堀江氏「ハッタリの流儀」を読了。「今すぐ行動を」で目が覚めた5年目のブログ感。

普段あまり本を読むタイプではないものの、Twitterのタイムラインを見ていたら気になった書籍が流れてきました。

ホリエモンこと堀江貴文氏の「ハッタリの流儀」です。

堀江氏の著書は前から気になってはいたものの、本がそんなに好きでないことから、手は出していませんでした。

と、今回は「価格自由」というクラウドファンディングのような新しい取り組みもセットになっているらしい。

気になりすぎて気付いたころにはKindleポチってました。

この本読んだ結果、5年目を迎えたこのブログ「FatherLog」の方向性を考える強いきっかけにもなることに。

 

ハッタリかまして必死に努力

堀江氏といえば、民間事業者として宇宙に飛ばすロケットを開発成功させて話題となったのが記憶に新しいですが、それも過去の話で次々と新しい取り組みをスタートさせています。

過去も今も、その原動力となっているのが、今回の著書で書かれている「ハッタリ」力。

 

周りが考えないようなこと・できないようなこと=ハッタリを言うと、笑われたり、揶揄されることがあるかもしれない。

なんだかこれはTwitterの日常風景のように思う。タイムラインで1日に1回は必ず、堂々とした考えをツイートしている人に対し、匿名垢から批判的なこと言われてる。

しかし、そういうアイデアの発信者というのは、時間を空けて再び覗いてみると、かなりのフォロワーが付き、その人の人生を応援しているユーザーが多くいることを目にすることもまた事実。

 

世間からどんな目にさらされようが、自分の信念を貫けば、小さな声が湧き、やがてそれが大きな声となり大勢の応援してくれる人が付く。

SNSで個人がリアルタイムで情報発信できるようになった今、こんなに簡単に自分の考えを発信できるステージが整った環境はないほどと、堀江氏は言っています。

 

ハッタリかまして、大きく構えて、後で必死に努力してそのつじつま合わせにいく。

こんな堀江氏の生き方に感動しました!

巻末の「価格自由」。新しい取り組みは尽きない。

読了するとすぐに出会うのが「価格自由」。

本を読んで、定価以上の価値を感じたら「お気持ち」を投げ銭するというシステムです。

記事作成現在で90人の支援者に対して、支払い額は6300万円超。一体どうなってるんだ。

中身を見てみると、1,500円のお気持ちから、2000万円のお気持ちまで幅広い内容に。

5,000円以上であれば金額ごとの特典も受けられます。

高額なお気持ちの特典には、堀江氏と食事・LINE交換、競馬、企業する・・・等々、さまざまなものが用意されています。これは興味深い企画ですねぇ。本というよりはパーソナルな部分への投資に近い感覚。

でも、この本を読まなければこの機会に出会わないワケですから、本を読まない僕がKindleに手を出したくらいということは、この時点で定価以上の価値を感じているものかと思い、読了後、参加しました。

一応、名前載せてもらってます!

でも本当にこれくらいの価値を感じている書籍です、ぼくにとっては。

 

「今すぐ行動を」。ブログ5年目でかますハッタリ

日本人ってどうにも周りの目を気にしてしまう・・・

でも、そんな恥じらいを持っているようでは成功はできない。

別に成功を求めるワケではないけど、自分が好きなことをやって夢中になってやって、そこに人が集まってきて、認知されて、最終的に成功というような形になれば、それはうれしいこと。

ぼくはブログで情報発信を始めて、4年間が終わり、今5年目を迎えています。

ブログを発信していく中で、身の周りの環境も大きく変化。

2人の子宝に恵まれ、育児を楽しみながら、ブログも楽しんでいます。

ただ、ブログで絶えず情報発信をしたいところが、時間が作れないと言い訳してしまい、発信がおろそかになっていることが多くなりつつあります。

この本読んで目が覚めました。



それは、巻末にある「今すぐ行動を」をいう言葉。

 

ブログやっていると、アクセス数が気になったり、収益が気になったり、更新頻度が気になったり、ブログのテーマが雑記すぎることに気になったり・・・。

こんなこと考えていると記事を書くのが嫌だーってなってしまうこともあるんですよね。

 

でも、そんなこと言ってる場合じゃなかった。

ぼくは何か勘違いをしていた。

 

ブログは自分が楽しんでナンボのもの。それをどなかたに読んでもらって共感してもらえたら一層嬉しいこと。

5年目に突入したこれからは、記事の中の楽しさや気づきを共感できるような記事を書いていきたいです。

特化型ブログがいいとかSEOがうんちゃらとかそんなの言ってられない。

僕は僕が興味ある楽しい内容を誰がなんと言おうと夢中になって発信していきたい。iPhoneだろうが、Macだろうが、ガジェットだろうが、ディズニーだろうが、旅行だろうが、もう好きなこと全部。ネタは尽きない。

 

そして、monographの堀口さんの動画で受けた刺激から、YouTubeにも挑戦してみたいと考えいます。(今マイクと照明機材揃えているところ)

 

小さい「ハッタリ」ですが、この「ハッタリ」を原動力に日々の小さな努力を積み重ねていきたいと思います!改めて、ブログ最高!

ABOUTこの記事をかいた人

30代2児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。