pro 9.7インチの本体重量が444g(Wi-Fi+Cellularモデル)であることを考えると、コレとほぼ変わらない重量ですね。

保護ケースのフタを開くと、わかりやすいコンテ絵付きで装着方法が書かれています。コレ、かなり分かりやすいですよ。

ケース素材は、軽量でかつ頑丈な強度を持つポリカーボネート製

日常生活でのキズや衝撃といったリスクから、iPad Proを最大限に守ってくれます。

では、装着してみます!

 

iPad Pro 9.7インチをCREATEに装着、フィット感が抜群!

iPad Proをこの一体型ケースに装着する方法ですが、具体的にはケースに装着したあとに、Smart Connectorに接続するという2段階接続するタイプです。

先ほどのポンチ絵をみながらはめてみました。ポリカーボネート製のケースにiPad Proの角がカチッとハマります。

コレ、実際にはめてもらうとわかるんですが、iPad Pro本体のサイズと、CREATE(クリエイト)のサイズのフィット感がヤバいです。

よくわからないような安価なケースを付けたりすると、カポカポと隙間ができるような感覚を覚えることがあるんですが、CREATEは、本当にサイズ感がジャストすぎます!

 

こちらはカメラ部分。

12メガピクセルのiSightカメラ、LEDライト、カメラ隣のマイク端子といったiPad Proの各部品が、ケースに覆われることなく露出されながらも、部位の周囲がポリカーボネート製ケースでしっかりと保護されていますよね。

側面の3.5mmイヤホンジャックに対する穴の位置も完璧。いいですねー。イイ感じ。

 

側面ボタンの「+」「−」区別化で音量調節がしやすい

音量調節するときに側面ボタンをカチカチと押すと思うんですが、iPadってくるくる回してタテ・ヨコと縦横無尽に使えるんで、時として、ボタン上側=音量大、ボタン下側=音量小という方程式が成り立たなくときもあるんです。思った方と逆に働いてしまうというか・・・。

CREATEは側面のボタン部が「+」「−」という記号表記に加工されています。

このように視認しやすい記号式のボタンなので、音量調節も間違えることなくイケます。

 

Bluetooth接続が不要、「Smart Connector」でワンタッチ接続

CREATEは保護ケースだけでなく、外部キーボードとしても機能します。

接続は超簡単で、iPad Proならではの「Smart Connector(スマートコネクター)」端子にカチッと引っ付けるだけ。たったマグネットみたいに合わせてくっつける、それだけです。一瞬ですよ、一瞬。

他社のこの手のキーボードでよくあるのが、Bluetooth接続。

ペアリングするのに、ボタン長押ししたり、設定アプリいじったり・・・CREATEはそんな必要が全くなく、ワンタッチ接続で本当に楽です。

もちろん、Smart Connectorで接続したらすぐにキーボードが使えます!

キーボードの打鍵感は最高に心地よい

CREATEのキーストロークは1.5mmで調整されています。断面で見てみるとしっかりと深さがあることがわかりますよね。

実際にキーボードを叩いてみると、しっかりとした打鍵感が確かに指先に伝わりかなり快適!

とても、カバー一体型のキーボードとは思えないほどの出来映えです。

感覚的には、MacBook Pro 2015のキーボード打鍵感とほぼ変わりなし。

キーボード配列はUS配列で、ピッチが狭いことも無く、余裕をもった配置になっているので、指が狭くて打ちづらいとも感じませんでしたね。

この打鍵感なら外出先での作業でも、ホイホイとタイピングできますよ。普段のキーボードと感覚が一緒なので、違和感がないし、疲れない。

純正アクセサリーである「Smart Keyboard」と比較すると打鍵感の差は歴然。CREATEの圧勝ですわ。

 

iOSショートカットキーが便利すぎ

CREATEは一体型のキーボードなわけですが、キーボード最上段にある「iOSショートカットキー」がかなり便利なんです。

例えば右上の鍵マークのボタン、これはiPad Pro本体の「電源ボタン」の役割を果たします。画面消灯されていても、このボタンを押せばロック解除可能です。

ほかにも、iOSショートカットキーに「ホームボタン」もあります。音量調節やサイレントスイッチ、画面輝度の調整、再生/停止といった、あらゆるショートカットキーを搭載しているので、作業が効率化します。

