【レビュー】MacBookもiPhoneも同時に充電できる超コンパクト充電器「RAVPower 65W USB-C/Aアダプター RC-PC133」

MacBook ProにiPad Pro、Androidスマホなど・・・何かと周りで増えているUSB-Cへの充電対応。

しかしながら、Apple Watchや他デバイスでは、USB TypeAを使った充電もまだまだ現役。

これらを同時に充電しようとすると、当然ながらコンセント周りは充電アダプターで煩雑状態になります。

そこで、今回紹介するRAVPower製 USB PD 65W充電器 RP-PC133を使うと、コンセント周りのアダプター煩雑問題が一気に解決!今回、RAVPower社より提供いただいたのでレビューします。

現代のモバイル生活にはまさに必携のアイテムでした!

 

USB Type-A/Cの2ポートを搭載、GaN採用で超小型化なのに出力65W

充電器の対応ポートを増やしたり、出力を大きくすれば、アダプター自体のサイズも大きくなって当然ですよね・・・。

このRAVPower USB PD 65W充電器 RP-PC133は、GaN(窒化ガリウム)という次世代の素材を使うことで、出力効率を最大限に引き出しています。

そのため、65Wという極めて大きな出力を持ちながら、そのサイズ自体は最小限に設計されています。

ポケットサイズでありながらかなりの出力を持っています。

そして本体には、USB-C×1ポートとUSB-A×1ポートの計2ポートを搭載

MacBookとiPhoneといったように、USB-C対応の充電とUSB-A対応の充電が同時使用できます。

 

RAVPower USB PD 65W充電器 RP-PC133の特徴やメリット

ここで、あらためてRAVPower USB PD 65W充電器 RP-PC133の主な特徴を挙げておきます。

[box class=”box17″]
  • USBType-C/Aをそれぞれ1ポート、計2ポート搭載
  • 次世代新素材GaN(窒化ガリウム)採用で本体を小型化
  • USB PowerDelivery(USB-PD)対応
  • 最大出力65W
  • 100V〜240V対応で世界各国で使用可
  • 標準で18ヶ月、製品登録でさらに12ヶ月の長期保障[/box]

充電アダプターに求めたいことが全て詰まっているといっても過言ではないハイスペック。

 

詳細スペックや仕様

メーカー公式より、主な詳細スペックを以下載せておきます。

RAVPower USB PD 65W充電器 RP-PC133
本体カラー ブラック/ホワイト
搭載USBポート USB Type-A×1、Type-C×1
サイズ 約55×55×31.5mm
重量 約120g
入力 AC100〜240V 50/60Hz 1.5A
出力(USB-C) 5V=3A
9V=3A
12V=3A
15V=3A
20V=3.25A
【最大65W】
出力(USB-A) USB-A QC
5V=3A
9V=2A
12V=1.5A
【最大18W】
製品保証 標準18ヶ月
製品登録後12ヶ月追加
【最長30ヶ月】

特に注目したいのは、最大65W出力という能力を持ちながら手のひらサイズであるコンパクトさです。

約5.5cm四方のコンパクトなボディにみっちりと高出力USBポートが詰め込まれているのはかなり大きなメリットです。

コンセントプラグは折りたたみ式なので、指先で引っ掛けると簡単に取り出し可能。収納もワンタッチで納まります。

 

実際に充電したらコンセント周りが超スマートに!!

はい。スペックみただけでどう考えても使える要素しかないんですが、早速充電。

我が家の2口しかないコンセントの取り合いもこの通り。

コンセント上側に別のアダプターを挿していても、下側1口分でしっかりと挿入可能。コンセント周りがめっちゃスマートになりました!

RAVPowerの65Wアダプターを使い、Apple WatchとiPhoneの急速充電という使い方で使用しましたが、最大65W出力による爆速充電は顕在。

 

ちなみにiPhone 11 Proに付属するApple純正の18Wアダプターと比較してみました。

左:RAVPower 65W     右:Apple 18W

ほぼ同じサイズですよね!?

にも関わらず、このRAVPower製アダプターは65W、Apple純正は18Wアダプターです。その出力差は3倍以上です!

