Apple、新型 「iPhone XS/XS Max/XR」の3機種を発表!イベント内容まとめ

これまでのiPhoneの中で最も先進的なiPhoneが登場!

Appleは2018年のAppleスペシャルイベントで、最新型となる5.8インチ「iPhone XS」と6.5インチ「iPhone XS Max」と廉価モデルとなる6.1インチ「iPhone XR」の3機種を発表しました。

A12 Bionicチップを搭載し、より向上された処理能力でFace IDを始めとしたあらゆるタスクが高速になり、日常的な使い勝手がかなりよくなりそうです。

スペシャルイベントで発表された製品内容をまとめました!

 

5.8インチと6.5インチの2モデル、名称は「iPhone XS」(アイフォンテンエス)と「iPhone XS Max」(アイフォンテンエスマックス)に!

ゴールドカラー仕上げがお披露目。なんて美しいんだ!

全面背面ともに強いガラスを採用。ふいの落下による耐久能力が気になりますね。

耐水性能はIP68へと向上。

ビールをこぼす実験もしたそう・・・。かなり耐水性能がタフになっていそうです。

iPhone Xと同じ5.8インチのOLEDディスプレイ(有機EL)となるSuper Retinaディスプレイを搭載。

5.5インチのPlusシリーズ端末と比べてもサイズは小さく大画面化。

 

さらにもう1つの大画面モデルとなるiPhoneは6.5インチのOLEDディスプレイ。iPhone史上最大の画面サイズに。

これまでのPlusシリーズと比較しても同じサイズでありながら、より大きな画面に。

 

そして気になる名称は・・・「iPhone XS Max」に・・・

やっぱりMaxか!!!Plus名称はなくなっちゃいましたね。

なくなると噂されていた3D Touchは搭載されているみたいです。

これまでのiPhoneよりもスピーカー性能が向上し、さらに音質が良くなっています。

スピーカー配置は同じであるものの、よりワイドになったステレオサウンドが特徴。

 

ノッチの中もぎっちし。最先端のカメラ性能やセキュリティ性能を誇ります。

Face IDも進化。

より高速なアルゴリズムで目を合わせるだけで確実にセキュリティ認証が可能に。

初めて顔認証Face IDを搭載したiPhone Xは、顔認証プロセスにおける若干の遅延が気になっていたので、この高速化はかなり期待できそう。

実際に使ってみてどれくらい認証速度が向上するものなのか気になりますね。

 

A12 Bionicチップでより高速な処理を実現

7ナノメートルの69億個のトランジスタを搭載した驚異的なA12 Bionicチップを搭載。

6コアCPU、4コアCPUとマシンラーニングを採用した8コアのニューラルエンジンを搭載。

6000億回の計算をするCPU、5兆回の計算が可能なニューラルエンジン。こりゃFace IDの認証も早くなるわけだ。すごい!凄すぎるぞ、この処理能力!

さらに512GBモデルも登場。単純に考えて1TBの容量の半分がポケットの中に入るって凄いですね。

iOS12のSiriショートカットにも対応。CoreMLは9倍の処理になりながら10分の1の消費電力に。

この高速な処理能力により、AR機能もより快適に使えるように。

SafariでARクイックルック機能も使えます。実際に目の前にその製品を置いてディスプレイ表示ができるすごい機能です。

ゲーム関連のデモでは、高速な処理を必要とするグラフィックスの美しいゲームも快適にプレイする様子が披露されていました。

 

さらに美しいHDR写真が撮れるようになったカメラ

カメラ性能。iPhone XSはデュアルカメラ。新しいカメラセンサーとなりF値は1.4。フロントカメラは700万画素。

A12 Bionicチップとニューラルエンジンの組み合わせにより画像処理能力や顔認識能力がより強力に。

ポートレートモードの切り抜きもより速くより正確なものに。

そして、写真がさらに美しく撮れるSmart HDR機能を搭載。

これはHDRの進化版。動いている被写体のしっかりとHDRで捉えられる性能です。

ポートレードモードで撮影された写真のデモ。

動いている髪の1本1本が動いている様子や、水しぶきをあげる様子もしっかりとSmart HDRで処理された写真を撮影できるように。確かにディテールまでかなりキレイ。

