【レビュー】自宅ネット接続を安定して広範囲化できる万能メッシュWi-Fiルーター「TaoTronics TT-ND001」

自宅のWi-Fiは、データ容量を気にすることなくいつでも使い放題、どんな機器でも安心してネット接続できる、今のデジタル社会では欠かせない環境です。

自宅のWi-Fi環境唯一の欠点は、アクセスポイントから離れた奥まった部屋では電波が届きにくい場合があること。
2階建ての戸建て住宅等でよくある問題です。

編み目上にWi-Fiのネットワーク網を設置できる「メッシュWi-Fi」という機能があれば、この問題を解決できます!

今回はリーズナブルかつ実用的なガジェット製品を手がけるブランド「TaoTronics」より、「メッシュWi-Fiルーター「TaoTronics TT-ND001を発売に先立って提供してもらいました。

メッシュWi-Fiルーターの使用感や通信速度の実測など、同製品のレビューをお届けします!!

メッシュWi-Fi「TT-ND001」の概要

「TaoTronics TT-ND001」は、複数台の同製品を設置することで、メッシュWi-Fiと呼ばれる編み目上のWi-Fi通信網を築くことができるWi-Fiルーター。

このメッシュWi-Fi機能により、これまで届かなかったような自宅の奥隅々までWi-Fiの電波が届くよう行き渡らせることが可能になります。

1台でカバーできる範囲は230㎡とされ最大200台まで増設できるため、かなりの広範囲にWi-Fi環境

「TaoTronics TT-ND001」の主な特徴やポイントは以下のとおり。

  • 複数台設置によるメッシュWi-Fi機能で接続範囲を最大化
  • 最大200台まで増設可能
  • デバイス間接続:2.4GHz(11n 400Mbps)、5GHz(11ac 866Mbps)
    ルーター間接続:5.8GHz(11ac 1733Mbps)
  • Bluetooth5.0対応
  • USB3.0×1ポート、有線LANポート×3
  • iOS/Android対応の専用アプリで簡単セットアップ

白色を基調とし丸味を帯びた本体は一見Wi-Fiルーターっぽくないようなシンプルなデザイン。

金属製ではないですが、シルバーメッキ色をまとったプラスチック製の足部分が、どことなくそんな気取らないデザインを主張してるようにも感じます。

リビングなどインテリアを問わず、うまく室内環境に馴染んでくれそうです。

2台セットモデルの場合、Wi-Fiルーターが2つ、電源ケーブルも2つ、LANケーブルのみ1本が同梱されています。

説明書は世界共通仕様ですが、日本語表記もしっかりとあるので、慣れていない人でも安心してセットアップできるかと思います。

本体背面には、WANポートに加え有線LANポートを3ポート、NASなどを接続できるUSB3.0対応のポート1つを備えています。

1点気になる点があり、本製品は2020年後半の製品でありながら、最新の高速規格であるWi-Fi6(11ax)には対応していません。

現状の最新高速スペックに対応していないことに注意しましょう。

Wi-Fiルーターの設定は、iOSやAndroidに対応した専用アプリを使ってBluetooth接続でできるため、PCを介することなく、簡単なセットアップが可能です。

設定項目も多岐に亘り、たまに遊びに来る来客ようのWi-Fiゲストネットワークを設定したり、AIシステム最適化や再起動など、全てアプリから操作が行えるので、Wi-Fiルーターの管理作業がとても便利です。

TaoTronics製メッシュWi-Fiで通信速度測ってみたら、80倍も速くなった!

我が家は2階建ての戸建て住宅。

建物上下を繋ぐ階段がある2階廊下部分が家屋中央付近に該当するため、ここにBAFFLAO製のWi-Fiルーターを設置しています。

このWi-Fiルーターを、今回の「TaoTronics TT-TD001」メッシュWi-Fiに交換。さらに1階の中央部分にも2台目のWi-Fiルーターを設置し、メッシュWi-Fi環境を構築してみました。

iPhoneを使い、いつも電波が届きにくかったような1階の奥まった部屋に移動したところ、Wi-Fiの電波を3本MAX状態で受信!すごいです!!

いつもはその奥まった部屋では2本電波受信なので、3本アンテナが立ったのは初めて。
(昔でいう「バリ3」(死語)ってヤツです。知ってます!?笑・・・)

そして気になる通信速度はというと・・・

下りダウンロード回線で389Mbps、上りアップロード回線で170Mbpsという結果です。

プロバイダーや地域性により、ユーザー間でかなり差があるとは思いますが、僕個人レベルではこの測定結果はかなり驚きのスピード。

速すぎてとてもビックリしました!!

というのも、普段使っているBAFFLAO製ルーターによるWi-Fi速度を測定するとこんな感じ。

下り4.8Mbps、上り1.4Mbpsでした笑 さすがにこれはヤバい。

もはや格安SIMじゃないかってレベルで、とてもフレッツ光回線の通信速度ではないと思いますが、これが現実でした。

もしかしたらルーター自体に問題があるのかもしれませんが・・・。

とはいえ、同時間帯で測ってメッシュWi-Fiと既存ルーターでコレだけの差が出ることには、本当に驚きました!

これからは宅内どこでも快適かつ高速なWi-Fi利用ができそうです。

まとめ

我が屋での検証結果から、メッシュWi-Fiルーターの接続範囲の拡大っぷりと通信速度の高速化にとても驚きました!

既存の通信回線を変えることなく、Wi-Fiルーターを替えるだけでコレだけ差が出るものとは・・・。

宅内のWi-Fi電波が届きにくい」「Wi-Fiが安定していない」と悩みがあるユーザーには最適です!

間違いなくメッシュWi-Fiの効果で、その問題を改善できることでしょう。

本体は単体での購入もできますが、2台セットでのパッケージも有り。

メッシュWi-Fiのメリットを活かすのであれば、2台セット購入するとすぐにでもメッシュWi-Fi環境を自宅で簡単にセットアップできるのでオススメです!

FatherLog中の人:NINO(ニノ)

Mac、iPhoneを始めとしたApple製品をこよなく愛する30代。大のディズニー好きでブログではディズニー成分が濃くなることも。2児の父親。

詳しいプロフィールはこちら