【解説】スマホで入園!ディズニーeチケット購入方法や使い方・活用方法を教えます!

どうも、NINO(@fatherlog)です。

夢の国、ディズニリゾート。何回訪れても楽しさしかないですねぇ!魅力たっぷり溢れている場所です。

さて、「ディズニーへ行こう!」となると、バケーションパッケージや旅行会社のパックプランで申し込む人もいるかもしれませんが、大半のゲストは当日券を購入してパークに入ると思います。

しかし、休日ともなるとパーク入場前のゲート付近は大混雑。チケット売り場も同様に長蛇の列を成しています。

そんな時に便利なのが、スマホで購入できる「ディズニーeチケット」

ディズニーeチケットをスマホで購入すると、スマホの画面にチケットをQRコードで表示できるので、都度紙のチケットを取り出す必要もなく、iPhoneでもAndroid端末でも、スマホ1台で入場からファストパスの取得まで全部できてしまいます!

このスマホ入園できるチケットの存在は知っているけど、「買い方がわからない」「どうやって使うの?」「ファストパスを取るときはどうするの?」と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、スマホでぜひとも活用したい「ディズニーeチケット」の買い方から使い方まで徹底解説します!

 

「ディズニーeチケット」のメリット

事前にオンラインで購入する「ディズニーeチケット」最大のメリットは、当日チケット販売の列に並ばなくても良いというところにあります。

通常の開園時間は午前8時ですが、7時を過ぎるとチケット売り場付近は大行列を成しています。

これだけ並んでいる状況では、チケットを購入するのにも30分以上かかってしまうこともあるでしょう。

せっかく開園前に到着しているのにも関わらず、チケット購入で時間がかかってしまい結局開園時間に間に合わないと元も子もないです。

事前購入したディズニーeチケットであれば、並ぶ必要は全くないので、直接入園ゲートに向かうことができます。

 

ディズニーeチケットは3種類、オススメは「スマートフォンで入園」

オンラインで事前購入できるディズニーeチケットは全部で3種類あります。

 

  • スマートフォンで入園←コレがオススメ!
  • 自宅でプリントアウト
  • 自宅へ配送

 

「スマートフォンで入園」は購入後にスマホの画面にQRコード入りのチケットを表示できるので、物理的にチケットを持ってないくてもスマホ1台さえあれば、画面をチケットとして利用できます。
以前は、この「スマートフォンで入園」タイプのチケットはありませんでしたが、2018年2月から採用されている新機能です。

「自宅でプリントアウト」は、事前購入したチケットを自宅のプリンター等を使って紙に印刷するタイプ。プリンターが必要になるほか、コピー用紙に印刷した状態になるので、券面がしわになったりなくしやすい難点もあります。

「自宅へ配送」ではしっかりとした紙質のチケットが届きますが、購入後自宅配送されるまでに時間がかかってしまうほか、自宅への配送料金も必要になるので、余計に負担がかかります。

3種類を比較した上で、紛失のリスクや配送料等のコスト、ディズニーへ行った後の使い勝手を考えると、断然「スマートフォンで入園」がオススメです!

 

ディズニーeチケットのデメリットや注意点

当日にチケット購入の長蛇の列に並ぶのであれば事前購入のディズニーeチケットの方がメリットが大きいと考えますが、オンライン購入しスマホ入園するにあたり、いくつかの注意事項もあるので抑えておきましょう。

 

  • ディズニーeチケットを購入するにはディズニーアカウント登録(無料)が必要
  • オンライン購入はクレジットカード決済(一括払い)のみ
  • 「スマートフォンで入園」の場合、スマホの電池がなくなるとチケット表示ができなくなる
  • 各種福利厚生割引チケット等の適用は不可(ファンダフルメンバー価格での購入は可能)

 

事前にオンライン購入するには、ディズニーアカウントの登録が必要になります。そんなに面倒な登録ではなく簡単なものなので、事前に登録しておきましょう。

また、購入時の決済方法はクレジットカードのみです。現地精算や振込、コンビニ支払いには対応していません。

そして、一番注意しなければならないのが、スマホの電池残量

画面にチケット券面のQRコードを表示させるので、スマホの電池自体がなくなってしまうと、チケットとして機能しなくなってしまいます。

特にディズニーは、待ち時間でのスマホ操作やカメラやビデオの撮影が多くなり、電池残量を消耗しがちなので、モバイルバッテリーを1つもって置くことをオススメします!

