ディズニーの貸切イベント開催日は混雑と無縁!超絶ガラガラで快適度Max

2019年になり新年早々、年間パスポートをもってディズニーリゾートて行ってきました。

普段あまり行くことのない夢の国ディズニーリゾート。めいいっぱい楽しむなら、誰しもがパーク内が空いている方が嬉しいことに違いはありません。

我が家では、子どもの幼稚園があるため、基本的には土日祝日といった世間一般的な休みの日にしかインパできないこともあり、いつもパーク内は大混雑。

最近は平日もガッチガチに込んでいるみたいですけどね。

今回、2019年の1月4日、5日、6日と3日間滞在しましたが、最初の2日間は年末年始休みということもあり、終日大混雑していたことは言うまでもありません。

  

ところが!!!

  

異変は6日(日)に起きました!

ディズニーシー(TDS)の閉園時間が「18時30分」

滞在最終日となった1月6日。

新潟まで帰らなければならないため、本当ならば昼過ぎには切り上げて帰ろうと考えていました。

しかし、気付いたら閉園までずっといました!!

その理由は・・・

  

パーク入り口につくと通常はあまり出くわすことのない開園時間が異なるアナウンス。

内容は「18時30分で閉園」ということ。

どうやら、デルモンテ飲料やキッコーマンのキャンペーンで10,000名を招待したディズニーシー貸切イベントが開催されていたみたいです。

キッコーマン公式サイトより引用

貸切イベントは平日に開催されることが多いので、土日での開催はかなり珍しい方ではないかと。

  

通常は22時まで開園しているので、1日がっつりとパーク内で楽しみたい人にとっては、夜の3時間30分がなくなってしまうのはちょっと物足りないですよね。

ワンデーパスポートを購入してパークへ行こうとするならば、開園時間が短い日は避けようとするのが一般的かと思います。同じ金額払って滞在時間が短くなってしまうと何だかもったいなく感じるのは当然です。

その結果、パーク内はいつもの混雑からは想像できないほどの閑散ぶり!!

土日だと100分超えの人気アトラクションが5分待ちのオンパレード!(トイマニ除く)

閉園時間が短いのでゲストがあまり来たがらないのか、パーク内は本当に空いていました。

開園1時間後の朝9時でザンビーニ前はこんな感じ。あきらかに人が少ない。

角度変えてココなんか誰もいない・・・。

んで、気になるアトラクションの混雑状況は・・・

  • センターオブジアース 5分
  • インディージョーンズ 5分
  • レイジングスピリッツ 5分

その他、ニモ&フレンズシーライダーやタワーオブテラーも5分待ちがほとんど。

お昼くらいになると20分ほどの待ち時間になるものもありましたが、通常の100分超えの待ち時間から比較すると比べものにならないくらい空いていることがわかります。

ただし、トイストーリーマニアだけは相変わらず異常、100分待ちがずっと続いている状況でした。18時30分閉園だけあってファストパスは8時20分頃には発見終了。あれって何であんなに人気なんですかね。まぁ楽しいけど。

日が暮れてきた夕方になるとさらにパーク内は空いている状況が加速します。

アメリカンウォーターフロントでこんな感じ。

ほとんど人が居ない。本当に信じられなかったです、この状況。

 

トイマニ前だけは少し人がいました。でも、いつもの状況からすると考えられない光景です。

何だか寂しい気もしますが、空いているパークだと、移動時も楽。

アトラクションも待ち時間少なく乗れるので、子ども連れの家族にもピッタリです。

貸切イベント開催時は、パーク内が混雑緩和しやすい!?

今回、たまたまTDSにインパしたのが貸切イベント開催の日と重なり、短縮営業日を初めて体験してきました。

18時30分でいつもより3時間以上も短い開園時間でしたが、コストパフォーマンスは10倍、いや、それ以上のものがありますよ!

貸切イベントはしょっちゅう開催されているわけではないですが、混雑回避を狙ってあえて貸切イベント実施の短縮営業日を狙っていくという作戦は全然アリかと思います!

いつも込んでいるディズニーはちょっとなぁ・・・という人は、営業時間を確認してみてから、インパすると良いかもしれませんよ!

ABOUTこの記事をかいた人

30代2児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。