Smart Connector接続していると画面をヨコ倒しにし、さらに斜めに設置しているので、電源ボタンやホームボタンってかなり押しづらいですよね。

このiOSショートカットキーで、キーボード押すだけでこれらコマンドをすべて実行できるので、便利この上ないです。

 

暗闇でも作業可能なキーボードバックライト付き

この機能、実は結構気に入ってます。

そう、CREATEのカバー一体型キーボードにはLEDバックライトを搭載しているんです。

暗いシーンでiPad Proの外部接続キーボードを使おうとすると、どうしてもキーボードバックライトは必要ですよね。

試しに、部屋の照明を全部落として光らせてみました。

ハイ、LEDライトでキーボードめっちゃ光ってます!!

しっかし、きれいだなー。光り方もなんか上品。

完全に真っ暗な世界にしても、これだけキーボードが照らされるので、全く不自由なく文字入力できますよ!

「夜に外出先の屋外で使用したい」「照明がかなり暗く調節された航空機内で使いたい」などなど、どうしても暗い場面で使用しなければならないといった時でも安心です。

 

Apple Pencilも一緒に携帯できます

iPad Proといえば、Apple Pencilを使ったペンタブ式な使い方が特徴なわけですが、Apple Pencilって本体は鉛筆大ですが、セットで持ち歩きたいと考えると、携帯製が意外と不便だったりすんですよねー。

「iPad Pro持っていたけど、Apple Pencil忘れたー」、こんな場面がよくあるんです。

 

CREATEには、Apple Pencil専用の収納スペースが搭載されています。

ゴム製のバンドはしっかりとした締め付け感があり、Apple Pencilが落下するようなこともありません。

ここにApple Pencilを忍ばせておけば、iPad Proといつでも一緒に携帯できるので、すぐに取り出して使用できます。

これで、Apple Pencilを忘れることもなし!!

 

iPad Pro使うならコレ!全ての機能が揃った完璧な一体型ケース

今回紹介したiPad Pro専用の一体型ケース「CREATE for iPad Pro(9.7インチ)」は、まさにiPad Proのために作られた優れた製品。

これまでCREATE(クリエイト)のいろいろな便利な点を記事中でレビュー紹介しました。

  • iPad Proにピッタリとマッチするサイズ感
  • 軽量で丈夫なポリカーボネート製ケース
  • 側面ボタンが使いやすい
  • Smart Connector使用でワンタッチ接続
  • キーボードの打鍵感が快適
  • iOSショートカットキーが便利
  • キーボードはバックライト搭載、暗闇でも使用可
  • Apple Pencilの収納スペースもあり

これらメリットをあげると、もはや「文句なしのiPad Pro専用万能ケース」という評価も過言でないです。これといったデメリットはないですね。強いて言うなら、価格がまぁまぁ高い設定になっているということかなぁ。

一体型ケースとして価格は高いかもしれませんが、これだけの機能を搭載し、満足いく使い心地を得られるのであれば、費用対効果も十分です。

「iPad Proのケース保護もしたいし、外部接続キーボードで効率よく入力作業もしたい!」なんていう欲張りな人には、このケースが本当にオススメです!!

12.9インチのiPad Pro用もありますよ!


drip

記事の評価で読者プレゼント!

記事の品質向上のためにこの記事の「記事評価」制度を取っています。下記のバナーよりアンケートにお答えいただき、記事のシェアをしてくれた方には毎月異なるプレゼントをdripよりお送りさせていただきます。皆さんの真摯な目でご評価をお待ちしております。


drip

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!