体験者がまとめるTDR35周年”ハピエストサプライズ”をもらうコツ!実際に選ばれた体験レポまとめ

東京ディズニーリゾートは、東京ディズニーランドが開園35周年を迎え、お祝いムード真っ只中。

もちろん、東京ディズニーランド(TDL)だけでなくお隣の東京ディズニー・シー(TDS)も35周年モードになっているので、両パークとも連日賑わっていますよね。

そんな記念すべきイヤーの両パークにて「ハピエストサプライズ」というイベントが開催されていることはご存知でしょうか!?

ディズニー好きの人にはもう周知のイベントかもしれませんね。

キャストさんから偶然選ばれることにより「ハピエスト」な「サプライズ」を体験できるこのイベント。

先日、TDSにインパした際に、幸運にも我が家族が「ハピエストサプライズ」に選んでいただきました!

今回は、その時の体験談をお話します!

 

ディズニー35周年の記念イベント「ハピエストサプライズ」、その内容とは!?

TDL開園35周年を記念して開催されている東京ディズニーリゾート35周年の記念イベント「Happiest Celebration!」。2018年4月15日から2019年3月25日までの約1年間開催されています。

このイベント期間中に、ゲスト総勢35万人に対して「Happiest」になれるような体験をTDL・TDS両パークのキャストさんがプレゼントしてくれるというものが「ハピエストサプライズ」です!

具体的には、35周年のロゴがデザインされた限定記念メダルと同時に、グッズ引換券、ファストパス、グリーティングの招待券、レストランの食事券など、あらゆる種類のプレゼントのいずれかがもらえるという超ステキなイベントなんです。

 

ハピエストサプライズの当選確率は!?

ハピエストサプライズはキャストさんによって選ばれるもの。その当選確率はかなり狭き門となっています。

実際に計算してみましょう。

 

期間中35万人ということなので、 開催日の345日で割ると、1日あたり約1014人。

TDS・TDL両パーク合計ということなので、1パーク単位では1日あたり約507人です。

2017年の入園者数データを見ると365日間の両パーク合計で30,100,000万人なので1パークの1日あたりゲスト数は、

30,100,000÷2÷365=約41,232人

 

つまりハピエストサプライズの当選確率は・・・

 

507(人)÷41,232(人)×100=約1.2%

 

100人いて1人やっとあたるという確率です。かなり希少なイベントであることがわかりますね。

とはいえ、当たる可能性が0ではないので期待はもっていいと思いますよ!

ハピエストサプライズに選ばれた時の実際の体験談! もらうにはどうしたら良いか

当選確率がかなり貴重であることがおわかりいただけたと思います。

我が一家は新潟県住まいの田舎者ですが、ディズニーが好きなため、両パーク共通の年間パスポートを家族で持っています。

遠方なので月1か2でインパするのが限度。もちろん、このハピエストサプライズのイベントは知っていましたが、選ばれることはなかなかありませんでした・・・。

そして、35周年イベント開始後12回目インパのTDSにて、遂にそのときが!!!

 

ガリオン船「ルネサンス号」付近で・・・

我が息子達は5歳と1歳。

乗れるアトラクション自体も少なく、長時間ならぶことを嫌がることからファストパスを取った時以外は、アトラクションにのることはほとんどありません。

というわけで、メディテレーニアンハーバーの奥にあるガリオン船「ルネサンス号」付近でいつも遊んでいます。

上画像でいうとピンク枠のところにある海賊船です。

特に待ち時間もなく、海賊になった気分で船の中を探検できます。子ども達一番のお気に入りスポット。

大砲も打てます。音もかなりリアル。

装飾品も海賊船そのもの。すごい世界感なんですよ。

と、こんな感じの楽しいところなんです。

なんといってもここ近辺はディズニーの混雑とは無縁の場所。伸び伸びと子ども達が遊べます。

時にはあの夏のイベント「パイレーツサマーバトル」でお馴染みのジャック・スパロウがグリーティングに来ることもあるんですよ!