 

スマホに表示できるディズニーeチケットを買う方法

では、実際に「スマートフォンで入園」のディズニーeチケットを購入する方法を紹介します。

 

まずはディズニーリゾートの公式サイトにアクセスし「予約/購入」を選択。

オンライン予約購入サイトに遷移したら「パークチケット」を選択し「日付から探す」から遊ぶ日数を1日〜4日の間で設定します。

 

実際にパークに行く日をカレンダーから選びます。

ここで重要なポイント!チケットの受取方法は「スマホに表示」を選択しておきます!

購入したいチケットタイプを選択後、実際に遊びにいくパークを選びます。1日券の場合、この時点で指定しかなければなりません。

ファンダフルメンバー価格での購入やシニアパスポート、各種期間限定の割引パスポートなどもこの時点で選択しておきましょう。

 

続いて、必要なチケット枚数を選びます。選び終わったら「購入手続きに進む」をタップ。事前確認メッセージを確認後「確認した」をタップします。

すると、ディズニーオンライン予約購入サイトへのログイン画面になるのでメールアドレスまたはユーザーIDとパスワードを入力してログインします。
(まだ、ディズニーオンライン予約購入サイトのアカウントを持っていない人は、画面下部からユーザー登録をしましょう。登録は無料です。)

 

アカウント情報を確認後、お問い合わせ者に代表者の名前を入力。決済に関しては、クレジット決済(一括払い)のみとなります。使用するクレジットカード情報を入力後、「確認画面へ」を選択。

表示されている内容で購入内容が間違いないかどうか確認します。

チケットの枚数・種類・来園日・パーク指定など間違いがないかどうか、必ず確認しましょう。

 

問題ないようであれば、画面下部の「同意する」にチェックを入れ「予約・購入を確定する」を選択します。「予約・購入が完了しました」と表示されたらディズニーeチケットの購入が完了です。

では実際にスマホ画面でパークチケットを表示してみましょう。

購入完了画面にある「パークチケットを表示」をタップすると、購入したチケットがスマホ画面上に表示されます。

チケットの詳細情報については、表示されているチケット右上の「i」 アイコンをタップすると、表示されます。

 

スマホのチケットにニックネームを設定して管理しやすく!

ディズニーランドやディズニーシーに行く時は、お友達や家族でいくという人が多いですよね。

家族でまとめて購入している場合、複数のチケットが表示されるとどれがどのチケットかよくわからなくなってしまいます。

これを防ぐために、チケットごとにニックネームを設定し、誰のチケットかわかるような状態にしておくことをオススメします。

ニックネームを設定するには、設定したいチケットを表示している状態で「ニックネーム」をタップします。

ぼくの「NINO」という名前を設定してみました。入力後「保存」をタップすると、チケット券面にニックネームが表示されます。

ニックネームには漢字が使えません。家族やグループでインパするなら、ぜひともニックネーム設定はしておきましょう。

チケット情報をLINE(ライン)で送信する方法

オンラインの事前購入チケットを買った本人からしか見られないのでは不便です。

購入したチケットはLINEのグループトークに送信もできるので、仲間内で簡単にチケットが共有できるようになっています!

これを上手く活用するとファストパスを取るときに特に便利です。グループ内で分かれて行動している時に、ファストパス発券機でまとめてこのチケット情報を表示してファストパス発券ができます。

LINEに送りたい場合は、チケット画面表示後、「おくる」をタップし、送りたいメンバーのチケットにチェックをいれます。選択後「LINE」 をタップしましょう。続いて、送りたいトークグループにチェックを入れます。

 

送りたいトークグループを選択したら右上の「送信」をタップ。「メッセージとして送信」をタップすると、会話の内容にディズニーeチケットへの表示リンクが張られます。

チケットを表示するには、このリンクをタップします。

もちろん購入した本人でなくても、このリンクを開いた人は誰でもチケット券面を表示可能です。この機能を活用して、上手く仲間内でチケット情報をシェアすると効率的です。

メールでもチケット情報を共有できる

LINEだけでなく、先ほどのチケット画面から「おくる」でメールを選択すると、メールでの送信も可能です。

メールで送った場合でも、チケット表示するためのURLが記載されているので、そちらをタップするとチケット情報が表示されます。

 

スクショでもチケット画面を保存できる!

