2020年9月のAppleイベントで発表された新製品・サービスを簡単にまとめ。

事前にリーク情報が色々飛び交っていましたが、2020年秋のAppleイベントでは、予想通り「Apple Watch」「iPad」がメインコンテンツとして発表されました。

新型の「iPhone」は残念ながら登場しませんでしたが、後日発表されることでしょう。

さて、2020年9月のAppleイベントにて発表されたハードウェアやサービスなど、簡易的にまとめました!

血中酸素濃度の測定が可能な「Apple Watch Series 6」

  • 血中酸素濃度の測定
  • 新色「(PRODUCT)RED」「ブルーアルミニウム」追加
  • S6チップ搭載
  • 常時計測の高度計搭載
  • 新バンド「ソロループ」「ブライデッドソロループ」「レザーリンク」
  • 常時表示ディスプレイがさらに明るく見やすく進化
  • 新文字盤
  • 2020年9月18日(金)発売
  • 価格は42,800円〜

Apple Watch Series 6では、4つのLEDクラスターと4つのフォトダイオードで構成される新しいセンサーによって、血中酸素濃度の測定ができるように進化し、同機種での目玉機能として挙げられています。

医療用としてではなく、あくまでウェルネス用としての位置付けみたいですが、腕に装着しているウェアラブル端末で心拍数だけでなく血中酸素濃度の測定もできるようになり、ウェルネス管理やフィットネス管理用の端末として、存在価値が大いに高まりそうです。

新バンドとして、留め具のないシンプルな「ソロループ」「ブライデッドソロループ」なども登場しました。

サイズ選定がちょっと厄介そうですが、留め具がないことでスムーズな装着感が得られそうです。見た目も良い感じ。

必要な機能をしっかり搭載した廉価版モデル「Apple Watch SE」

  • Apple Watch Series 6の廉価版モデル
  • 心拍計測(第1世代)、50m耐水、GPS+Cellular対応など、従来モデルの主要機能はほぼ搭載
  • S5チップ搭載
  • 価格は29,800円〜

Apple Watch Series 6の廉価版モデルとして新しく発売される「Apple Watch SE」。

搭載している機能をみると、血中酸素濃度測定機能を除いて、ほぼフラッグシップモデルの「Apple Watch Series 6」に近い性能です。

これだけの機能を搭載しながら、低価格帯で発売されているため、かなりコスパに優れていると思います。

Appleイベントでは、高齢者や小さな子供用のApple Watchとして使うシーンが紹介されていました。

「小さな子供との連絡手段や居場所確認用として活用できそう!!」と思いましたが、日本の教育業界では小学校・中学校・高校などいずれもこのような端末は持ち込み禁止扱いになると思うので、平日利用は厳しそうですね・・・。

初めてApple Watchを使う人にとっても、Apple Watchのある生活をリーズナブルな価格で体験できるので、Apple Watchデビューとしては「Apple Watch SE」が最適かもしれません。

他社売れ筋製品を圧倒する「iPad(第8世代)」

  • 10.2インチRetinaディスプレイ
  • A12 Bionicチップ搭載
  • USB-C端子
  • Apple Pencil(第1世代)、Smart Keyboard対応
  • 価格は34,800円〜

エントリーモデルのiPadとして、「iPad(第8世代)」が発表されました。

A12 Bionicチップ搭載で、従来のエントリーモデルを凌駕するような性能を実現。

イベントでは他社製品との比較として、最も売れているWindowsノートより2倍速く、最も売れているAndroidタブレットよりも3倍速く、最も売れているChromebookより6倍速いと説明していました。

「iPadの圧勝です」とかなり強気な発言!!すごい笑

他社製品の同等のエントリーモデルよりも優れているみたいです。

最新の高性能チップ「A14 Bionic」を搭載した「iPad Air(第4世代)」

  • 10.9インチ Liquid Retinaディスプレイ
  • トップボタン内蔵のTouch ID対応
  • A14 Bionicチップ搭載
  • Apple Pencil(第2世代)、Magic Keyboard Folio対応
  • 新色「グリーン」「スカイブルー」追加
  • USB-C端子
  • Wi-Fi6,ギガビット級LTE対応
  • 2020年10月発売
  • 価格は62,800円〜

イベントの最後で発表されたのが「iPad Air(第4世代)」。

エントリーモデルとなる「iPad(第8世代)」とフラッグシップモデル「iPad Pro」の良いとこ取りをしたiPadという印象です。

「iPad Pro」ですら搭載していない最新の「A14 Bionic」チップを搭載し、処理性能は凄まじいものに!!

CPU・GPUスペックが多く求められるゲームや写真・動画加工などでも、サクサク動きそうです。

iPad Proのようなベゼルレスデザインですが、顔認証のFace IDには非対応。

その代わりとして、トップボタンにTouch IDが内蔵されています。

筐体縁のボタンにTouch IDが内蔵されたのは、Apple製品で初めてと思いますが、日常の利用シーンでもかなり使い勝手が良さそうです。

「iPad Air(第4世代)」の性能をみると、フラッグシップモデルの「iPad Pro」をもはや超えているのではないかと思うほどの仕上がりです。

パワフルなiPadを求めている人なら、この1台がベストな選択かもしれません。

Appleのフィットネスサブスク「Fitness+」

Apple Watchのフィットネス管理機能を活用するサービスとしてサブスクリプション型のサービス「Fitness+」を発表。

ヨガやダンス、室内ウォーキングなど、専門のトレーナーが配信する動画を見ながらフィットネスを行い、Apple Watchの各種計測機能を最大限に活用できるサービスです。

サービス開始当初は、欧米圏のみの対応。

恐らく、フィットネス動画の内容が英語構成であるため、言語的な面から、日本などのアジア圏では非対応なのでは・・・と推測します。

言語訳の対応が整い次第、恐らく他の国でもサービス開始されると思います。

価格は月$9.99で、年間契約なら$79.99とさらにお得に。

日本では、予想するに月1,200円くらいという設定あたりでしょうか。

「Fitness+」早く始まって欲しい!!痩せたい!!

Appleのサブスクサービスを1つにした「Apple One」

Appleが提供しているApple Music、iCloud、Apple TV+、Apple Arcadeなどのサブスクサービスをまとめて、しかもお得に契約できる「Apple One」が発表されました。

Apple Oneの日本でのサービス内容は以下のとおり。

プラン 個人プラン ファミリープラン
月額料金 1,100円/月 1,850円/月
ユーザー 1人 5人
Apple Music
Apple TV+
Apple Arcade
iCloud 50GB 200GB

複数のAppleの月額課金サービスを使っているユーザーなら、かなりお得なサービス。

ファミリープランでは、最大で1ヶ月あたり1,230円もお得になります。

ちなみにイベントで発表されていた全てのサービスが使える「Premier(プレミア)」プランは、日本ではNews+やFitness+が未提供なため、現時点では提供されないようです。

FatherLog中の人:NINO(ニノ)

Mac、iPhoneを始めとしたApple製品をこよなく愛する30代。大のディズニー好きでブログではディズニー成分が濃くなることも。2児の父親。

詳しいプロフィールはこちら