【レビュー】夜のデスク照明にキャンプ用LEDランタンを採用したら一気にオシャレな空間に!

最近は子育てに忙しく、日中にデスク作業する時間がゆっくりと取れないため、自宅デスクに向き合える時間帯は、子ども達が寝静まった夜のみという生活スタイルに変わってきました。

そんな夜のデスク時間は、何だか言葉にできないような落ち着きがあって、ゆったりとした時間が流れるんですよね。心地良い時間です。

そんな夜のデスク空間をムーディーに演出してくれるアイテムとして、ベアボーンズリビングの「ミニエジソンランタン」を導入したので、レビューします!

目次

ベアボーンズリビング「ミニエジソンランタンLED」の外観

今回、デスクの手元照明に採用したのは、こちらのベアボーンズリビング製「ミニエジソンランタンLED」。

ベアボーンズリビングは、今回のLEDランタンはもちろん、ダイニングアイテムや、ファイヤーグリルアイテムなど、質の高いキャンプギアを多く展開しているブランドです。

ミニエジソンランタンLEDは、乾電池式の小型LEDランタン。

アンティーク調の仕上げで絶妙に落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

ランタン上部には、刻印されたプレート型ロゴがあり、これまたエモくて良い感じ。

ミニエジソンランタンLEDのスペック概要は以下のとおり。

LED出力5V 1.6W
ライトスペクトラム3000-3200K
明るさHigh:100ルーメン
Low:35ルーメン
USBmicroUSB
駆動単3型アルカリ電池×2
駆動時間High:5時間
Low:20時間

フィラメントが見えるLED電球のデザインもまた、レトロな大人の味わいを感じさせてくれます。

サイズ感的には手の平にちょこっとのる程度なんで、可愛い相棒感があります。

本体にmicro-USBケーブルが付属します。
充電はできないので、USB給電によって電池を使わず点灯する際に使用するもの。

照明の点灯駆動には、単3乾電池×2本を使用します。
充電駆動ではないため注意が必要です。

点灯するとエジソン球の温かみのある見た目が際だって、なんともイイ感じです!

ミニエジソンランタンLEDの良いところ(メリット)

夜間デスクの手元照明としてピッタリな明るさ。雰囲気もGood

夜の落ち着いた時間にデスク作業するとき、撮影するタイミング以外は基本的に照明を暗めにセッティングしています。

そんな時間帯では、デスクに置いた飲み物を取ったり、スマホやデスクガジェットをいじったりと・・・デスク手元にちょっとした明るさが欲しいと思う場面が結構あるんですよね。

そのちょこっとした照明に、このミニエジソンランタンLEDはベストマッチしていると感じます!

気持ち良いくらい丁度良いと感じられる落ち着いた明るさです。

アンティーク調のデザインで、照らしている様も抜群に映えるんで、味のあるエジソン球におっとり見とれてしまうような・・・そんな良さもあります。

必要に応じて2段階に調光可能

ミニエジソンランタンLEDは、LowモードとHighモードという2つの照度に切り替えられます。

こちらがLowモードの状態。

ミニエジソンランタンLEDの周囲20cmくらいを主に照らしてくれるような感じです。

こちらがHighモード。かなり明るいです。

煌々と力強く光り、本体のコンパクトサイズからはちょっと想像しがたいようなギャップを感じます。

周囲40〜50cmくらいが明るく照らされている状態です。

デスク作業する際の照明としては、Lowモードでも十分と思いますが、必要に応じて2段階に照度を切り替えられる機能はさまざまなシーンで活用できそうです。

ミニエジソンランタンLEDのイマイチなところ(デメリット)

充電式ではなく乾電池必須

ミニエジソンランタンLEDを点灯する場合、充電対応はしていないので、単3乾電池×2本をセットするか、USBケーブルで直接給電しなければなりません。

最近のコンパクトタイプのLEDランタンは、充電電池搭載であらかじめ点灯のための電力を蓄えておける製品が主流です。

2つの点灯方法を比較した場合、ケーブルレスで使った方がすっきりするので、乾電池をセットして使うユーザーの方が多いと思います。

アルカリ乾電池をセットした場合、Lowモードでの点灯時間は20時間。

1日あたり2時間使ったとしたら約10日間ほどで、単3電池2本を消費する計算です。

これは、使い切りタイプの乾電池だと、少し浪費しすぎてしまうように感じます。

そのため、単3乾電池で点灯させる場合は、充電式の単3電池を使うと良いでしょう。

僕は、しっかりとしたパワー出力が得られるPanasonic製のエネループプロを使っています!おすすめです!

microUSB対応なので互換性に乏しい

ミニエジソンランタンLEDの本体USB端子には、端子断面が台形であるmicro USB(Type-B)が採用されています。

ガジェットギアの主流は、USB-Cを採用する製品が多いなか、microUSBは互換性が乏しいように感じます。

そのため、前述のようにケーブルを接続させて使うよりは、充電式の乾電池を使ってケーブルレスに使う方が、よりスマートにデスク上で使いこなせるでしょう。

ミニエジソンランタンLEDはちょっとした照明におすすめ

デスクライトをしっかり照らしたい時とは対照的に、ミニエジソンランタンLEDを設置したデスクでは、ちょっぴり落ち着いた大人の雰囲気を演出してくれます。

特に夜の時間帯にゆったりとしたデスクタイムを過ごしたいというような人にはピッタリなランタンです。

ミニエジソンランタンLEDのおすすめポイント

  • デスクのちょっとした手元照明として最適
  • 夜間のデスクタイムを良い感じに演出
  • 充電式の乾電池を使えばケーブルレスでスッキリ
  • アンティーク調でオールドなデザインがおしゃれ
  • 使うシーンによって明るさ2段階切り替えが可能

キャンプで使うのはもちろん良し!

そんなキャンプ用のLEDランタンをぜひデスクシーンでも使ってみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

▼MONOTIVE記事をSNSでシェアする▼
目次
閉じる