公式の使い方では、LINEとメールでの送信しかありませんが、チケット画面表示をしている時にスクリーンショットを撮影し、画像データとしても送ることができます。

ぼくがインパした時には、10人くらいの超大団体でいったのですが、都度LINEのリンクを開くより画像データで送ってもらったスクショのチケット情報で共有していました。

もちろんスクショのチケット情報でもしっかりとQRコードを読み込んでくれることを確認しています。安心してください。

 

スマホ表示のチケットでショー抽選をする方法

ディズニーシーのビックバンドビートや、ディズニーランドのワンマンズドリームなど、ディズニーに行ったらぜひとも見たいショーですよね。

ディズニーeチケットのスマホ表示チケットでは、ショー抽選を行うやり方も簡単!

まずは、スマホ画面にチケットを表示され「ショー抽選」をタップ。抽選に参加するメンバーにチェックを入れて「抽選スタート」をタップします。

すると、ショー抽選アプリを起動するポップアップが出てくるので「開く」をタップします。

 

ここからは通常どおり、ショー抽選アプリで抽選したいショーを選び進めます。

 

スマホ表示チケットの便利さはここで発揮!

普段ならショー抽選するメンバーの紙チケットを取り出し、それぞれのQRコードを読んでいく作業が待っているのですが、スマホ表示のチケットはあらかじめリストアップして表示されています。

抽選したメンバーを選択した後に、「選択した鑑賞者で抽選へすすむ」をタップするだけで、抽選を行えます。

QRコードを都度メンバー全員分読み込まなくても済むので非常に効率的です!

 

スマホ表示のチケットが良いと感じた点

実際に1日券を使ってみて、スマホ画面に表示したチケット購入が良かったと感じたことを改めてまとめてみました!

チケット販売の列に並ぶことが不要

冒頭にも書いていますが、この要素にかなりのメリットを感じています。チケット販売の列に並ばなくてよいので楽すぎです。

ディズニー入園する前に、チケット購入で体力消耗してしまうより、着いたらすぐに入園できると嬉しいですね。

紙のチケットではないので紛失リスクが少ない

ディズニーチケットは入園後もファストパスの発券やショー抽選で券面のQRコードを使います。それらの行動をする度に紙のチケットを取り出さなくてはなりません。頻繁に出し入れしていると、ふとしたタイミングで落としてしまったり・・・なんてこともあるかもしれません。

スマホ表示のチケットであれば、常に肌身はなさず一緒にいるので、紛失してしまう心配もほとんどないでしょう

グループ人数分代表者がまとめて購入できる

わが家の場合は子供も含めた家族全員で入園したため、紙のチケットなら複数枚必要になってしまいますが、スマホ表示のチケットなら画面上をスワイプするだけで簡単に全員分のチケットを表示可能

実に素晴らしい!

LINEやスクショでの共有が簡単!ファストパス取得を有効に!

たとえば、どちらかがパーク内のどこかに待機していながらグループ内のメンバーがファストパスを取りにいってくれる場面があるとしましょう。

紙のチケットであればチケットごと渡す必要があり、チケットが必要になってしまうと、持ち出したメンバーが帰ってくるまで身動きがとれません。

スマホ表示のディズニーeチケットなら、LINEやスクショといったツールでスマホ上でチケット情報を共有できるので、紙のチケット受け渡しによる時間制約や行動制限もかかりません。大変便利!

iPhoneでもAndroidでも、スマホ表示のチケットが大活躍!

ディズニー入園やファストパス取得など、ディズニーに遊びにいった時のチケットは非常に重要なアイテムです。

紙のチケットでも良いですが、スマホ表示のチケットならメリットが満載で、120%パークでの時間を満喫できます!

今度ディズニーに遊びに行く時は、ぜひとも「スマートフォンで入園」のディズニーeチケットを活用してみてください!