USB-CとUSB-Aの2ポート使用しながらも、高出力65Wって本当にすごい。ギュッと詰め込まれていますね。

 

MacBook Proの充電も可能

MacBook Proの充電にも使ってみましたが、問題無く充電できました。

僕が使っているのはMacBook Pro 2019なので、Apple標準付属のアダプターは87W。

今回レビューしているRAVPower製アダプターは65Wなので、数値的にはちょっと劣りますが、体感的には充電回復が遅いといった感じはしません。

あの87Wアダプターはちょっと重たいしデカすぎるので・・・これからの外出や旅行時には「RAVPower 65Wアダプターを携行」の一択になりそうです。

ちなみに、出力計測まではしていませんが、UBS-CとUSB-Aポートを同時使用すると最大65Wの範囲内で各機器に最適な充電を行う仕様。

USB-CでMacBook Pro、USB-Aでタブレットなら、例えば45W+18W、という具合です(機器仕様で変化)。

この場合だと、MacBook Proは45W充電になるので、ちょっともの足りない出力にはなりそうなので注意が必要です。

 

ハイスペックなアダプターにデメリットはあるのか!?

今回製品を使ってみて、褒めてばかりというのもアレなので、敢えてうーんと思ってしまうようなデメリット的意見を考えてみました。

結論から言うと、大きなデメリットはないです笑

デザイン面でいうなら、アダプター正面の裏側にちょっとだけ気に入らないポイントが・・・。

これです。めっちゃ「65」ってアピールしています笑。

個人的には、この製品デザインはちょっとうーんと思ってしまう所ですが、まぁ全然致命傷でも何でもないので、放っておいてください。

あと、敷いて言うなら価格面ですかね。製品本体で4,000円強するので、USB充電アダプターとしてはそれなりにコストがかかることは事実です。

しかし、使ってみると分かりますが、それ以上の充電パフォーマンスを惜しみなく披露してくれるので、全く気にならないかと。

まさにコストパフォーマンス良し!!=コスパ良しってやつです。

 

RAVPower 61W USB-Cアダプターとの比較。ほぼ同じサイズ感ながらスペックは増

以前、『「高出力でサイズは最小級。携帯性抜群なアダプター「RAVPOWER GaN採用61W USB-C 急速充電器」レビュー』という記事で紹介した同じRAVPowerブランドの61W USB-C×1ポートのアダプターと比較してみました。

左:65W 2ポート  右:61W 1ポート

今回の2ポートアダプターが左側、1ポートアダプターが右側です。

見た目こそわずかな違いはあるものの、ほぼ同じサイズ感という評価です。

製品購入時の価格差(約1,000円ほど)は若干あるものの、65Wの方が高出力かつUSB-Aポートも含む2ポート搭載と良いとこ取りなスペック。

両者の購入で迷うなら2ポート搭載の65Wアダプターを選択した方が断然良いと思います!

[kanren id=”16198″ target=”_blank”]

 

モバイル生活の名脇役。外出時にも大活躍な必携アダプター

UBS-CとUSB-Aポートが同時搭載しているアダプターって、ありそうでなかなか出会えないんですよね。

しかも、今回の様なGaN採用でコンパクトなアダプターもあまり市場には展開されていません。

よって、RAVPower 65W USB-C/Aアダプターはかなり貴重な存在です。

 

外出先でノマド作業する時や、旅行時にも携行できる機動性に加え、高出力なポートはモバイル生活で大活躍してくれること間違いなし!

MacBookやiPhone・iPadのみならず、ニンテンドースイッチやスマートフォンなど、UBS-CとUSB-A充電アイテムを持っているなら、ぜひとも持っておきたいベストアダプターです!!

2日間限定で1000円OFFの割引クーポン有り

今回、RAVPower社より本ブログの読者の方限定で1,000円オフになるクーポンをもらいました。

Amazonでの会計時にクーポンコード「PC133FTL」を入力してください!

こちらは5月18日18時〜5月20日23時59分までの約2日間限定となっていますので、お早めにどうぞ!!

FatherLog中の人:NINO(ニノ)

Mac、iPhoneを始めとしたApple製品をこよなく愛する30代。大のディズニー好きでブログではディズニー成分が濃くなることも。2児の父親。

詳しいプロフィールはこちら