と、まぁ本当にステキな場所なんですよ。ここは。

こちらの場所にも定期的にキャストさんが回っているのですが、まさかハピエストサプライズをしてくれるキャストさんがいるとは思っていませんでした・・・。

あるキャストさんが海賊のコスプレをしている我が子に「カッコイイねぇー!!」と声かけしてくれたのをきっかけに5分ほどディズニー談義をしていたところ・・・

キャストさん「あっそうだ!お兄ちゃん!あのさ、今日はお姉さんからプレゼントがあるんだ〜」

僕&嫁「(まっ・・・まさか・・・!?!?!?)」




もらいました!!!

 

 

 

35周年ロゴがデザインされた限定メダルと、もう1つはファストパス・チケット!

まさにハピエストサプライズ!!!!

 

対象のアトラクション(タワーオブテラー、センターオブジアース、インディージョーンズ、レイジングスピリッツ)は、5歳の子どもで乗れそうなのがタワーオブテラーくらい。子どもはそれを嫌がるのでアトラクション搭乗は断念。ファストパスチケットは使わずに大切にとっておくことに・・・。

 

重複当選がないようにするためか、その日入園しているパスポートをバーコードスキャンする作業がありました。

 

このプレゼントをキャストさんからもらう時には、「今はこれしかないので、これでごめんなさい!」と声かけがありました。

推測するに、ハピエストサプライズをプレゼントするキャストさんが配置されているエリアによってプレゼントするものも決まっているものかと思います。

ずっと、このハピエストサプライズに選ばれることを密かに楽しみにしていたので、この上ない喜びで半端なかったですわ。

 

ハピエストサプライズに選ばれる基準やポイント

というわけで、我が家のケースを踏まえ、ハピエストサプライズに選ばれるポイントについて考えてみました。

  1. 受け身では絶対に当選しない
  2. キャストさんと話す機会があれば積極的に楽しく話す
  3. 変に「ハピエストサプライズ」を意識しない
  4. 比較的に人が少ない場所が良いかも
  5. ポシェットを持っているキャストさんが濃厚!?

この5点でしょうか。

1、2は特に重要かも。

キャストさんから声をかけてもらわないともらえないハピエストサプライズ。こちらから「ください!」といっても100%無理です笑。

というわけで、キャストさんと話す機会があれば、積極的に話した方がよいですよー。それもこちらから話すのではなく、キャストさんからさりげない会話が来たら積極的にトークしましょう。

と、ここで3が出てきます。

楽しく話すのはモットーですが、変に意識しない方がよいです。

「この人達、ハピエストサプライズを狙ってるな・・・」と思われたらキャストさんも渡す気にならないですよね。あくまでサプライズですから!

会話が終了してその場を離れようとしたタイミングくらいで声かけされることが多いみたいです。自分達も実際にそうでした。

あとは4ですね。人が少ない場所

ルネサンス号あたりは絶叫アトラクションがあるわけではないので、特に混雑しません。混雑するような場所でサプライズな企画が行われていると、それこそ騒ぎです。

それに人が多い場所ではそれだけ、キャストさんと話すゲストも多いわけですから必然と母数が増え当選確率は下がります。

人が少ないような場所がベストですよ!

ハピエストサプライズのプレゼントやバーコード読み取り機が入ったポシェットをもったキャストさんは、ハピエストサプライズを選ぶキャストさんであるという説があります。

自分達の場合も今思い返すとそうでした。肩から黒色のポシェットを下げていましたね。

そんなキャストさんがいたら、もしかしたら・・・なんてことがあるかもしれませんよ!

というわけで、ディズニー35周年のスペシャルなイベント「ハピエストサプライズ」。

選ばれたら本当に幸せになれるサプライズで間違いありません!!

まだまだ期間は残っているので、それほど欲深くなりすぎずに、純粋にパークを楽しんでいるときっと当たると思います!!

ABOUTこの記事をかいた人

30代2児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。