iPhone・iPadのバグフィックス、「iOS 11.0.3」がリリース開始

どうも、NINO(@fatherlog)です。

iPhoneやiPadのバグ修正が含まれる基幹OSである最新アップデート「iOS 11.0.3」がリリースされています。

先日、iPhone 8/8Plusの通話ノイズ問題を修正した「iOS 11.0.2」がリリースされたばかりですが、1週間でのアップデート配布となりました。

iPhoneやiPadのバグフィックスがメイン

iOS 11.0.3 はiPhoneやiPadのバグフィックスがメインで、iPhone 7やiPhone 7 Plusでオーディオや触覚フィードバックが作動しない問題や、Apple純正部品で修理されなかった一部のiPhone 6sで画面タッチ入力で反応しない問題に対応しています。

そして、リリースノートの中には、珍しく「注記」が記載。

内容としては、「非純正部品で修理した場合は正常な動作をしなくなる可能性があるため、画面修理はApple純正品で行うように」というもの。

確かにiPhoneの画面割れ修理はApple Careに加入していない場合、高額になってしまいます。

街角に増えてきた非正規店での修理対応は価格も安く目を引くモノがありますよね。

今回のように一部機種では画面機能が正常に動作していないことも確認されていることから、今後は純正部品を使った修理が望ましいと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!