Innergie 45H レビュー|360度回転プラグで設置場所に困らない!ストレスフリーなUSB-C/A対応アダプター

スマホやタブレットなどを充電する際、コンセント周りが混み合い過ぎて、アダプター取付位置に困った経験はないでしょうか!?

アダプターを壁面のコンセントプラグ穴に差し込むものの、アダプターUSB端子が意図していた方向とは別になり、USBケーブルが挿しにくい等々・・・

こんな問題を解決してくれるアダプターが、充電アクセサリーブランド「Innergie」より登場!

今回は、電源プラグが360度回転しコンセント周りの設置位置がストレスフリーになる「Innergie 45Hのレビューをお届けします!

本記事はメーカー製品提供によるPR記事です。
※MONOTIVEではPR記事であっても、ありのままの使用感を忖度なくレビューしています!!

目次

充電アダプター「Innergie 45H」の主な特徴やスペック・外観

Innergie 45Hのパッケージ外観
Innergie 45Hのパッケージ外観

Innergie」は台湾に本社を置く世界的な電気機器メーカーである「デルタ電子」が展開する充電アクセサリーブランド。

今回レビューする「Innergie 45H」は、”あらゆる機器を1台のアダプターで充電する”をコンセプトにした同社のOne For Allシリーズの1製品です。

なお、One For Allシリーズの他アダプターは、以下別記事にてそれぞれレビューしていますので参考にどうぞ。

あわせて読みたい
【レビュー】Innergie C6 DUO|USB-C機器を2台同時充電できるコンパクト型63Wアダプター USB-C端子の需要は伸びるばかり… MacBook Air/ProやiPad Air/Proなど、近年のApple製品はUSB-C端子を搭載した製品が随分と多くなってきました。 iPhoneも同じく、iPhone...
あわせて読みたい
Innergie 60C Pro/C6レビュー|コンパクトながらMacBookも充電できるUSB-C対応60Wアダプター 機器を効率良く充電できる高出力のUSB-Cアダプターは、その出力が大きくなると、比例的にアダプターサイズ自体も大きくなりがちです。(Apple純正の充電器はこの傾向が...
あわせて読みたい
【レビュー】Innergie C3 Duo|USB-Cを2端子同時使用できる超ミニマル急速充電器 USB-C端子を搭載したアダプターは、かなりの割合で「単ポート(1ポート)搭載のみ」という製品が多く、機器1つに対してアダプターが1つ必要になります。 そのため、充電...

さて、本題に戻りまして…
「Innergie 45H」の主な特徴及びスペックは以下のとおりです。

Innergie 45Hの主な特徴
  • 電源プラグが360度回転可能でコンセント周りスペースを有効に活用
  • 最大出力45W(単ポート)
  • ミニマルなサイズ感
  • USB-C/A端子をそれぞれ1つずつ搭載
  • USB-PD3.0(PPS)・QC4.0対応
  • 海外対応プラグ(別売)と互換性あり
スクロールできます
出力端子USB-C×1
USB-A×1
出力単ポート:最大45W
2ポート同時:
30W(USB-C)+12W(USB-A)
サイズ高さ 56mm
横幅 56mm 
奥行き28mm
重量96g
対応規格PD3.0(PPS)
QC4.0
海外コンセント対応
(変換プラグ対応。ただし変換プラグは別売)
付属品日本国内プラグのみ
Innergie 45Hの主な仕様
Innergie 45Hの本体一式
Innergie 45Hの本体一式

こちらがパッケージの中身一式。

Innergie 45Hのアダプター本体と日本国内で使えるAタイプの変換プラグが付属しています。

Innergie 45Hのアダプター本体(正面)
Innergie 45Hのアダプター本体(正面)

アダプター本体は白を基調としたスッキリとしたデザイン。

Innergie 45Hのアダプター本体(側面)

こちらはアダプター本体の側面。

使用には特に影響はないですが、プラグ方向に向かってアダプター本体が斜めに切り込まれているので、側面で立たせると垂直にならず斜めな感じになります。

使用時は国内対応プラグを取り付ける
使用時は国内対応プラグを取り付ける

搭載端子はUSB-C×1とUSB-A×1の合計2ポート。

さらに、電気用品安全法の準じたPSEマーク表記があり、日本国内でも安心して使えます。

コンセント接続するには、同梱の日本国内プラグをアダプター本体へ回し込んで取り付けると使えます。

「Innergie 45H」の電源プラグは360度回転できる!