続いてボケ処理。ってか、英語でBokehって言うんですね・・・。そのまますぎる・・・。

ポートレードモードで撮影した写真の被写体深度を変えることによりボケ具合の調整が可能に。これは凄い!

f1.4とf14では背景のボケ具合が随分と違いますね。冷静にモバイル端末でこの調整ができるってかなり凄いな。

ステレオ音響でのビデオ録画もサポート。4K画質で撮影できるのでかなりキレイな動画を残せそうです。

バッテリー持続時間はiPhone Xに比べて、iPhone XSは30分長く、iPhone XS Maxは1時間半も長くなりました。

デュアルSIMのDSDS(Dual SIM Dual Stanby)に対応。海外旅行時にも便利そうです。

1番目のSIMは物理的なSIMで、2番目のSIMはApple Watchでの使われているようなeSIM。

対応の携帯電話会社はこれから増えるそう。ざっと見でアメリカの通信会社が多い感じ。日本のドコモ・au・ソフトバンクは入っていませんね。

なお、中国ではeSIMではなく、物理的に2つのSIMを搭載できるように。

 

もう1つの新しい端末「iPhone XR」を発表

iPhone XSの後に来ました!「iPhone XR」が登場です。

カラーは6色展開でかなり豊富なラインナップ。白、黒、黄、ネイビーブルー、オレンジ、Product RED。

耐水性能はIP68でiPhone XSシリーズと一緒。

ディスプレイは6.1インチLCED液晶。名称はLiquid Retina。

iPhone 8 Plusと比較してもサイズは小さいですが画面が大きいのが特徴。

iPhone XRもホームボタンはなくFace IDをセキュリティ認証として使います。なお、3D TouchではなくHaptic touchに採用しています。指先の使用感の比較が気になります。

意外に驚いたのが、A12 Bionicチップも搭載。

iPhone XSシリーズの目玉とも呼べるチップなので、これを廉価版で搭載してきたのはちょっと驚きです。

シングルレンズのカメラで1200万画素。F値は1.8値。

撮影された写真のデモもありましたが、かなりキレイです。

True Depthカメラでポートレートライティングに対応。

バッテリー性能は、iPhone 8 Plusと比べて1時間30分持続時間が長くなっています。

 

予約開始は日本時間9月14日16時01分から!発売は21日!気になる価格は!?

iPhone XRのストレージ容量は64GB/128GB/256GBの3モデル。

iPhone XRの価格は日本円で84,800円からとなっています。

 

一方のiPhone XS/XS Maxのストレージ容量はともに64GB/256GB/512GBの3モデル展開。

iPhone XSの価格が112,800円、iPhone XS Maxの価格が124,800円からとなっています。

単純に価格だけ考えるとかなり高いですねぇ。

 

日本はしっかりと第一次販売国に入っているので安心。

気になる予約開始日時と発売日。

iPhone XS、iPhone XS Maxの予約開始は日本時間9月14日16時01分から!

そして発売日は21日となっています。

 

一方で、iPhone XRは少し遅れて予約開始が日本時間10月19日16時01分から。発売日は10月26日です。

なお、iOS12の配信は17日です。

iPhone XSの予約開始直後はかなりアクセスが殺到しそうなので、頑張りましょう!

【比較】 ドコモ・au・ソフトバンクのiPhone XS/XS Maxの価格まとめ!最安は!?

2018.09.14

僕が「iPhone X」から「iPhone XS Max」へ買い換える5つの理由

2018.09.13

Apple、新型「Apple Watch Series 4」を発表!イベント内容まとめ

2018.09.13

iPhone XRの発売価格を発表!64GBなら84,800円。

2018.09.13

iPhone XS/XS Maxの発売価格一覧まとめ。512GBモデルは税込で約18万!

2018.09.13

ABOUTこの記事をかいた人

30代2児の父。 幼少期の子どもと過ごす時間を大事にしたいとの思いから激務であった建設業界を離れ、現在は田舎でワークライフバランスをモットーにした生き方を目指しています。