【レビュー】α7RⅢのディスプレイに「HAKUBA液晶保護フィルムMarkⅡ」を装着。貼りやすさに長けたアイテム。

迷いに迷って購入したα7RⅢ

導入後間もないですが、ブログの撮影から子どもの撮影まで、多くのタスクをこなしてくれているカメラです。

毎日使用するカメラとなると、液晶ディスプレイへの傷や汚れが気になるもの。特にファインダーを覗きながらでの撮影となると、顔面がもろディスプレイに接触するので、皮脂などで汚れてしまいがちです。

今回は、大切な液晶ディスプレイを日常的に保護してくれるアイテムとしてHAKUBA製の「液晶保護フィルム MarkⅡを装着したので紹介します。

 

対応機種豊富なHAKUBA製保護フィルム MarkⅡシリーズ

カメラアクセサリーメーカー大手であるHAKUBA製の「液晶保護フィルム MarkⅡ」は、対応している機種が豊富。

SONY、Nikon、Canonなど各カメラメーカーや製品ごとに異なる多様なディスプレイに対応したフィルムが展開されています。

数あるフィルムの中から、HAKUBA製の液晶保護フィルム MarkⅡに決めたのは、何といってもコスト。

本格的な液晶フィルムでありながら1,000円でお釣りがくるのは嬉しい限りです。

今回ぼくが購入したフィルムはSONY製の以下機種に対応しています。

液晶保護フィルムMarkⅡ SONY用 対応機種
  • α7Ⅲ
  • α7RⅢ
  • α9
  • α7SⅡ
  • α7RⅡ
  • α7Ⅱ

 

貼り付け手順は超簡単。気泡なしのキレイな仕上がり

スマホでもそうですが、フィルムの貼り付けって結構大変だったりしませんか!?

ぼくは思いっきり不器用なタイプなので、フィルム貼り付けではいつも気泡がINしがち。(奥さんにやってもらうことが多い・・・)

今回のHAKUBA製フィルムは、吸着表面に特殊吸着シリコン層が採用されているバブルレスタイプ。貼り付け時に入ってしまう気泡も自然に消えるという特徴を持っています。

それを信じて買ったワケですので早速。

付属のクリーニングクロスを使ってディスプレイ面のホコリや汚れをよく清掃したら、保護フィルムの台紙シールを剥がして貼り付け。

α7RⅢのディズプレイサイズよりも若干小さめにフィルムが作られているので、うまく周囲が少し逃がせるような位置にフィルムを貼り付け。

こちらは、フィルムを貼り付けた直後の画像。フィルムの縁に気泡が多数のこっていることがわかります。

 

指でこの気泡部分を外側に押し出すようになぞっていくと・・・

フィルム縁部分に多数あった気泡が全て消えました!

不器用な我ながら、かなりキレイな貼り上がりで満足です。恐るべしバブルレスタイプ。

α7RⅢはタッチディスプレイを搭載しているので画面を触る機会も多くなることは間違いないので、キレイにカメラを使うためにもしっかりと保護フィルムを貼っておくのがオススメ!