【レビュー】毎日持ち歩きたいコンパクト&パワフルなモバイルバッテリー「RAVPower RP-PB186」

スマホやタブレット端末を使う生活において、もしもの時の予備電源として活躍する「モバイルバッテリー」は外出時の必携アイテムといっても過言ではなく、切っても切り離せない存在です。

重たくてかさばるイメージがあるモバイルバッテリーですが、毎日持ち出すのであれば、充電のパワフルさと同時にモバイルバッテリー本体のコンパクトさも考慮したいもの。

RAVPowerより、10,000mAh/最大18W出力/USB-PD対応で、コンパクトかつパワフルなモバイルバッテリー「RAVPower モバイルバッテリー RP-PB186が登場しました。

今回はこのモバイルバッテリーRP-PB186を提供していただいたのでレビューします!

「RAVPower モバイルバッテリー RP-PB186」の主な特徴やスペック

スマホを毎日使っていると、動画や写真を撮ったり、SNSみたり、時にはマップアプリでナビ使ったりと、なんだかんだでバッテリーを消費しまいがち。

そんなにスマートフォン使用頻度が多くない僕自身も、iPhone 11 Proを使う毎日を見てみると、日中終わり頃にバッテリー切れに遭遇することを多々経験しています。

そんなことから、「挿すだけで急速充電ができて、なるべくかさばらないコンパクトなモバイルバッテリーが欲しい」という需要は高いものと思います。

「RAVPower モバイルバッテリー RP-PB-186」のバッテリー容量10,000mAhで普段使いできる丁度良い電池容量

本体には、USB-PD対応のUSB-Cポート×1、最大18W出力のUSB-Aポート×1を搭載し、何より低価格を実現したモバイルバッテリーです。

RAVPower モバイルバッテリー RP-PB-106」の主な特徴やスペックは以下のとおり。

RAVPower モバイルバッテリー RP-PB-106」の主な特徴・スペック

  • 10,000mAhという丁度良い電池容量
  • 標準的なスマホで約2回充電可
  • わずか約187gという超軽量感
  • 約 111 x 51 x 25 mmで手の平コンパクトサイズ
  • 最大18W出力のUSB-Cポート×1(USB-PD対応)、最大18出力のUSB-Aポート×1、計2ポート搭載
  • スマホ・タブレット・ノートPC・ゲーム機器など充電用途は様々
  • 最大出力は各USB端子18Wずつ。同時充電なら合計で最大17W
  • EV車にも使われるLG化学製の高品質リチウムイオン電池搭載
  • バッテリー残量表示(4段階LED)
  • 18ヶ月保証付き

10,000mAhという普段使いに理想な容量・サイズ感

モバイルバッテリーは基本的に外出先に持ち出して使用するという性格があるため、そのサイズ感はモバイルバッテリーを選ぶ上でとても重要な要素となります。

5,000mAh程度だと直ぐに電池切れ・・・20,000mAh以上となるとちょっと大きすぎる・・・

そのような背景を考えると、10,000mAhというモバイルバッテリーの電池容量は、サイズ感とスタミナのバランスが取れた値であると思います。

ニノ

サイズも電池容量も「ちょうど良い」,これぞバランス型ですね!!

iPhone 11 Proとサイズ感を比較してみたのがこちら。

サイズ感の違いは一目瞭然。

本体サイズは長辺(上画像で縦方向)でも111mm、短辺(上画像で横方向)で51mmなので、数値からみてもかなり小さいことがわかります。

重量もわずか約187gのなので、500mlのペットボトルと比較すると約半分以下の重さです。軽い!

カバンやポケットの中に入れても全く気にならないサイズ感です。

外観チェック

前後しましたが、一通り製品の外観廻りもチェック。

マッドカラーな本体でブラックカラーに統一。飽きのこないシンプルなデザインが特徴です。

側面には、4段階表示のLEDインジケータがあり、電池残量を把握できます。

製品仕様で書いたとおり、本体は最大18W出力のUSB-PD対応USB-Cポート×1と、最大18W出力対応のUSB-Aポート×1を搭載しています。

裏面には製品の仕様がびっしりと書かれていますが、しっかりとPSEマーク認証もあります。

この手の海外製品ではPSEマークがなく爆発事故につながるような危険な製品もありますが、しっかりと電気用品安全法に適合しているので、安心して使えます!

「RAVPower モバイルバッテリー RP-PB-186」を使って充電してみた!

では「RAVPower モバイルバッテリー RP-PB186」のバッテリー性能はいかほどか?

早速、身の周りの機器を使って充電検証してみました!

iPhone 11 ProをUSB-Cポートで急速充電

iPhone 11 ProをUSB-Cポートを使って充電してみました。

電圧9.12 V
電流1.66 A
電力(出力)約15.1 W

測定結果は約15.1W。イイ感じです!

RP-PB186の定格出力が最大18Wなので、最大値までとはいかなかったものの、定格に近い出力が出ていることが確認できました。

USB-PDによるiPhoneの急速充電は便利な機能なので、このコンパクトなモバイルバッテリーで手軽に急速充電環境を実現できるのは本製品の大きなメリットと思います。

iPhone 11 ProとAndroid端末(Galaxy A7)を充電

USB-CとUSB-Aの2ポートを同時に使って充電してみました。

測定結果はこんな感じ。
USB-Cの電流計しか所持していないため、USB-Cポートで充電したiPhone 11 Proの出力のみ確認しています。

電圧5.19 V
電流1.66 A
電力(出力)約8.6 W

2ポート同時使用時の最大出力は17Wなので、ちょうど半分ずつくらいの出力に分けられたのでしょうか。

USB-Cポート側で充電していたiPhone 11 Proの充電数値は約8.6Wでした。

2倍すると約17Wとなるので、ほぼ定格の値で充電できていたと思われます!

iPhoneの標準充電出力が5Wなので、2台接続であっても通常よりも速い充電ができていますね。

ニノ

控え目に言っても便利っすゎ!!

まとめ:毎日持ち歩きたくなるバランス型モバイルバッテリー

モバイルバッテリーはいざという時に手元にあると通信ライフラインを救ってくれる重要なアイテムです。

極力小さなモバイルバッテリーであれば、持ち出す億劫さもなくなり、普段の生活に溶けこんでくれるものと思います。

RAVPower モバイルバッテリー RP-PB186」は、電池容量とコンパクトさの相反する2要素のバランスが取れたモバイルバッテリーとして構成され、普段使いするモバイルバッテリーとしてサイズ感・性能ともに最適です!

“毎日持ち歩きたくなるモバイルバッテリー”を、ぜひ使ってみてください!

FatherLog中の人:NINO(ニノ)

Mac、iPhoneを始めとしたApple製品をこよなく愛する30代。大のディズニー好きでブログではディズニー成分が濃くなることも。2児の父親。

詳しいプロフィールはこちら