【DayLog】天災の多い9月・・・<2018年9月6日>

みなさま、こんにちは。

昨晩の地震速報ビックリしました。珍しく夜更かしをしていたので、リアルタイムで速報を受診。

震度6強の地震が北海道地方に発生。知人や友人も多く北海道にいるので心配です。

 

北海道で震度6強の地震

日経電子版によると、北海道南西部の胆振地方で震度6強の地震が午前3時8分に発生。

インフラ網は大打撃を受けているほか、家屋の倒壊等のニュースも相次いでいて、かなり心配な状況です。

台風の引き続き、震災クラスの大地震が来ているので、大変な状況であることは間違いありません。

災害時にスマホを使った連絡手段はかなり有効だと思います。

ドコモ・au・ソフトバンクの災害伝言板やTwiiterで最新の情報を検索するなど、通信ツールをフル活用して何とかこの地震による被害が最小限になって欲しいです・・・。

1週間程度は震度6クラスの余震が来ることが想定されているので、みなさま今後もどうかお気をつけ下さい。

一刻も早い復旧を祈ります。

 

ノイズキャンセリングヘッドホンの買い換えを検討

SONY新型ノイキャンヘッドホン「WH-1000XM3」、前モデル4倍の処理能力でハンパない性能に!

2018.09.05

SONYからまた購買欲を大きく駆り立てる製品が発表されてしまいました。

単純に思うのは、SONYが毎年ノイズキャンセリングヘッドホンをアップデートするって凄いですよねぇ。それだけワイヤレスヘッドホン市場とノイズキャンセリング市場って需要があるんだと思います。

ぼくの環境では、ノイズキャンセリングヘッドホンはBOSEのQC35を愛用、サブ機としてSONYのMDR-1000Xを使っていて、これといって不満はありません。

でも、この新製品情報を1度見てしまうと、どうしても気になってしまいますねぇ。性能がヤバいんですよ。

ぼくの持っているSONY製MDR-1000Xは2016年モデル。そして2017年に発売されたWH-1000XM2のアップデート版が今回発表されたWH-1000XM3となります。

んで、その凄いって性能、WH-1000XM3は2017年モデルのWH-1000XM2より、処理能力が4倍となるプロセッサーを搭載していて、さらにノイズキャンセリング機能を強化しているとのこと。

それにとどまらず、ワイヤレスヘッドホンの高音質化も実現。

より静かな環境で、より高音質が音を再生できるなんて・・・「もう、どんな環境でどんな音が出るんだよ」という感じで気になって仕方ないっす。

価格は恐らく4万円くらいかな。3万9800円ってとこですかね。高い!!!でも欲しい!!!

WH-1000Xを下取りで頑張って、買い換えようかなぁーと検討しています。

あっ、発売予定日は2018年10月6日ですよー。

 

gamiさんとバンド組んでる村さんのドラムが素敵

誌上ドラムコンテスト2018に友人が初参戦!未来のドラマーを全力で応援。

2018.09.05

ぼくの友人である村石くん(村さん)が誌上ドラムコンテントのYouth部門にエントリー。

一緒に遊んだ時には我が家の眠っているドラムを全力で叩いてもらっていて、いつも聞く度に彼のドラムスキルに感心しています。本当にカッコイイ。

実はこの村さん、ぼくと同じブログ仲間であるgami.tokyoのgamiさんとバンドを組んでいて、定期的に都内でライブを実施しています。

このツイートを見たgamiさんからメンションがあり・・・

何と!もうすぐLIVEが開催されるとのこと!!11月だそうです。

村さんとgamiさんの熱いライブを見に行きたい方はぜひgamiさんに直接Twitterで聞いてみてくださいねー!!

 

では、今日のDayLogはこの辺で・・・。

お付き合いありがとうございました!

ABOUTこの記事をかいた人

30代2児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。