Safari不具合を修正した「iOS9.3.1」リリース!アップデートしても大丈夫!?

どうも、NINO(@fatherlog)です。

ブルーライトを低減するNight Shiftなど新機能を搭載した「iOS9.3」ですが、リリース後に「アクティベーションの際に一部文鎮化してしまう問題」や「Safari検索やAppでのリンクをタップするとフリーズする問題」など不具合が多発していました。

そして本日、それら不具合を修正した新たな「iOS9.3.1」がリリース!

[kanren target=”_blank” id=”4926″]

SafariやAppでのリンク不具合を修正

iOS9.3.1では旧iOS9.3で多発していたSafari検索した際のリンクやApp、メールに記載されているリンクをタップするとフリーズする問題を修正。

アップデート内容は以下のとおり。

Safariやその他のAppでリンクをタップした後にAppが応答しなくなる問題が修正されます。

至ってシンプルな修正内容ですが、iPhoneやiPadなどiOS端末でリンクをタップするだけでフリーズするという致命的な問題はこれで解決された形となります。

 

iOS9.3.1へアップデートしても大丈夫!?

あれだけの不具合を起こしたiOS9.3ですから修正版のiOS9.3.1とは言えども「アップデートして大丈夫!?」という懸念も出てきます。

Twitterでの報告はこんな感じ。

みなさん、不具合に出くわしてしまった人も正常に使えるようになっているみたいです。

 

iOS9.3.1へアップデートしてみた

iOS9.3.1へアップデートする方法ですが、ホーム画面>設定>一般>ソフトウェアアップデートと進み「ダウンロードとインストール」をタップします。

通信環境にもよりますが、ぼくの場合、iOS9.3からのアップデートで10分ほどで完了しました。

iOS9.3.1へアップデート後、特に不具合は起きていません!

 

心配な方はもうすこし様子見でいいかと思いますが、iOS9.3.1でとりあえず事態は沈静化!

今回はiOS9.3.1へアップデートしても大丈夫だと思います!特にiOS9.3の不具合が生じていた人は一刻も早くアップデートすることをオススメします!

[kanren target=”_blank” id=”4926″] [kanren target=”_blank” id=”4818″]

FatherLog中の人:NINO(ニノ)

Mac、iPhoneを始めとしたApple製品をこよなく愛する30代。大のディズニー好きでブログではディズニー成分が濃くなることも。2児の父親。

詳しいプロフィールはこちら