iOS11ではDock追加・ファイル管理アプリなどiPad向け新機能が豊富!【WWDC2017まとめ】

どうも、NINO(@fatherlog)です。

もう昨日になってしまいましたね、WWDC2017早いものです。

WWDC 2017で10.5インチ型iPad ProやiOS11がそれぞれ発表されたわけですが、イベントでは、これら2つの組み合わせによる新機能の紹介がありました。

iOS11では、Dock搭載・ファイル管理アプリが登場するなど、iPad向けの新機能が充実しています。

 

iPad Proの発表後、再びiOSでのiPad新機能について紹介

WWDC 2017では、iOS11の発表、そして、iPad Proの発表があった後に、「iPad×iOS11」の話へ。

「iOS11はiPad史上で最大規模のリリースとなる」と前置きがありました。

iOSというと、これまでfor iPhoneってイメージが強かったですからねー。

 

そうです!

Dockです!

 

iPadにDockが表示されるようになります。もはやmacOS化。

冷静に考えると、なんで今まで無かったのかが不思議なくらい。これは便利になるぞー!

 

画面上に2つアプリを表示して作業する、マルチタスクも可能になりました。本当にmacOS化。

 

そして、新しくファイル管理アプリ「File」が搭載されます。

個人的にコレ、前からずっーーーーと欲しかった機能。待っていました!!

Fileは、macOSでいうとこのFinderのiOS版みたいな感じです。

ドラッグ&ドロップで簡単にファイル管理が可能になります。

これは結構意外だなーと思ったんですが、外部ストレージとの連携もでき、File上で簡単に連続的にアクセスできるようになります。

Dropbox、Google Driveなどなど・・・ここまで連携してくれれば、相当便利ですね。さまざまなクラウドストレージをiPadから簡単に一元管理できるので、マジでやばいっす!!

スポンサーリンク

コントロールセンターやDockなど、iOS11は相当良い感じに仕上がってます!

 

iOS11では、iPad Proを使ってApple Pencilを使えば、さらに便利に。

メモ帳に追加された新機能「Instant Markup」をつかえば、PDF等のドキュメントにそのままメモ書きを書き加えることができるように。

 

スクショとって、メモ書きもできます。

 

文書中にも挿絵を簡単に入れられます。絵を描くと文字がよけてくれるんです。

 

個人的に「iPad Pro × iOS11」で一番感動した機能はコレ!

「Document camera」です。

Document camera(ドキュメントカメラ)は、手元にある紙媒体の資料をカメラで撮影します。すると、電子データとしてiPadへ取り込まれ、さらにここにApple Pencilで文字を書き入れることができます。

瞬時にアナログ資料をデジタル化して、iPad Proへ保存でき、文字編集もできる。

 

コレ、間違いなく最強ツールです!!

 

デモでは机の上に置かれた紙資料へ斜めにカメラを向けて取り込んでいましたが、iPad上で取り込まれると歪むこともなくすっきりと紙資料が表示されていました。画像認識技術もハンパないです。

 

まとめ

iPad Proの発表時にも心はちょっと揺れていたんですが、コレ、iOS11と組み合わせて初めてiPad Proが最強ツールになると感じました。

iPad Pro自体は発売されていますが、焦らずとも、iOS11リリースの2017年秋まで待つのも良いかもしれません。

これまでiOSアップデートは、どちらかというとiPhone寄りのイメージが強く、ここまでiPadに特化していたこともなかったので、今回、iOS11でiPad向け新機能が豊富なことは、大きく評価できることと思います!

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!