スノーピークHQでキャンプデビュー。店員さんが神ってた。

コロナ禍でのキャンプブームに乗っかり、見事我が家もキャンプデビューを果たしました。

「キャンプを始めるならまずはテントっしょ!」
ということで悩みに悩んだ結果、スノーピークの「アメニティドームM」を購入。

テントの張り方も全く分からないまま、新潟県三条市にあるスノーピーク本社(Head Quarter)併設のキャンプ場に行ってきました。

先日、キャンプデビュー数回での感想をまとめた記事を書きましたが、この記事に書いている出来事が本当のデビュー戦初回での内容です。

デビュー幕は「スノーピーク アメニティドームM」

まずはテント、ということでアウトドア用品店を物色。

んで、コールマンやスノーピークなど、色々なアウトドアブランドのテントを見ていたら、「スノーピークのテントはアフターサービスまで整っているのでオススメです」というスタッフさん。

ということで、ブランドはスノーピーク一択に。

あとはテントの価格帯とよく相談して結果、エントリーモデルではかなり人気があるという「スノーピーク アメニティドームM」を買いました。

約4万円台で4人家族が泊まれて、初心者でも手を出しやすい価格帯というのが最終的な購入動機です!

いざ出陣。「テントってどうやって張るの??」

テント買ったのは良いんですが・・・

「キャンプってどうやって楽しむの??」
「テントってどうやって張るの??」

こんな疑問が絶えないまま、とりあえずと思い、スノーピークHQにデイキャンプでいくことに。

時期は3月終わり頃。

2020年は全国的にも歴史的少雪なシーズンで、新潟も全然雪降らなかったんですが、三条市下田の雪はうっすら残ってました。

そして、写真じゃ伝わりにくいですが、マジで極寒すぎる・・・。
完全にデビューする日を間違えました。笑

スノーピークHQのスタッフさん対応が神すぎる

「アメニティドームM」を持っていったのは良いものの、どうやって張るかわからない・・・。

説明書見ろよって話ですけど、やっぱり最初は誰かが教えてくれるとありがたいですよね。

と、スノーピークHQのストアスタッフさんに相談したら、「ぼくで良ければテントの立て方お教えしますよ!」とのこと。

即答でお願いしました!いやぁ、テントも立てたことがない初心者にとっては本当に心強い!!

一気にスノーピークに心わしづかみにされましたね。

子ども達と一緒にスタッフさんのわかりやすい説明を聞きながら設営してみました。

意外とテントって簡単にたてられることにビックリ。

インナーテントにポール入れてたてて、上にフライシートかぶせるだけ。

テントって意外と早く設営できることを初めて知る

30分くらいであっというまにほぼ完成状態まで来ました。

あとは周りのペグやガイロープを固定して終わりです。

この寒空の中、30分ずっと店員さんがつきっきりで、設営方法を教えてくれました。

本当に優しすぎる!!しかもめっちゃ分かりやすい。会話も弾みました!

テントって2時間くらいかかるかと思ってたけど、めっちゃ早かったです。

よし、完成!

あとは、デイキャンプなのでちょくちょくお昼ご飯作って食べて帰宅コース。

地元佐渡産のカキを使った海鮮アヒージョを作って食べることに。

初めてのキャンプ飯、めっちゃ美味かった。

キャンプ設営が心配な初心者ならスノーピーク製品が良いかも!?

初めてのキャンプって本当にわからないことだらけ。

テントの設営はもちろんですけど、キャンプするのに必要なギア、キャンプの流れ等々、これからキャンプを楽しもうする身として、色々知っておきたいことはあります。

特に、先輩キャンパーさんからの話っていうのは実体験も踏まえた話なので、とても参考になることが多いです。

今回色々教えてもらったスノーピークHQのスタッフさんは、幼少期から家族でキャンプに行っていて、キャンプ好きが高じてスノーピークへ入社したそう。

まさに子役時代からキャンパーデビューしているベテランキャンパーさんということで大変貴重な話をたくさん聞けました!

すっかりとスノーピーク製品のファンになってしまった僕ですが・・・

これから初めてキャンプデビューするなら、製品クオリティはもちろん、丁寧なサービス体制も感動したことから、スノーピークのテントをオススメします!

FatherLog中の人:NINO(ニノ)

Mac、iPhoneを始めとしたApple製品をこよなく愛する30代。大のディズニー好きでブログではディズニー成分が濃くなることも。2児の父親。

詳しいプロフィールはこちら