最大の特徴は360度回転できる電源プラグ
最大の特徴は360度回転できる電源プラグ

Innergie 45Hの最大の特徴は、コンセント接続する電源プラグ部分を360度自由に回転できること。

海外コンセントにも対応できる取り外し可能なプラグ構造のメリットを最大限活かした感じです。

Innergie 45Hの電源プラグ部分
Innergie 45Hの電源プラグ部分

通常のアダプターはこんな電源プラグ状態ですよね。

これを回転させてみます。

Innergie 45Hの電源プラグ部分を回転させてみる
Innergie 45Hの電源プラグ部分を回転させてみる

こんな感じで、取り付けた電源プラグをつまんで簡単にくるっと回せます。

電源プラグ回転後
電源プラグ回転後

回転させました。

これで元の状態から90度回った状態です。

先ほどとプラグの向きが変わっているかと思います。

これではちょっと回転した効果が分かりにくいので、実際にコンセントに挿した状態での回転前後を見てみましょう。

コンセント接続したアダプターの電源プラグ回転前
コンセント接続したアダプターの電源プラグ回転前

電源プラグ回転前にコンセント接続したUSB端子方向が上画像のような状況だとします。黒いコンセントタップと平行にUSB端子方向が向いていますね。

これを回転させると…

コンセント接続したアダプターの電源プラグ回転後
コンセント接続したアダプターの電源プラグ回転後

はい、90度回転させました。

USB入力端子方向が、黒いコンセントタップの平行方向から垂直方向へ変わったことが分かると思います。

アダプター本体をコンセント接続した後、ケーブルが上手く処理しきれない時にも、自由にケーブル取り回しが出来て便利そうです。

「Innergie 45H」の充電出力を実際にチェック!

Innergie 45Hの充電出力を検証
Innergie 45Hの充電出力を検証

45W出力(単ポート使用時)を持つ「Innergie 45H」の実際の性能はいかほどか!?

iPhone 13 Pro Maxと12.9インチiPad Proを充電してみて、瞬間的な充電出力を検証してみます。

なお、それぞれ最大出力状態を確実にチェックしたいので、充電に使うiPhone 13 Pro Maxと12.9インチiPad Proは、いずれも充電残量10%以下にしてあります。

では検証!

まずはiPhone 13 Pro Maxを単ポートでUSB-C充電してみます。

iPhone 13 Pro Max充電の出力検証
iPhone 13 Pro Max充電の出力検証

USB-C端子を単ポート利用した場合の検証結果は、
9.14V×2.90A→約26W

iPhoneの急速充電に必要な出力が十分に出ている結果です。

続いて、iPad ProをUSB-Cポートで単独充電してみます。

iPad ProをUSB-Cポートで単独充電
iPad ProをUSB-Cポートで単独充電

検証結果は、
15.1V×2.11A→約32W

こちらもiPad Proを高速充電するだけの十分な出力を確認しました!

つづいて、USB-AポートでiPhone 13 Pro Maxを単ポート充電してみます。

USB-AポートでiPhone 13 Pro Maxを単ポート充電
USB-AポートでiPhone 13 Pro Maxを単ポート充電

検証結果は、
4.75V×1.75A→約8W

定格出力が12Wなので、さすがにUSB-A接続だとこれくらいが限界なのかと思います。十分な結果です。

最後に、USB-C端子とUSB-A端子を同時に使って、iPhone 13 Pro Maxと12.9インチiPad Proを同時充電した際の出力を確かめてみます。

2端子同時充電検証(USB-C)
2端子同時充電検証(USB-C)
2端子同時充電検証(USB-A)
2端子同時充電検証(USB-A)

USB-C(12.9インチiPad Pro充電):
15.1V×1.89A→約29W

USB-A(iPhone 13 Pro Max充電):
4.85V×1.87A→約9W

同時使用時の定格出力は30W(USB-C)+12W(USB-A)なので、いずれも定格に近い出力で充電できていることが検証できました。

「45W出力」という値は、iPhoneのようなスマホ端末や、iPadといったタブレット端末を効率良く同時充電できる丁度良い出力でかと思います!

Innergie 45H レビューまとめ|コンセント周りのケーブル取り回しが自由になる”ちょうど良い”アダプター

コンセント周りのケーブル接続が自由になる"ちょうど良い"アダプター
コンセント周りのケーブル接続が自由になる”ちょうど良い”アダプター

ユーザーによってさまざまな状況になっているコンセント周り事情ですが、充電が必要なモバイル端末が増え続けている今の生活からすると、コンセント周りが充電アダプターだらけで修羅場になっている人もいるのではないでしょうか!?

Innergie 45H」なら、コンセントプラグを設置場所に応じて自由に回転できるため、スペースの取合いで修羅場になりがちなコンセント周りをきっと解決してくれるでしょう!

さらに、USB-C端子とUSB-A端子をそれぞれ搭載しているので、新型の機器だけでなく、従来の機器などユーザーが所持しているであろう新旧さまざまな機器への充電ができ、汎用性が高い点も魅力です。

コンセント周りのスペース取合いに悩んでいる人はぜひ「Innergie 45H」をチェックしてみてください!

あわせて読みたい
【レビュー】Innergie C6 DUO|USB-C機器を2台同時充電できるコンパクト型63Wアダプター USB-C端子の需要は伸びるばかり… MacBook Air/ProやiPad Air/Proなど、近年のApple製品はUSB-C端子を搭載した製品が随分と多くなってきました。 iPhoneも同じく、iPhone...
あわせて読みたい
Innergie 60C Pro/C6レビュー|コンパクトながらMacBookも充電できるUSB-C対応60Wアダプター 機器を効率良く充電できる高出力のUSB-Cアダプターは、その出力が大きくなると、比例的にアダプターサイズ自体も大きくなりがちです。(Apple純正の充電器はこの傾向が...
あわせて読みたい
【レビュー】Innergie C3 Duo|USB-Cを2端子同時使用できる超ミニマル急速充電器 USB-C端子を搭載したアダプターは、かなりの割合で「単ポート(1ポート)搭載のみ」という製品が多く、機器1つに対してアダプターが1つ必要になります。 そのため、充電...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

▼MONOTIVE記事をSNSでシェアする▼

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる