「対話型アクティブラーニング」の授業が次世代すぎて衝撃だった件

どうも、NINO(@fatherlog)です。

学生を卒業して、社会人として働いている方に聞きたいのですが「学校の授業」といったら、どのようなイメージまたは思い出がありますか?

「アノ先生の授業面白かったなー」とか、「アノ授業つまんなくていつも寝てたなー」とか、まぁまぁ、色々あると思います。懐かしいですよね。

「授業」は教師である黒板側の「先生」と、かつて皆がそうであった机側の「生徒」が構成する学びの場です。

ぼくはというと、「授業」はどちらかと言えば 受け身スタンス だったイメージが強いんですね。先生が言っていることをひたすら理解しようと黒板のノートとってたなぁ。

 

最後の1枚であった「対話型アクティブラーニング」のDVD

先日、普段仲良くしていただいてる「部長ナビのページ」を運営されている部長さん(@navi_1080)とMessengerやり取りしていたんですが、ひょんなことから「対話型アクティブラーニング」の話に。

部長さんが「対話型アクティブラーニング」の第一人者であり、論文として学会に提出されるほどのものであるということは、以前より知っていたのですが、実際に「対話型アクティブラーニング」といっても、どのようなものか想像つかなかったわけであります。ずっと気になっていたんです。

 

んで、部長さんに、

 

僕「ずっと気になっているんですけど、対話型アクティブラーニングの動画公開してください!」

 

と、お願いしたところ、

 

 

部長さん「DVDあるよ、送るよ」

 

 

 

「神!!」

 

 

 

と、一瞬で快諾いただきまして、ありがたいことに「対話型アクティブラーニング」公開授業の様子が記録されたDVDを送っていただきました。

 

そして、コレ、何と最後の1枚!だったそう。

 

 

ハイ、ミラクルキタ━(・∀・)━!!!!

 

 

 

そういえば、前部長さんにお会いした時に、「すべてのことには意味がある」「だから意味をよく考えてください」って言ってたな。

今回のミラクルもきっとそういう事です。

 

今まで見たこともない衝撃的な内容だった

到着後に早速DVDを再生。

50分間の授業の様子が記録されていました。

 

僕自身、教師でもなんでもないです。

再生しながらも、自分自身、受け身側であった生徒時代に経験した「授業」というものに照らし合わせながら見ていたんです。

んで、開始して5分ほどたったところで、他の授業とは大きくことなる点に、すぐ気付きました。

 

「教師と生徒の対話がハンパねぇ!!!」

 

こんな授業見たことないです。

すごい、本当にすごい。

 

しかも、対話回数もハンパないです。1回や2回とかではないです。

もう、常に壇上の先生が生徒と話しながら授業を進めている感じ。

 

特定の生徒ってわけでもなく、生徒全員に対して語りかける、そして生徒全員が答えを教師に返す、常にこのスタンスで需要が進みます。生徒全員ですよ、全員。別に打ち合わせしたワケでもなく、生徒全員が発言するんです。

 

想像するのはなかなか難しいと思います。こんな授業受けた方、ほとんどいないと思いますから。

今部長さんのこの授業を受けている生徒の人は、本当に恵まれている環境にあると思いますよ!

 

伝える力の大切さ

対話型アクティブラーニングを見ていると、「伝える力」の大切さに気付かされます。

相手がどういうことを考えていて、このくらいならわかっていて、コレを伝えるにはどのようにしたらよいか?

授業で発せられる教師からの発言1つ1つに、教師側の思考や伝える技術が十分に凝らされていると感じました。

 

ブログでは、文字でしか読者の方に伝えることができないので、より高度な伝える力が必要になると思うんです。

でも、他に影響されすぎるのも良くない・・・あくまで僕なりの色を付けた、僕なりの伝え方をしていきたい。

 

「対話型アクティブラーニング」でインスパイアされた僕も、「伝える力をもっと磨いていきたい!」、そんな決意を胸に、これからもブログ更新に励んでいこうと改めて決意しました。

 

部長さん、ありがとうございました!

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    30代に突入した1児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。 Apple製品、ガジェット、テック関連成分多めです。子育てや自分のライフスタイルについても情報を発信していきます!